札入れ(小銭入れなし)の長財布・二つ折りおすすめブランド15選!

札入れ(小銭入れなし)の長財布・二つ折りおすすめブランド15選!

現在、財布の主流は“ラウンドファスナー長財布”“小銭入れ付き二つ折り財布”だとされています。

このような財布は、別途小銭入れを持つ必要がなかったり、機能性に優れていたりと、多くのメリットがある反面、スーツをはじめとするスマートな服装では、どうしても厚みが気になってしまうものです。

そこで注目されているのが、スマートに持ち歩ける“札入れ”になります。札入れは“カードポケット”“紙幣入れ”だけを設けた財布になるため、小銭入れ付きの財布と比べるとほとんど厚みを感じません。

そんな気になる札入れですが、一般的な各種財布と同じく、メリットとデメリットはもちろん、向き不向きがあるものです。

そこでここでは、

  • 札入れのメリットとデメリット
  • 札入れが向いている人とは
  • 札入れ「薄い長財布タイプ」のおすすめブランド5選
  • 札入れ「二つ折りタイプ」のおすすめブランド5選
  • 札入れが「カッコイイブランドランキング」5選

以上の5つの項目についてご紹介していきます。

現在おすすめのブランドものの札入れを探している、もしくは札入れに興味があり、メリットとデメリットが気になっていたという方はぜひ参考にしてみてください!

 

札入れのメリットとデメリット

mattakaさん(@jam.fam.gal.g)がシェアした投稿

厚みが気にならず、スマートに使うことができる札入れですが、ラウンドファスナー長財布や小銭入れ二つ折り財布と同様に、メリットデメリットが存在しています。

メリットばかりに目が行ってしまうと、購入したことを後悔してしまったり、購入しても使用頻度が少なくなってしまったりしてしまうこともあるでしょう。

そのようなミスマッチを避けるためにも、これからご紹介する札入れのメリットとデメリットを参考にしてみてください。

札入れのメリットとは?

世界ではキャッシュレス化が進んでいますが、日本ではまだまだ現金払いが主流となっています。それに伴って、小銭を多く持ち歩いているという人も多く見られます。

そんな中、小銭を一緒に持ち歩けない札入れのメリットとは、一体どのようなものなのでしょうか。以下にメリットをまとめてみました。

  • 整理整頓しやすい
  • 紙幣とカード類のみを収納するため、厚みが気にならない
  • スーツの内ポケットに入れて、スマートに使える
  • カードポケットが見やすく、取り出しやすい

以上のように、札入れはスーツとの相性が良く、使いやすいというメリットを備えています。

キャッシュレスを導入していて、お会計はクレジットカードで済ませるという人や、小銭入れを別途で持ち歩くという人は、札入れのメリットはピッタリかもしれません。

札入れのデメリットとは?

前述では札入れのメリットをご紹介しましたが、デメリットもいくつかあります。購入後のミスマッチを防ぐためにも、メリットと併せて、デメリットも認識しておきましょう。

  • 小銭を使う場合は別途小銭入れが必要
  • キャッシュレス化していないと使いづらい
  • 札入れの取り扱いが少ない

以上のポイントが札入れのデメリットです。

日本のキャッシュレス化はまだまだ進んでいないこともあり、クレジットカードを使えないお店も少なくありません。そのため、どうしても現金払いが必要なケースもあります。

札入れのみを使う場合、現金は紙幣しかないため、お釣りである小銭を入れるスペースが確保できないという問題が発生します。これが、札入れの最大のデメリットと言えるでしょう。

別途で小銭入れを持つという選択もありますが、財布の二つ持ちは面倒という人も多いでしょう。

 
また、現金払いが主流という人が多いため、日本では札入れの取り扱い数が少ないという一面もあります。有名ブランドでも小銭入れ付き財布が多く、お気に入りの札入れを見つけにくいケースもあるようです。

札入れが向いている人と向いていない人は?

札入れが向いている人と向いていない人は?

出典:watch-monster.com

札入れはラウンドファスナー長財布や二つ折り財布のように、多くの人に向いている財布かと言うと、そうではありません。

札入れはメリットとデメリットが使い勝手に直結してくる内容が多いため、どうしても使う人を選ぶ財布になります。

それでは、どのような人が札入れに向いていて、どのような人が不向きなのでしょうか。こちらの2点をまとめてみました。

札入れが向いている人

まず、間違いなく札入れが向いている人は、前述しているメリットが1つでも当てはまる人で、デメリットが気にならないという人です。

また、札入れは“キャッシュレス化を検討している人”“スーツの内ポケットに入れて財布を使いたい人”に向いているでしょう。

キャッシュレス化を検討している場合は、気に入った札入れを購入することで踏ん切りがつき、キャッシュレスに切り替えやすいかもしれません。

まだまだ現金払いをしているという人の場合は、小銭入れを持ち歩けるかどうかがポイントになってきます。財布の二つ持ちが問題ないということであれば、札入れとの相性は良いでしょう。

札入れが向いていない人

札入れのデメリットが気になってしまうという人は、札入れには不向きだと考えた方が良いでしょう。

また、キャッシュレス化の予定がなかったり、支払いは現金払いにしているという人は、札入れを使用するメリットよりもデメリットの方が大きい場合があるため、購入する前にじっくり検討する必要があります。

どうしても判断がつかない場合は、一度小銭と紙幣を分けて、財布を二つ持ちにしてみると、どちらが自分に適しているか分かりやすいかもしれません。

札入れ 薄い長財布タイプのおすすめブランド5選

CYPRIS(キプリス)

日本
創業 1995年
価格 2万円~8万円
HP http://www.yuhaku.co.jp/
“コスパ最強”と言われることもある、知る人ぞ知るブランド。その高い技術力と品質の高さは、有名百貨店のバイヤーからも認められている。高品質でありながらリーズナブルな価格帯は、革マニアだけでなく一般の購入者からも支持され、口コミを中心に人気が集まりつつある。

CYPRIS 公式サイト

キプリスのおすすめ札入れ紹介

長財布(通しマチ束入)■オイルシェルコードバン&ベジタブルタンニン

出典:https://www.noi-japan.com

シンプルなワントーンでありながら、上品さを感じさせる長財布タイプの札入れです。

素材にオイルシェルコードバンを使用しており、コードバンならではの艶感としなやかさを楽しむことができます。

また、カードポケットは10枚分設けられている他、紙幣入れとフリーポケット、背面ポケットまで備えられているため、たっぷりと収納することができるでしょう。

キプリス 財布 公式サイト

BVLGARI(ブルガリ)

イタリア
創業 1884年
価格 4万円~8万円
HP http://jp.bulgari.com/
アクセサリーや香水が有名なブランドで、男女問わず人気がある。メンズ・レディース共に豊富なデザインの財布が揃っており、札入れも多く取り扱っている。メンズ財布は全体的にシンプルなものが多いが、その分スーツとの相性も良く、ワンポイントとして入れられているブランドロゴが品の良いアクセントとなって魅力的。

BVLGARI 公式サイト

ブルガリのおすすめ札入れ紹介

SERPENTI SCAGLIE MAN

出典:https://www.bulgari.com

シンプルな外見ですが、ツートンカラーとブランドロゴを取り入れた札入れです。

16枚分という大容量のカードポケットと、紙幣ポケット2スロット、フリーポケット4スロット備えています。収納力が高く、必要なカード類を余すことなく収納することが可能です。

フリーポケットが4スロットあるため、レシートなどを整理しやすい利点があります。

ブルガリ 財布 公式サイト

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)長財布

出典:www.ganzo.ne.jp

日本
創業 1917年
価格 3万円~10万円
HP http://www.ganzo.ne.jp/
最高品質の革素材と技術を追求する、日本発の革製品ブランド。取り扱っている財布は全体的に余計な飾り気がなく、シンプルなデザインが特徴となっている。しかし、そこに「革の魅力を引き立たせよう」という職人の革へのこだわりと愛を感じることができる。強いこだわりを求めている男性と相性が良い。

GANZO 公式サイト

ガンゾのおすすめ札入れ紹介

SHELL CORDOVAN 2 (シェルコードバン2)

出典:https://www.ganzo.ne.jp

ガンゾが取り扱っている財布の中でも、特に人気の高い“シェルコードバン”を使用した札入れです。

光沢感に優れ、パッと見ただけでいいモノという印象を受ける、独特の美しさが魅力。カードポケットは5枚分と物足りなさも感じますが、必要なものだけに絞るとちょうど良いスペースかもしれません。

シンプルで落ち着きのあるデザインになっているため、スーツとの相性も良く、経年変化を楽しみながら長く使い続けることができます。

ガンゾ 財布 公式サイト

FARO(ファーロ)

日本
創業 1965年
価格 2万円~22万円
HP www.farojapan.com
革を極限まで薄く削ぐ技術によって、革を“0.4mm”程度の極薄フォルムを実現させたブランド。見た目の薄さとは裏腹に、耐久性が高く、長く使い続けることができる点が魅力。財布は極薄フォルムが多いが、その中でも小銭入れを設けていない札入れは、特に薄さが際立つ。スーツとの相性は国産ブランドでトップクラスとも言われている。

FARO 公式サイト

ファーロのおすすめ札入れ紹介

SIRIO FIN-CALF

出典:www.farojapan.com

0.4mmの革を2枚張り合わせ、1mm以下という薄さを実現している札入れです。

折り畳んで横から見たときの薄さは圧巻で、カードや紙幣を入れた後でも厚みがほとんど変わらない点が魅力となっています。

非常にシンプルなデザインですが、スーツやジャケットスタイルに合わせやすく、スマートに扱える札入れになるでしょう。

FARO 財布 公式サイト

Valextra(ヴァレクストラ)

イタリア
創業 1937年
価格 6万円~16万円
HP https://www.valextra.jp
本物志向の人から高い評価を受けている、イタリア創業のブランド。イタリア最高峰のブランドとの呼び声も高く“イタリアのエルメス”と称賛されることもある。財布は“V字カット”されたポケットが印象的で、機能的にもデザイン的にも大きな役割を担っている。カラーバリエーションも豊富で、選びやすい点が魅力。

Valextra 公式サイト

ヴァレクストラのおすすめ札入れ紹介

ヴァーティカル 12カード

出典:https://www.valextra.jp

ブランドの象徴とも言えるV字カットが印象的な札入れです。

札入れならではの薄いフォルムで、スーツの内ポケットに収納しやすい特徴を持っています。また、V字カットが施されていることによって、収納しているカードが見やすく、スマートに使うことができる点も魅力です。

カラーバリエーションは15色となっているため、自分の好みや、使用するシーンに合わせて選ぶことができます。

ヴァレクストラ 財布 公式サイト

札入れ 二つ折りタイプのおすすめブランド5選

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

フランス
創業 1821年
価格 5万円~15万円
HP http://www.louisvuitton.jp/
“ブランド”と聞かれて真っ先に頭に浮かぶ人も多い、言わずと知れた世界的ブランド。日本ではモノグラムやダミエ等のデザインが有名で、女性が好むブランドという印象が強いが、メンズ向けのアイテムも豊富に取り揃えられている。札入れの取り扱いも多いため、好みのものを見つけやすい。

Louis Vuitton 公式サイト

ルイ・ヴィトンのおすすめ札入れ紹介

ポルトフォイユ・ブラザN62665

出典:https://jp.louisvuitton.com

カラー展開3色、素材は11種類から選ぶことができる二つ折り札入れです。

カードポケット5枚分、紙幣入れ2スロット、レシート入れ2ポケットという具合にポケットが設けられているため、しっかりと中身を分けて使うことができます。

ブランドとしての価値が高いため、特にネームバリューを重視したいという人におすすめです。

ルイ・ヴィトン 財布 公式サイト

GUCCI(グッチ)

イタリア
創業 1921年
価格 4万~14万円
HP https://www.gucci.com
世界的にも有名なブランドで、ルイ・ヴィトンやカルティエなどのハイブランドと比較されることも少なくない。ファッションアイテムを豊富に取り扱い、女性向けはもちろん、男性向けアイテムも豊富。女性の目を気にする男性も少なくないが、奇抜なデザインでなければ問題ないというケースがほとんどだ。男性向けの多くがシンプルなものになっているので、安心して使うことができる。

GUCCI 公式サイト

グッチのおすすめ札入れ紹介

グッチ シグネチャー レザー ウォレット

出典:https://www.gucci.com

柔らかな印象を与える“GGロゴ”が特徴的な、型押し二つ折り札入れです。

12枚分のカードポケットが設けられているため、カードを多く持ち歩きたいという人にピッタリの二つ折り札入れとなっています。

ロゴが型押しされているものの、全体的に落ち着きのあるシンプルなデザインになっているため、スーツやジャケットとの相性も良いでしょう。

グッチ 財布 公式サイト

Cartier(カルティエ)

Cartier(カルティエ)長財布

出典:cartier.com

フランス
創業 1847年
価格 4万円~13万円
HP http://www.cartier.jp/
結婚指輪や高級腕時計などで知られる、世界的に有名なジュエリーブランド。あまりメンズのイメージを持たないブランドだが、シックで品のある財布を多く扱っている。派手なものよりも落ち着いた色合いのものが多いため、フォーマルなシーンはもちろん、プライべートでジャケットを好む男性にも似合う。

Cartier 公式サイト

カルティエのおすすめ札入れ紹介

スモールレザーグッズ、 マスト ドゥ カルティエ 6クレジットカード ワレット

出典:http://www.cartier.jp

カルティエのロゴを刻印したシンプルなデザインかつ、メタルコーナーがオシャレのアクセントになっている二つ折り札入れです。

6枚分のカードポケットと2ポケットの紙幣入れという容量になっていますが、最低限必要なカード類を入れて持ち運ぶことができます。

シンプルなワントーン札入れではなく、大人でシックな印象を与えてくれるデザインを好む男性におすすめのタイプです。

カルティエ 財布 公式サイト

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)

イタリア
創業 1966年
価格 5万円~15万円
HP https://www.bottegaveneta.com
“イントレチャート”という革を編み込むような技法で作られたアイテムが有名なブランド。財布で使用される革は柔らかく、手に馴染む感覚があると高評価を得ている。札入れにおいても、イントレチャートがアクセントになっているので、シンプル過ぎず飽きが来ない。イントレチャートがほつれないように使うことで、長期間使うことができる。

Bottega Veneta 公式サイト

ボッテガ・ヴェネタのおすすめ札入れ紹介

ネロ メタル ブラッシュ カーフ 二つ折りウォレット

出典:https://www.bottegaveneta.com

高級感のある光沢とイントレチャートが印象的な二つ折り札入れです。

8枚分のカードポケットを備えているため、持ち歩くカードの選別に頭を悩ませることも少なくなるでしょう。紙幣ポケットは2つ設けられており、紙幣の大きさやレシートなどと分けて使うことができます。

オシャレな印象を与えたいという男性におすすめです。

ボッテガ・ヴェネタ 財布 公式サイト

ARMANI(アルマーニ)

イタリア
創業 1975年
価格 4万円~10万円
HP https://www.armani.com
全世界で知らない人はいないと言われるほど有名なブランド。ファーストラインの“ジョルジオ・アルマーニ”とセカンドラインの“エンポリオ・アルマーニ”で価格帯が大きく変わってくる。ジョルジオは30代以上の男性向けだが、エンポリオは20代以下の若年層に向いている。男らしいデザインが多く、気に入ったデザインを見つけやすい。

ARMANI 公式サイト

アルマーニのおすすめ札入れ紹介

ウォレット スムースレザー製

出典:https://www.armani.com

シンプルかつすっきりとしたデザインで、どのような服にも合わせやすい二つ折り札入れです。

カードポケットは十分な枚数入れることができますが、紙幣ポケットが1つとなっています。そのため、整理整頓を心掛ける必要があるでしょう。

常に整理整頓をして、スッキリ使うことを目的としている人におすすめです。

アルマーニ 財布 公式サイト

札入れがカッコイイブランドランキング5選

第5位:Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

イギリス
創業 1875年
価格 3万円~8万円
HP https://www.frame.jp
日本でも知名度が高いレザーブランドで“エッティンガー”“グレンロイヤル”と並ぶ英国御三家の一つ。スーツとの相性の良い財布を多く展開しており、どれも目立ちすぎずクセがない。経年変化を楽しみながら使い続けることができるのも特徴の一つ。シンプルで価格帯もブランド革財布としてはそれほど高くないので、プレゼントに選ばれることも多いブランド。

Whitehouse Cox 公式サイト

ホワイトハウスコックスのおすすめ札入れ紹介

S1799 LONG WALLET / INDIVIDUAL

出典:https://www.frame.jp

色合い、素材、デザイン、どれを取ってもスーツとの相性の良さを感じさせる、長財布タイプの札入れです。

6枚分のカードポケットと紙幣入れ1ポケットを設けている他、フリーポケットを2つ備えています。レシートと紙幣との区別に使ったり、カードポケットに入りきらないカード類を収納するスペースとして使うこともできるでしょう。

3色のカラーバリエーションから選ぶことができるため、好みのデザインを選びやすい点も魅力です。

ホワイトハウスコックス 財布 公式サイト

第4位:Berluti(ベルルッティ)

出典:www.berluti.com

フランス
創業 1895年
価格 8万~18万円
HP www.berluti.com/
複数の色を塗り重ね、芸術的なグラデーションを作る染色方法“パティーヌ”と、レザーをかすかに焼いて刻んでいる“カリグラフィ”が特徴的なフランスの老舗ブランド。創業当時は高級紳士靴メーカーとして知られ、ピカソをはじめとする偉人たちからも愛された。非常に高価だが、一流の革製品を求めている人から人気がある。

Berluti 公式サイト

ベルルッティのおすすめ札入れ紹介

TECK(テック)レザー ロングジップドウォレット

出典:https://www.berluti.com

ベルルッティが誇る“パティーヌ”“カリグラフィ”“ヴェネツィアレザー”のコンビネーションが美しい、二つ折りタイプの札入れです。

ヴェネツィアレザーはパティーヌとの相性が良いだけでなく、柔らかい手触りと高い耐久性が特徴のレザーとなっており、使い勝手にも一役買っています。

カードポケットは10枚分設けられているため、十分な容量と言えるでしょう。デザインにも凝りたいという男性におすすめです。

ベルルッティ 財布 公式サイト

第3位:YUHAKU(ユハク)

メンズ財布ブランド18 YUHAKU

出典:www.yuhaku.co.jp

日本
創業 2006年
価格 2万円~22万円
HP http://www.yuhaku.co.jp/
職人兼デザイナー、そしてアーティストでもある仲垣友博氏の革製品ブランド。一つの芸術品と言えるほどの美しさを持つグラデーションされた革製品は、その高い品質や独自の染色技術が国内外で高い評価を受けている。取り扱っている札入れは多くないが、どれもデザイン性が高く、スーツやジャケットとの相性の良さを感じる。

YUHAKU 公式サイト

ユハクのおすすめ札入れ紹介

コードヴァン 束入れ YAC112

出典:https://www.yuhaku.co.jp

外側の光沢感と内側の機能性の高さが特徴的な、長財布タイプの札入れです。

この札入れの素材にはアニリン染めのコードバンを使用しているため、使えば使うほど、透明感のある輝きを楽しむことができます。

11枚分のカードポケットと30枚程度の紙幣が入るポケットを設けている他、レシートやチケットなどを収納できる4つのポケットに、背面ポケットという具合に、機能性も充実しているのが特徴です。

デザインと機能性の両方にこだわりたいという男性におすすめの札入れになります。

ユハク 財布 公式サイト

第2位:ETTINGER(エッティンガー)

イギリス
創業 1934年
価格 3万円~7万円
HP http://ettinger.jp
英国御三家の一つとして知られ、品格の良い紳士が持つにふさわしい財布を展開しているブランド。イギリス王室が認めた洗練された色使いとデザインは、スーツやジャケットとの相性が抜群。スーツの内ポケットに収まる薄さを持っているため、内ポケットが膨れてしまう心配も必要ない。男の品格を高めてくれるブランド。

ETTINGER 公式サイト

エッティンガーのおすすめ札入れ紹介

COAT WALLET

出典:http://ettinger.jp

外装はブラック、内装はパープルというツートンカラーで仕上げられた、長財布タイプの札入れです。

カードや紙幣を入れてもそれほど厚みが増さない薄いフォルムが特徴で、内装のパープルカラーが大人の男という印象を与えてくれます。

小銭入れとの併用はもちろん、キャッシュレス会計をすることで、より男らしさを印象付けることができるかもしれません。

エッティンガー 財布 公式サイト

第1位:Cocomeister(ココマイスター)

Cocomeister(ココマイスター)長財布

出典:cocomeister.jp

日本
創業 2009年
価格 2万円~12万円
HP http://cocomeister.jp/
他では見ることのできない「日本伝統職人×欧州最高皮革」のコラボによって生み出される革製品が魅力的な、新興革製品ブランド。新進気鋭のブランドながら、品質の高さや革へのこだわりを感じる作りになっているため、爆発的な知名度を誇っている。飽きのこないシンプルでモダンなデザインに、革マニアも唸る圧倒的な高品質のレザーは、圧倒的な風格が漂っており、紳士にふさわしい。財布に限らず、革製品全てにおいて高評価が並んでいる。

Cocomeister 公式サイト

ココマイスターのおすすめ札入れ紹介

マットーネ サンクロセラ

出典:http://cocomeister.jp/

品のある光沢と温もりを感じる質感によって、紳士の風格を高めてくれる長財布タイプの札入れです。

6枚分のカードポケットに紙幣入れ2ポケット、フリーポケットと容量も十分。スーツに合わせやすく、スマートに持ち歩くことができるでしょう。

また、経年変化を楽しむことができるため、長く使えば使うほど愛着が増していく札入れです。

ココマイスター 財布 公式サイト

まとめ

いかがでしたか?

札入れは多くのブランドが扱っていますが、ブランドによっては2~4種類程度しか扱っていないという場合も少なくありません。そのため、お気に入りの札入れを見つけるには、いくつかのブランドを見て回る根気も必要になる可能性もあります。

また、購入後のミスマッチを避けるためにも、今回ご紹介している札入れのメリットやデメリットをはじめとした、札入れの特徴を参考にしてみてください。

記事が参考になったらシェアしよう!

     
大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「cocomeister」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.