メンズ向け 革製の小銭入れ/コインケース おすすめブランドと上手な選び方!

財布の種類によっては、薄さを追求するために小銭入れを設けていないものや、クレジットカード精算する人に向けて、小銭入れ(コインケース)を備えていないものがあります。

ここでは、ちょっとした買い物や、紙幣などとは別に小銭を持ち歩きたい男性の人に向けて、小銭入れを選ぶ際のおすすめポイントや、魅力的な小銭入れ(コインケース)をご紹介いたします。

小銭入れ・コインケースを選ぶ際のポイントは?

ひと口に小銭入れ、コインケースと言っても、その種類は膨大です。

現在では、有名ブランドのほとんどで小銭入れ・コインケースの取り扱いがされており、デザインをはじめ、機能性などの特徴に大きな違いがあります。

「小銭入れ」と「多機能小銭入れ」

この種類を大別すると、小銭だけを入れることを目的とした「小銭入れ」の他に、小銭だけでは不安という人のために、お守りとしてお札やカード類を数枚入れることができる「多機能小銭入れ」という具合に分けることができます。

小銭入れが向いている人

コンビニや軽い買い物用として使用する場合には、軽量かつコンパクトさが魅力の「小銭入れ」がおすすめです。

小銭入れ専用と言われますが、どうしても不安である場合には、紙幣を小さく折り畳んで収納することもできるでしょう。

多機能小銭入れが向いている人

反対に、数枚のカード類とお札を小銭と持ち歩きたいという人には「多機能小銭入れ」がおすすめです。

多くの多機能小銭入れは、小銭入れの他、1~3枚分のカードポケットや、紙幣を入れるためのスペースも備えています。

以上のことから、

  • カード類を持ち運ぶ必要がない人は、通常の小銭入れを選ぶ
  • 近場での買い物を考慮している場合には、通常の小銭入れの方が使い勝手が良い
  • 数枚のカード類と紙幣を持ち運びたい人は、多機能小銭入れがおすすめ
  • 子どもに二つ折りや長財布を持たせるのが不安という場合には、多機能小銭入れが使いやすく、ちょうど良いサイズ感で安心することができる

小銭入れを選ぶ際には、このようなポイントから選ぶことで、より高い満足感を得られる小銭入れを購入することができるでしょう。

薄い財布が大ヒット!機能性の高い製品が多いアブラサスがおすすめ!

小銭入れの中でも「abrAsus(アブラサス)」から販売されている小銭入れが人気を集めているのをご存知でしょうか?

アブラサスを一躍有名にした「薄い財布」はグッドデザイン賞を受賞しており、多機能でコンパクトという点が特徴的です。

ここでは、薄い財布をはじめとした、アブラサスから販売されている3種類の多機能小銭入れをご紹介いたします。

薄い財布

薄い財布 abrAsus メンズ

出典:superclassic.jp/

アブラサスの名前を一躍有名にした財布になります。厳密に言うと、薄い財布は小銭入れではありません。しかし、そのコンパクトさと多機能性は、小銭入れとも言えるものですが、実際には折り畳み財布と考えられるでしょう。

薄い財布の魅力は、何と言ってもコンパクトさになるでしょう。

薄い財布は、カード類3枚程度、小銭15枚(500円×1枚:100円×4枚:50円×1枚:10円×4枚:5円×1枚:1円×4枚=15枚)紙幣1~4枚程度収納しても、厚さは約13mmです。さらに、折り畳むことができるため、手のひらサイズになります。

この他、自宅の鍵や自転車の鍵を収納することができる隠しポケットも付いているため、薄い財布と携帯だけを持って外出することもできます。

コンパクトで多機能な小銭入れが欲しいと考えた場合、アブラサスの薄い財布は非常に期待することができるでしょう。

小さい財布

小さい財布 abrAsus メンズ

出典:superclassic.jp/

薄い財布は薄さと機能性がウリでしたが、小さい財布は薄い財布よりも少し厚みがある小銭入れで、そのサイズは、約カード1枚分とコンパクトです。また、小さい財布も折り畳み式を採用しています。

薄い財布よりも厚みがある分、カード類は5枚分収納することが可能で、その他に紙幣を収納するスペースが付属しています。

小銭入れは袋状になっており、財布を開くとそのまま小銭を取り出せるような仕組みになっている点が特徴です。財布を折り畳んで蓋をすることで、小銭を落とす心配はありません。

スムーズに小銭を取り出したい人や、カード類を多めに持ち歩きたい人は、薄い財布よりも小さい財布がおすすめです。

小さい小銭入れ

小さい小銭入れ

出典:superclassic.jp/

小さい小銭入れは、カード類を持ち運ぶことができませんが、マルチリングが付属しているため、持ち運びに便利な小銭入れです。

棒状の小銭入れになっており、薄い財布同様に、小銭15枚(500円×1枚:100円×4枚:50円×1枚:10円×4枚:5円×1枚:1円×4枚=15枚)を収納することが可能で、お札も八つ折りにすることで持ち運ぶことができます。

本体裏側のネジを外すことで、鍵を取り付けることも可能です。その他、マルチリングを使用して、バッグのファスナーに引っ掛けて紛失を防いだり、ベルトループに下げることで、利便性を高めたりすることができます。

いざという時に使いたい小銭入れを探している人や、近場への買い物に使いたいという人におすすめです。

abrAsus(アブラサス)の財布についてはこちらの記事でまとめています!

 

欲しい小銭入れを見つけやすい「藤巻百貨店」を利用する!

藤巻百貨店

出典:kume.jp/

欲しい小銭入れを見つけようと考えた場合、数あるブランドの中から選んでみたり、百貨店や複合商業施設を回ってみたりした、という経験を持っている人も多いのではないでしょうか?

お気に入りの小銭入れを見つけるには、さまざまなお店に足を運ばなくてはならないため、それだけで疲れてしまったという人も少なくないでしょう。

そんな人におすすめなお店が「藤巻百貨店」です。

藤巻百貨店は銀座や吉祥寺にお店を構えていますが、オンラインショップも展開している百貨店になります。

 
藤巻百貨店は国内で作られた「良いモノ」を取り揃えており、小銭入れをはじめとする財布の他、ファッションアイテムやインテリア用品、雑貨など、各ジャンルの「良いモノ」が集まっている点が魅力です。

ここでは、藤巻百貨店が取り扱っている小銭入れの中でも、ちょっとお洒落で、人気の高いものをご紹介いたします。

【m+】straccio

【m+】straccio リスシオ&ブッテーロ

出典:fujimaki-select.com

山羊革で作られた小銭入れになります。手に馴染む革の質感と、非常に薄く作られ、クシュと握ることができる柔らかさが特徴的です。

約15mmの厚さかつ、コンパクトな作りになっているため、持ち運びする際に困ることがありません。

収納力にも優れ、カードを3枚程度収納することができる他、お札も折らずに入れることができます。小銭15枚(500円×1枚:100円×4枚:50円×1枚:10円×4枚:5円×1枚:1円×4枚=15枚)を目安に収納することが可能です。

ラフな格好に合うデザイン性になっているため、ビジネスシーンよりもプライベートのちょっとしたお出掛け先で使用したいという人に向いています。

【LITSTA】Coin Wallet 2

【LITSTA】Coin Wallet 2

出典:fujimaki-select.com

たっぷりと収納することができる小銭入れになります。

財布の中には「500円・100円・50円・10円」を数枚ずつ入れることができるコインカウンターと「5円・1円」をたっぷり収納することができるフラップポケットが付いている点が特徴です。

コインカウンターには、500円が5枚程度、100円~10円が6~8枚程度収納することができ、5円と1円は十分な枚数収納することができます。また、カードポケットが二つ付いているため、2~4枚程度の収納ができるでしょう。

革の種類を「プエブロ」と「ドラーロ」という2種類から選ぶこともできるため、デザインの選択肢が増えます。

使いやすく、大容量の小銭入れを探していたという人におすすめです。

【ATELIER Hab(アトリエハブ)】折り畳み財布

【ATELIER Hab(アトリエハブ)】折り畳み財布

出典:fujimaki-select.com

がま口のように、大きく口を開くことができる小銭入れです。落ち着いた色から鮮やかな色まで、12種類のカラーバリエーションから選ぶことができ、革素材も2種類から選ぶことができます。

革の種類は「ブッテーロ」と「ミネルバ・ボックス」の2種類です。ブッテーロはハリやしっとりとした手触り特徴的で、エイジングも楽しむことができます。

また、ミネルバ・ボックスは柔らかさと滑らかさが特徴的で、表面のシボが生み出すミネルバ・ボックスならではの光沢感が魅力です。

機能性では、小銭をたっぷりと収納することができる他、紙幣を折り畳んで入れることができます。高い収納力と、小銭を取り出しやすさによって、使い勝手の良さを感じることができるでしょう。

お洒落と使い勝手で満足したいという人におすすめの小銭入れです。

ビジネスにはワンランク上の本革ブランド小銭入れがおすすめ!

ビジネスにはワンランク上のブランド小銭入れがおすすめ!

ビジネスシーンでの財布は、その人のステータスの一部として見られていることが多いため、ビジネスシーンにおいては、ワンランク上の小銭入れを選ぶようにすることをおすすめします。

普段使用している財布が本革であったり、スーツに似合うブランド物だったりしても、小銭入れが安っぽく、スーツとは合っていない印象を与えてしまうと、ちぐはぐでカッコ悪い印象になってしまうこともあります。

ビジネスシーンでは財布に「統一感」を持たせることで、ステータスアップすることもできるでしょう。

ここでは、ワンランク上のブランド小銭入れ(=本革ブランド)について、ご紹介いたします。

ココマイスター

ブランド特徴

数ある国産ブランドの中でも注目され、その人気から商品の供給が間に合わないという事態に陥っているブランドが「ココマイスター」です。

ココマイスターでは「欧州産の高級革」と「日本が誇る熟練の職人技」が組み合わせることで、高品質な革製品を数多く生み出しています。

代表的な革財布の他、ビジネスバッグや名刺入れ、トラベルケースなど、革製品は多岐に渡ります。それぞれのアイテムがこだわり抜かれたものであるため、ビジネスシーンで使用することで、周囲の人とは一線を画す輝きを放ってくれるでしょう。

また、バッグや革財布、名刺入れなどは「シリーズ化」している場合もあるため、同一ブランドで統一しやすいという点も魅力になります。

ココマイスターHP:cocomeister

小銭入れ:「ジョージブライドル ファスナー小銭入れ」

ココマイスター小銭入れ ジョージブライドル ファスナー小銭入れ

出典:cocomeister.jp

ブライドルレザーを素材とした小銭入れになります。

ラウンドファスナー式を採用しているため、開きやすく、取り出しやすい形状です。

コンパクトサイズですが、小銭入れとしての機能の他、紙幣を折り畳んで入れたり、カードを収納したりすることもできます

スーツに合わせやすい上質なデザイン性と利便性の高さや、お手入れをしっかりして使い込むことで、より美しい光沢を楽しむことができる経年変化が魅力です。

大人の余裕を感じさせる雰囲気を持つ小銭入れを求めている人や、スーツと合わせやすい小銭入れを求めている人におすすめのブランド小銭入れです。

公式 ココマイスターの小銭入れ一覧を見てみる

エッティンガー

出典:ettinger.jp

ブランド特徴

英国御三家の一つとして数えられ、1999年に日本に上陸して間もなく、日本市場でも確固たる地位を築いた名ブランドです。

経年変化を楽しめる革として名高い「ブライドルレザー」は高品質として知られ、その他にも、柔らかく、指通りの良い革質が特徴である「ブラック・カーフ」を素材としており、一流ブランドであると共に、使用感や美しさなどにこだわりを持っているブランドになります。

エッティンガーには、パスケースやキーケース、名刺入れなどの小物の取り扱いもあり、ビジネスシーンで使用することができるアクセサリーを統一することもできます。

エッティンガーHPettinger.jp

小銭入れ:「COIN PURSE #ST2034DJR」

COIN PURSE 商品コードST2034DJR

出典:ettinger.jp

シンプルな3つ折り小銭入れです。

外側をブラックで統一し、内側にはパープルを配色した、大人の雰囲気を感じさせる小銭入れになります。スーツと合わせやすく、ビジネスシーンでも一目アイテムになるでしょう。

小銭入れとしての機能はもちろん、外側と内側にカードポケットを設けているため、必要最低限のカードを持ち運びすることができます。また、エッティンガーのロゴがホックに刻印されており、さりげないお洒落を演出してくれます。

高品質・お洒落・使いやすいというポイントをしっかりと押さえ、ビジネスシーンでの活躍に期待することができるブランド小銭入れです。

公式 エッティンガーの財布一覧を見てみる

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)

出典:ganzo.ne.jp

ブランド特徴

ガンゾが素材としている革はいずれも高品質のもので、代表的なものでは「ホーウィン社」のシェルコードバンや「J&E セジュイック社」のブライドルレザーなどの有名タンナーの革が挙げられます。

ガンゾとしての歴史は短いものの、そのこだわり抜いた品質や、シンプルながら男らしさを感じるデザインは、多くの男性の憧れとなっているようです。

ガンゾHPganzo.ne.jp

小銭入れ:「SHELL CORDOVAN 2 (シェルコードバン2)BOX小銭入れ」

SHELL CORDOVAN 2 (シェルコードバン2)BOX小銭入れ

出典:ganzo.ne.jp

名門タンナー「ホーウィン社」のシェルコードバンを使用したBOXタイプの小銭入れになります。口が大きく開くため、小銭が出しやすく、入れやすい点が特徴です。

カードを入れるためのポケットが付いていないため、多機能小銭入れとは言えません。しかし、小銭入れの容量が大きいため、紙幣を折り畳んで入れておくことができるでしょう。

また、上質な素材を用いて作られているため、スーツとの相性も抜群です。

シェルコードバンならではの光沢感や肌触りを楽しむことができる他、スマートに小銭を取り出す姿は、魅力的な大人を演出することができるでしょう。

公式 ガンゾの小銭入れ一覧を見てみる

まとめ

いかがでしたか?

小銭入れを選ぶための基準として、

  • 求めている財布のタイプ(多機能かそうでないか)
  • 使うシーン

などによって大きく違いが出てくるものです。

この2点だけを考えるだけでも、自分に合った小銭入れを探しやすくなります。

どうしても悩んでしまうという人は、数多くの小銭入れを扱っている「藤巻百貨店」を見ることで、どういったタイプの小銭入れに魅力を感じるか分かるかもしれません。

記事が参考になったらシェアしよう!

大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「cocomeister」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.