父の日や誕生日プレゼントに最適!人気ブランド財布15選。[1万台から探せる]

父の日や誕生日プレゼントに最適!人気ブランド財布15選。[1万台から探せる]

父の日や父親の誕生日が近づくことで、ブランド財布を贈ろうと考えている人も多いのではないでしょうか。

基本的に、財布は日常で必要なアイテムです。また、贈り物として財布を選ぶ人が増えている要因として、財布がお洒落アイテムとしても人気である点が挙げられます。

しかし、財布の種類がたくさんあって、どの財布が良いか分からないという人や、自分の父親に喜んでもらえる財布の選び方が分からないという人も多いでしょう。

そこでここでは、

  • 自分の父親に喜んでもらうための財布の選び方とは?
  • 1万円~2万円台で探せるおすすめブランド財布は?
  • 3万円~5万円台で探せるおすすめブランド財布は?
  • 国産のおすすめ本革ブランド財布は?
  • オーダーメイドで作れるブランドは?

こちらについてご紹介します。

自分の父親に喜んでもらえる財布の選び方や、予算内で購入できるブランド財布を知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください!

自分の父親に喜んでもらうための財布の選び方とは?

自分の父親に喜んでもらうための財布の選び方には、いくつかのポイントがあります。

必ずしも自分の父親に当てはまるということはありませんが、それに近しいポイントを見つけて、ブランド財布を選ぶと良いでしょう。

  • 革小物を愛用しているか?
  • 使用するシーンは?
  • 父親の好きな色は?
  • 父親の長財布と二つ折り財布の好みは?

これらのポイントを押さえて財布選びをすることで、父親が喜んでくれる財布を見つけやすくなるでしょう。

それぞれの押さえるべきポイントについて、より詳しくご紹介します。

革小物を愛用しているか?

まず、ブランド財布を購入する前に絶対に押さえておきたいポイントは、“革小物を愛用しているか”です。

自分の父親が革小物を愛用しているか判断する方法は、キチンとお手入れをしていたり、長年愛用している革小物があったりなどで見分けられます。

出典:cocomeister.jp

もし、革小物を愛用している場合は、長期的に愛用できるブランド財布を選ぶことで、より喜んでもらうことができるでしょう。

反対に、革小物を愛用していない(お手入れが分からない)場合は、お手入れが必要なブランド財布は敬遠されてしまうかもしれません。

プレゼントをキッカケに革小物にハマる人も少なくありませんが、やはりその人の性格次第という面が強いので、注意が必要です。

使用するシーンは?

自分の父親が使用するシーンに合わせたブランド財布を選ぶ必要があります。

例えば、普段から私服で仕事をしていたり、スーツで仕事していたり、シーンによって最適な財布は異なるものです。

出典:www.paulsmith.co.jp

スーツ姿の時間が多い父親に個性的なデザインの財布をプレゼントしてしまうと、毎日使うのは難しいでしょう。

そのようなことを避けるためにも、自分の父親がどのようなシーンで使うのかを考慮しておくことをおすすめします。

父親の好きな色は?

父親の好きな色を考慮することで、ブランド財布を贈ったときに喜んでくれる可能性が高まります。

もし、父親が好んでいる色が分からないという人は、“モノトーン系”の色を選ぶと良いでしょう。具体的には、ブラウンやブラックなどの色合いです。

モノトーン系の色を選ぶメリットとして、どのような服装にも合わせやすく、好みが合わないというケースが少ないなどの理由が挙げられます。

また、自分好みの色選びをしてしまうと失敗することもあるので、色選びという細かい部分まで“父親好み”にすると、喜んでもらえるでしょう。

父親の長財布と二つ折り財布の好みは?

財布には長財布や二つ折り財布、三つ折り財布など、さまざまなタイプがありますが、中でも長財布と二つ折り財布の好みは分かれます。

どちらの財布タイプを選べば良いか悩む人も多いと思いますが、父親が使っている財布タイプをプレゼントすることで、失敗する可能性がグッと減るでしょう。

また、長財布と二つ折り財布のメリット・デメリットを理解しておくことで、父親に最適な財布タイプを選ぶこともできます。

ブランド紹介の前に

ここからは、父の日や誕生日プレゼントにおすすめのブランド財布についてご紹介します。

ブランド選定の基準は、

  1. ビジネスマンの父親におすすめの財布を取り扱うブランド
  2. 高価でなくてもカッコ良くてお洒落な財布を取り扱うブランド
  3. 本格的な革財布で長く愛用してもらえる財布を取り扱うブランド
  4. 気持ちを形にすることができるオーダーメイドブランド

上記の通りです。

また、ここでご紹介するブランド財布が参考になる人は“ビジネスマンの父親に財布をプレゼントしたい人”や、“予算内でお洒落な財布を父親にプレゼントしたい人”になります。

父親に最適な財布をプレゼントしたいという人は、ぜひ、ブランド紹介を参考にしてみてください!

1万円~2万円台で探せるおすすめブランド財布は?

ここでは、1万円~2万円台で探せるおすすめのブランド財布についてご紹介します。

Paul Smith(ポール・スミス)

イギリス
創業 1970年
価格 1万円~3万円
HP http://www.paulsmith.co.jp/
ファッションデザイナー「ポール・スミス」氏の世界的に有名なブランド。一部女性の中では安いブランドというイメージが先行しているが、スーツやカジュアルジャケットは10万円前後と高め。ブランドのスローガンは“ひねりのあるクラシック”となっており、シックでスタイリッシュという印象を与えながらも、内装には色彩豊かなストライプ柄や花柄を施してある財布も多い。30代前後の男性が愛用することが多いが、シンプルなデザインも豊富であるため、父親世代の50代、60代の男性にも向いている。

ポール・スミス 公式ショップ

ポール・スミスのおすすめの財布は?

サプルベジタンレザー 2つ折り財布

出典:www.paulsmith.co.jp

価格:¥23,760

上品な光沢が特徴のソフトベジタブルタンニンレザーを使用した二つ折り財布です。隅に刻印されたポールスミスのロゴがアクセントになっています。

内装の札入れ部分には、ポールスミスの代表的なデザインである“マルチストライプ”をあしらっており、お洒落に使うことができるでしょう。

リーズナブルな価格でありながら本格的な経年変化を楽しめるので、革好きの父親へのプレゼントに向いているでしょう。

ポール・スミス 公式オンラインショップで見てみる

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)

日本
創業 1984年
価格 1万円~2万円
HP http://store.world.co.jp
デザイナーの菊池武夫が設立した、伝統的なUKスタイルが特徴のメンズファッションブランド。シンプルなデザインの財布が多く、派手さはない。その分、スーツはもちろん、カジュアルファッションとの相性が良く、使うシーンを選ばない点が人気となっている。百貨店やセレクトショップで取り扱われていることが多く、店頭でじっくり検討して購入できる点も魅力。財布の種類が多く、どれもリーズナブルな価格で販売されているため、父親にピッタリの財布を購入しやすい。

タケオキクチ おすすめショップ

タケオキクチのおすすめの財布は?

【WEB限定】ソフトレザー長財布

出典:store.world.co.jp

価格:¥14,000

シンプルでどのようなシーンでも使いやすい二つ折り長財布になります。

内装には10枚分のカードポケットやファスナー付き小銭入れ、札入れなどが設けられており、充実した収納スペースが魅力です。

財布に利便性を求めている父親との相性が良いでしょう。

タケオキクチ おすすめオンラインショップで見てみる

OROBIANCO(オロビアンコ)

出典:orobianco-jp.com

イタリア
創業 1996年
価格 1万円~3万円
HP http://www.orobianco.com/
バッグや腕時計、喫煙具など、財布以外にもさまざまなアイテムを取り扱っていることで有名なブランド。カジュアルからビジネス向けまで、幅広い用途で使えるアイテムが豊富に揃っている。財布の素材として使われるレザーの品質も低くないため、価格帯を考慮するとちょうど良い品質。コストパフォーマンスという言葉がピッタリ当てはまるブランドになる。ほとんどの財布は2万円台になるため、予算オーバーになることも少なく、父親にお洒落でカッコいい財布をプレゼントできる。

オロビアンコ 公式ショップ

オロビアンコのおすすめの財布は?

H&Lシリーズ 札入れ

出典:orobianco-jp.com

価格:¥25,920

必要最低限の機能を持つ、シャープなシルエットがお洒落な二つ折り財布です。

内装には3枚分のカードポケットをはじめ、札入れや小銭入れ、フリーポケットが設けられています。必要なものしか持ち歩かないという人と相性が良いでしょう。

また、スマートに使いやすい設計になるので、ビジネスシーンに使える財布を求めている父親におすすめです。

オロビアンコ 公式オンラインショップで見てみる

POTER(ポーター)

日本
創業 1962年
価格 1万円~3万円
HP https://www.yoshidakaban.com
日本の老舗鞄メーカーである“吉田カバン”が展開しているブランド。リーズナブルな価格帯と使いやすいシンプルなデザインが人気となっている。ポーターと言えばマジックテープの“バリバリ財布”というイメージもあるが、全てがそのような財布ではなく、一般的な革財布も多い。40代の男性が好むシンプルなデザインの財布も多いため、父親世代に向いているブランドと言える。

ポーター 公式ショップ

ポーターのおすすめの財布は?

PORTER / PORTER PLUME WALLET

出典:www.yoshidakaban.com

価格:¥25,000

ポーターが展開するシリーズの中でも、特に高度な縫製技術を用いたワンランク上の革小物を取り扱う“プリュムシリーズ”の長財布です。

10枚分のカードポケットと札入れ、ファスナー付き小銭入れなどを設けており、背面にフリーポケットを採用している点が特徴になります。

プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも積極的に使うことができる革財布です。そのため、プレゼントする父親がどのようなシーンで使うか分からないという場合におすすめです。

ポーター 公式オンラインショップで見てみる

3万円~5万円台で探せるおすすめブランド財布は?

ここでは、3万円~5万円台で探せるおすすめのブランド財布についてご紹介します。

CYPRIS(キプリス)

日本
創業 1995年年
価格 2万円~8万円
HP http://www.cypris.co.jp/
最も美しい革製品を目指す日本のブランド「キプリス」。百貨店バイヤーズ賞を9年連続1位を受賞するなど、日本の高い伝統技法を駆使した財布は各方面で評価されている。シリーズが豊富で価格にもかなりレンジがあるため、20代から40代まで幅広い人気を誇るブランド。優れた品質の財布を購入することができるので、父親へのプレゼントに最適なブランドと言える。

CYPRIS 正規販売サイト

キプリスのおすすめの財布は?

長財布(小銭入れ付きササマチ束入)■オイルシェルコードバン&シラサギレザー [4127]

出典:www.noi-japan.com

価格:¥38,880

使い込むほど味わいを楽しむことができる、オイルシェルコードバンとシラサギレザーを使用した長財布です。(最高級コードバンである“シェルコードバン”とは異なる点は注意が必要です。)

シンプルながら上品な外装と、機能性の高い内装の組み合わせにより、お洒落を楽しみつつ実用的に使うことができる点が魅力になります。

プライベートで使用することもできますが、スーツを着こなす機会の多いビジネスマンの父親へのプレゼントに向いてるでしょう。

キプリス 公式オンラインショップで見てみる

Ettinger(エッティンガー)

エッティンガー

出典:ettinger.jp

イギリス
創業 1934年
価格 2万円~4万円
HP http://ettinger.jp/
外側には丈夫なブライドルレザーを主に使用し、内側は黄色のパネルハイド(馬の背中部分のしなやかな革)を使用した財布が有名なブランド。同ブランドは“英国御三家”にも数えられ、英国王家御用達となる品質は、まさに折り紙付き。品格がありながら、リーズナブルな価格で購入できることから、20代男性が愛用することも多い。紳士を彷彿とさせるデザインから、スーツを着こなす父親との相性に優れている。

Ettinger 公式サイト

エッティンガーのおすすめの財布は?

LONG WALLET WITH ZIP

出典:ettinger.jp

価格:¥46,440

エッティンガーを代表するデザインの長財布になります。ブライドルレザーとパネルハイドイエローの組み合わせは、上品でお洒落な印象です。

数あるブランド財布の中でも薄さが魅力の財布でもあるため、スーツをはじめとするジャケットとの相性は抜群です。

ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもお洒落に使いこなせるため、ビジネスシーンで活躍している父親や、お洒落好きな父親に向いているでしょう。

エッティンガー 公式オンラインショップで見てみる

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

メンズ財布ブランド7 ホワイトハウスコックス

出典:glober.jp

イギリス
創業 1875年
価格 3万円~5万円
HP http://griffin.cx/whitehouse-cox/
馬具用品のメーカーとして19世紀に創業した、メンズの財布が主力商品の老舗企業ブランド。エッティンガー同様、“英国御三家”に数えられている。多くの財布は丈夫な“イングリッシュ・ブライドルレザー”を使用し、無地+内装にロゴというシンプルさは、20代~40代の幅広い層に受け入れられている。価格もお手頃なので、上質な革財布を手軽に手に入れたい人におすすめ。経年変化を楽しむことができる皮革を使用しているため、革小物を愛用している父親に向いているブランド。

Whitehouse Cox 公式サイト

ホワイトハウスコックスのおすすめの財布は?

S7532 COIN WALLET / BRIDLE 2TONE

出典:www.frame.jp

価格:¥36,720

英国御三家の筆頭とも言えるブランドであるホワイトハウスコックスが取り扱う、英国伝統のブライドル二つ折り財布です。

外装はシンプルな印象ですが、内装は鮮やかなレッドが採用されているため、インパクトのある雰囲気を楽しむことができます。

経年変化を楽しめる皮革を使用しているので、財布を長く愛用する父親や、カッコいい財布を使いこなせるお洒落な父親におすすめです。

ホワイトハウスコックス 公式オンラインショップで見てみる

Dunhill(ダンヒル)

20代メンズ財布ブランド ダンヒル

出典:dunhill.com

イギリス
創業 1880年
価格 2万円~6万円
HP http://www.dunhill.com/jp_jp/
シックに財布を持ちこなしたい20代後半~40代男性に人気のある、イギリスの老舗メンズファッションブランド。近年ではサッカー日本代表との公式提携も有名で、高級な紳士ファッションブランドというイメージもある。一流ブランドとして認識されているが、財布の価格は意外と手が届きやすい。デザインはシンプルなものが多いので、50代、60代の父親に向いている。

Dunhill 公式サイト

ダンヒルのおすすめの財布は?

カドガン ジップアラウンド コートウォレット

出典:www.dunhill.com

価格:¥56,160

シンプルで上品な雰囲気を楽しめる長財布です。内装には“スリットタイプのカードポケット”を採用しており、スタイリッシュな印象を受けます。

長財布として十分な収納力を持つ他、しっかりとした縫製やコバ処理など、大人の男性が持つにふさわしい品質が魅力です。

プライベートでも使いやすい上品な財布を父親にプレゼントしたいという人に向いています。

ダンヒル 公式オンラインショップで見てみる

国産のおすすめ本革ブランド財布は?

ここからは国産のおすすめ本革ブランド財布についてご紹介します。

価格帯は高価なものが多いですが、その分、満足度も高い財布になります。ぜひ、参考にしてみてください!

COCOMEISTER‎(ココマイスター)

ココマイスター

出典:cocomeister.jp

日本
創業 2009年
価格 3万円~56万円
HP http://cocomeister.jp/
欧州伝統の最高級皮革を、日本の熟練職人が魂を込めてで縫製している極上の革財布ブランド。そのクオリティの高さから本格派の紳士達からの支持も厚く、革マニアをも唸らせて急成長している。アンティークとモダンが融合したシンプルなデザインと圧倒的な高品質が特徴。また、持つ人を選ばず、贈り物としても抜群の財布が多い。
革本来の美しさを活かしたデザインは見事で、どのようなシーンで使用しても調和する。革小物を長年愛用していたり、お洒落を楽しんだりしている父親に向いているブランド。

COCOMEISTER‎ 公式サイト

ココマイスターのおすすめの財布は?

マルティーニ・アーバンパース

出典:cocomeister.jp

価格:¥32,000

コンパクトでシックな印象を受ける二つ折り財布になります。

圧倒的な存在感を持つデザインではありませんが、シンプルで品の良いデザインになるので、ビジネスシーンはもちろん、プライベートでも使いやすいでしょう。

さまざまなスタイルに合わせやすいデザインになるため、服装に悩むこともありません。

ココマイスター 公式オンラインショップで見てみる

シェルコードバン ジョンブル

出典:cocomeister.jp

価格:¥78,000

ココマイスターが展開するシリーズの中でも、特に人気の高いホーウィン社のシェルコードバンを使用した二つ折り財布です。

“極上”という言葉がピッタリなシックな雰囲気と光沢感が特徴。男性としての魅力を最大限に引き出してくれるため、お洒落を楽しみたい男性におすすめです。

あらゆるシーンで使いこなすことができるので、革財布を長年愛用したいという父親に向いているでしょう。

ココマイスター 公式オンラインショップで見てみる

YUHAKU(ユハク)

20代メンズ財布ブランド ユハク

出典:www.yuhaku.co.jp

日本
創業 2006年
価格 2万円~7万円
HP http://www.yuhaku.co.jp/
イタリアで修行した日本人デザイナー・仲垣友博氏が最近立ち上げた新鋭の革製品ブランド。画家でもある仲垣氏が絵画の技法をアレンジして編み出した独自の染色方法により、海外のバイヤーも高く評価する美しいグラデーション財布が特徴。デザインはシンプルだが、オリジナリティ溢れる財布を楽しめる。鮮やかで個性的な色合いも多いが、落ち着いたモノトーンカラーも少なくないため、お洒落好きな父親に向いているブランド。

YUHAKU 公式サイト

ユハクのおすすめの財布は?

YVP116 長財布

出典:yuhaku.online

価格:¥69,120

ユハクならではのグラデーションが施された、オリジナリティ溢れる長財布です。ワインやブルー、ダークブラウン、パープルの4色から選ぶことができます。

内装にはキズが目立ちにくく、上品な表情が特徴的な“サフィアーノレザー”を使用しているため、上品かつお洒落に使いこなせるでしょう。

ジャケットの内ポケットに入れることができるので、ビジネスシーンでもお洒落に財布を使いたいという父親におすすめです。

ユハク 公式オンラインショップで見てみる

GANZO(ガンゾ)

メンズ財布ブランド5 ガンゾ

出典:ganzo.ne.jp

日本
創業 1917年
価格 3万円~10万円
HP http://www.ganzo.ne.jp/
日本発、大正6年から続く革製品会社のメンズブランド。良質なレザーを使用していながら、価格は3万円台からとお手頃。財布ブランドとしては、30代男性からの支持も厚い。スーツの内ポケットに入るよう、重厚なブライドルレザーを薄く仕上げた「THIN BRIDLE」等、紳士向けの財布が多い。男らしい印象の財布が多いため、仕事に打ち込むような父親に向いている。

GANZO 公式サイト

ガンゾのおすすめの財布は?

SHELL CORDOVAN 2 (シェルコードバン2)ファスナー小銭入れ付き長財布

出典:www.ganzo.ne.jp

価格:¥100,440

ホーウィン社のシェルコードバンを使用した長財布になります。シンプルな機能性や丁寧なコバ処理など、ガンゾらしい品質の高さが魅力です。

外装・内装共にシンプルな作りですが、シェルコードバンならではの光沢感と、コバ処理した部分を赤く色付けることによって、上品でお洒落な印象を与えてくれます。

価格は非常に高価ですが、経年変化を楽しみながら長く財布を愛用したい父親や、ビジネスマンとして活躍している父親におすすめです。

ガンゾ 公式オンラインショップで見てみる

オーダーメイドで作れるブランドは?

ここでは、オーダーメイドで作れるブランドについてご紹介します。

各ブランドでオーダーメイドできる財布の特徴やブランドの詳細については、財布をオーダーメイドできる革ブランド8選!(メンズ・レディース別)を参考にしてみてください!

JOGGO(ジョッゴ)

出典:joggo.me

日本
創業 2013年
価格 6千円~2万円
HP https://simple-wallet.net/j/joggo
革財布をはじめとする革小物のセミオーダーメイドを行っているブランド。リーズナブルな価格かつ、価格に見合った品質の高さが魅力的で、人気の秘密となっている。型は決まっているが、13色の牛本革から好みの色を配色することが可能でオリジナリティ溢れる革小物を作りやすい。また、“名入れ”“メッセージカード”“ギフトラッピング”なども行えることから、プレゼントに最適なオーダーメイドブランドとして確立している。リーズナブルな価格帯でありながら、自分だけの形で気持ちを伝えることができるため、贈る側と貰う側の満足度が高い。

JOGGO 公式サイト

Ginkawaya(銀革屋)

日本
創業 —-
価格 約3万円~10万円
HP https://www.ginkawaya.com/product/388
メンズ・レディース向けのシルバーアクセサリーや革小物を取り扱っているブランド。現在は休止しているが、以前は一般向けに“銀革屋教室”を開いて革製品を作るという取り組みも行っていた。オーダーメイドは“型紙から作成するフルオーダーメイド”“既に型が決まっているセミオーダーメイド(カラーオーダー・カスタムオーダー)”に分かれている。価格帯はフルオーダーとセミオーダーにより異なるが、フルオーダーの場合、世界に一つだけの財布をプレゼントすることが可能。

銀革屋 公式サイト

WILD SWANS(ワイルドスワンズ)

日本
創業 1998年
価格 約8万円~20万円
HP https://www.wildswans.jp/
日本の職人である鴻野三兄弟によって1998年に設立されたブランドで、レザーマニアを満足させるアイテムを数多く製造する、知る人ぞ知る実力派ブランド。パターンオーダーメイドは、財布をはじめとする人気のあるほとんどの革製品を対象にしている。セミオーダーメイドする際は革素材だけでなく、カラーバリエーション豊かなステッチや、金具の選択も可能であるため、よりオリジナリティ溢れる革製品を作ることができる。男らしい財布を扱うブランドであるため、バイクを好んだり、お洒落を楽しんだりする父親に向いているブランド。

WILD SWANS 公式サイト

革芸人

日本
創業 2010年
価格 約8万円~15万円
HP https://www.kawageinin.co.jp/
上質なクロコダイルレザーを使った財布を“10万円以下”で購入することができる、国内屈指の実力派ブランド。リーズナブルな価格設定と革へのこだわりによって、幅広い層から人気を集めている。オーダーメイドは“フルオーダーメイド”を中心に受注しており、思い描いた革製品を一から製作してもらうことが可能。また、“セミオーダーメイド”も可能となっており、予算に合わせて選択することもできる。高級皮革を使用したオーダーメイドも可能になるため、特別な財布を父親にプレゼントしたい人に向いているブランド。

革芸人 公式サイト

まとめ

いかがでしたか?

いざ自分の父親へ財布をプレゼントしよう!と思っても、どのような財布が好みなのか分からないというケースも少なくありません。

財布の好みは結局のところ人それぞれではありますが、
敢えて当サイトがおすすめするのであれば…

ある程度ブランドネームがあって”コスパ的にもリーズナブルな財布”を贈りたい
→ TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)
→ OROBIANCO(オロビアンコ)
流行りに左右されることなく、”上質で長く愛用できる財布”を贈りたい
→ COCOMEISTER‎(ココマイスター)
→ CYPRIS(キプリス)
お洒落が好きなので、”デザイン性が人気の財布”を贈りたい
→ Ettinger(エッティンガー)
→ YUHAKU(ユハク)

という具合でしょうか。

もし財布選びをしている時に迷ってしまった場合は“主役は父親”ということを念頭に置いて選ぶことをおすすめします。

また、背伸びして高額の財布を贈るよりも、予算内で購入できる財布の方が喜ばれやすいでしょう。高額な財布を購入する時は、家族内で割り勘にして贈ってはいかがでしょうか。

大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「COCOMEISTER」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.