男性に財布をプレゼントするときに絶対に気を付けたい5つのポイント

男性に財布をプレゼントするときに絶対に気を付けたい5つのポイント

彼氏への誕生日、記念日のプレゼント、お礼のギフト…
現代社会を生きる女性にとって、男性に何かをプレゼントする機会は少なくないでしょう。

男性へのプレゼントとして定番の一つと言えるのが”財布”です。
肌身離さず持ち毎日使用するものであり、ファッションアイテムとしても重要な存在ですね。

最近はビジネス用・プライベート用、普段使い用・旅行用、小銭入れ・マネークリップなど、シーンによって使い分ける男性も増えています。そもそもが消耗品なので、既に持っていてもプレゼントでもらったら喜ばれるアイテムと言えます。

ただ、せっかくプレゼントをしても「要らないな…」と思われるのは嫌なものです。
そこで今回は、財布をプレゼントするときに相手になるべく確実に喜んでもらうために、気を付けておきたいポイントを男性目線で書いてみます。
 

1、安物の素材を使っている財布はNG

安物の素材を使っている財布はNG
ファッションアイテムの中で最も、”素材”が重要視されるのが財布です。大人の男性にナイロンなどの化学素材の財布をプレゼントしても、喜ぶ男性はほとんどいないでしょう。(中にはいるかもしれませんが)

特に大人の男性は「どんな小物を使っているか?」周りに見られる機会も多いため、安物の素材を使用した財布はNG。男性の財布はとにかく”革”素材がおすすめです。それも、合成ではなく天然皮革がベスト。

良い素材を使っている財布はそれなりに値が張りますが、ここは最低限クリアしておきたいポイントと言えます。
良質な革を使用している財布は、(あくまで目安ですが)長財布なら3万円以上の価格のものになります。
 

2、財布の”つくり”がしっかりしているかどうか

財布の”つくり”がしっかりしているかどうか
実は革財布というのは、シンプルなつくりに見えて精巧な技術が要求される商品です。
同じ素材でも、革の処理や縫い目のひとつひとつで、耐久性や色味がかなり変わってきてしまいます。

中国等の工場で大量生産されたものと職人が縫製したものを比較すると、耐久性はもちろんのこと、革本来の美しさや財布が持つ”雰囲気”のようなものまで、まるで異なります。それは財布に詳しくない人でもなんとなく伝わるので、なるべくケチらないことをおすすめします。

職人が手作業で作った財布は当然のことながらコストが大きくなり、その分値段が高くなります。
ただ一つ難しいのは、「値段が高い=品質が良い」とは限らないということ。「高級ブランドのもので素材もデザインも良いが、工場生産でつくりが粗い」ということはざらにあります。
 

3、どんな形状の財布を贈るべきかを考える

どんな形状の財布を贈るべきかを考える
財布にも、長財布・二つ折り財布・札入れ・小銭入れなどさまざまな形状があります。

財布をプレゼントする男性がどの形状を求めているか、簡単に見極める方法が一つあります。
「その男性の普段の財布の持ち方」と「買い替えてもよさそうかどうか?」に注目することです。

あくまで目安のパターンですが、

  • ズボンのポケットに入れる → 二つ折り財布
  • スーツの内ポケットに入れる → 薄めの長財布
  • 鞄に入れる → 長財布/札入れ+小銭入れ

相手が富裕層の場合や、今の財布をかなり気に入っていそうな場合は、札入れや小銭入れをプレゼントするのがおすすめです。札入れや小銭入れは「旅行用に使う/経費用の札入れにする」等、サブとしての用途があります。
 

4、プレゼントを贈る男性が、ブランド志向かどうか

プレゼントを贈る男性が、ブランド志向かどうか
「小物と言えば高級ブランド」というイメージは誰にでもありますが、そこが落とし穴になることもあります。

有名ブランドの商品であれば喜ぶ人もいますが、同じようにそれを嫌がる人もいます。女性よりも男性に多い傾向で、理由としては「イヤラしい・みんなが使っているから・値踏みされるから」というのが多いです。

そういう男性の場合はむしろ「無名だけど職人が人生を賭けて磨いた技術で作られた」等、実際の品質や作り手の背景、製品化されるまでの過程等にロマンを感じるようです。

それから、人によって”アリ”なブランドと”ナシ”なブランドもかなり異なります。
「ヴィトンの財布はいいけどフェラガモは嫌だ。フェラガモは靴ならOK」等、趣味嗜好は千差万別です。

プレゼントを贈る男性が高級ブランド志向かどうか、さらにどんな嗜好を持っているか?を見極めることが大切です。分からない場合は、「有名ブランドではないけど本当に質にこだわっている財布」が喜ばれるでしょう。
 

5、ギフト包装等、プレゼントとしての”こだわり”が伝わるか

ギフト包装等、プレゼントとしての”こだわり”が伝わるか
財布に限ったことではありませんが、ギフト包装等のこだわりも気を付けたいポイントです。
なぜなら、プレゼントをしたときに相手が感じる最初のインパクトは「商品ではなく包装」だからです。

プレゼントというのは、相手を敬う気持ちや感謝の気持ち、愛情などが伝わって初めて「プレゼント」として成功するものです。渡し手の感情を担うのは商品そのものだけではなく、むしろ包装の丁寧さやこだわりから”驚き”と共に相手に伝わります。

当然ですが、「ギフトアイテム」としてのこだわりを持ってくれているかどうかも重要なポイントと言えます。



記事が参考になったらシェアしよう!

大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「cocomeister」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事