パスケースがお洒落なメンズの人気ブランド15選!プレゼントにも最適

パスケースがお洒落なメンズの人気ブランド15選!プレゼントにも最適

学生やビジネスマンの間で重要視しているアイテムと言えば“財布”“ベルト”が代表的ですが、公共交通機関を利用する人の場合、パスケースも挙げられるのではないでしょうか。

パスケースはリーズナブルな価格が魅力的なプラスチック製や、合皮製のパスケースを利用する人も少なくありません。

しかし、より紳士的でお洒落を楽しみたいという人には、革財布と同じブランドのパスケースや、経年変化を楽しめるパスケースの購入がおすすめです。

そこでここでは、

  • パスケースの種類は?
  • パスケースの上手な使い方とは?
  • お洒落で紳士的!ココマイスターのおすすめパスケース3選
  • おすすめのパスケースを取り扱う国産ブランド7選
  • おすすめのパスケースを取り扱うハイブランド5選
  • 1万円以下で買えるお洒落なパスケースを取り扱うブランド3選
  • 実用的でお洒落な薄い財布シリーズもおすすめ

こちらについてご紹介します。

パスケースについて詳しく知りたい人や、魅力的なパスケースを取り扱うおすすめのブランドを知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください!

パスケースの種類は?

出典:cocomeister.jp

パスケースを見たことがないという人は少ないと思いますが、ひと口にパスケースと言ってもさまざまな種類があることはご存知でしょうか?

パスケースの種類とは、以下の通りです。

  • スタンダードパスケース
  • 財布兼用パスケース
  • 小銭入れ付きパスケース
  • リール付きパスケース
  • ネックストラップ付パスケース
  • マネークリップ兼用パスケース

より細かく分けると上記の他にもいくつか種類がありますが、一般的に販売されているタイプは上記の通りになります。

当然ですが、それぞれメリットとデメリットがあるので、一概に「どれが一番優れたパスケースである」とは言えません。

ここからは、それぞれのパスケースの特徴を詳しくご紹介します。

スタンダードなパスケース

出典:www.yoshidakaban.com

もっともポピュラーなパスケースです。ICカードを入れるためのポケットに加えて、1~3枚分のカードポケットが設けられている点が特徴になります。

持ち歩ける枚数が限られるので、スーツのポケットに入れても目立たないメリットがある反面、他のタイプに比べて機能性が数段落ちるデメリットがあるでしょう。

財布兼用パスケース

出典:www.ilbisonte.jp

財布と兼用できるパスケースです。二つ折り財布にパスケースが付いているデザインが多く、利便性の高さが特徴になります。

財布とパスケースを別途で持ち歩く必要がなくスマートに使えますが、財布を忘れたり落としたりした時のデメリットは計り知れません。

小銭入れ付きパスケース

出典:www.paulsmith.co.jp

小銭入れが付属しているパスケースです。ブランドによっては、パスケースと小銭入れに加えてカードポケットが1~3枚分付属している場合もあります。

最大のメリットは、いざという時に活用できる小銭入れです。また、デメリットは小銭を入れすぎると分厚くなってしまう点になります。

リール付きパスケース

出典:orobianco-jp.com

リールストラップが付いているパスケースです。いわゆる“伸びるパスケース”とも言われます。

バッグやベルトフックなどに引っ掛けておくことで、スマートに使える点がメリットです。また、リール内部の破損の他、盗難被害に遭いやすいというデメリットがあります。

ネックストラップ付きパスケース

出典:japan.coach.com

スタンダードなパスケースにネックストラップが付いたタイプです。さまざまな使い方ができるので、利便性に優れているタイプになります。

大きなデメリットはなく、ネックストラップを外すことで通常のパスケースとして使える他、ネックストラップによって紛失しにくいというメリットが魅力です。

マネークリップ兼用パスケース

出典:www.gucci.com

財布兼用パスケースに類似していますが、よりコンパクトなタイプです。4~6枚程度設けられているカードポケットの一部をパスケースとして扱います。

財布兼用パスケースよりもコンパクトに持ち歩けるメリットがある一方で、他のカードと干渉してしまってスマートに使えない場合も少なくありません。

パスケースの選び方と注意点とは?

いざパスケースを選ぼうとした際、その選び方と注意点が気になるという人も多いのではないでしょうか?

選び方は個人差がありますが、以下のようなポイントを押さえて選ぶことをおすすめします。

  1. 使うシーンを考慮する
  2. 出し入れを面倒に感じるか否か
  3. 利便性の高さとコンパクトさどちらに魅力を感じるか

使うシーンに関しては、デザイン選びで重要なポイントになるでしょう。

また、出し入れが面倒に感じる人の場合、“リール”“ネックストラップ”が付属しているパスケースがおすすめです。

利便性の高さを求めた場合は“財布兼用パスケース”向き、コンパクトであれば“スタンダードパスケース”向きと言えます。

このように、どういう使い方をしたいか、あるいは、どのようなメリットを求めているかという点を考慮することで、理想のパスケースを選ぶことができるでしょう。

次に、注意点についてご紹介します。

名刺入れとパスケースの併用には注意が必要

社会人になったばかりの人が中心ですが、名刺入れとパスケースを併用している人や、これから併用を考えているという人もいるようです。

財布兼用パスケースというものはありますが、基本的に名刺入れとパスケースの併用は避けた方が良いでしょう。

名刺入れは初対面の人との挨拶で使用するアイテムになるので、そこで第一印象が決まってしまうことも少なくありません。

パスケースを名刺入れ代わりにしている、または名刺入れをパスケース代わりにしていると、“ビジネスマンとしてだらしない人”という印象が付いてしまうこともあります。

デザイン次第で併用することもできますが、パスケースと名刺入れは別途で使用するようにしましょう。

パスケースの上手な使い方とは?

一般的に、パスケースは定期や電子マネーなどのICカードを入れるためのアイテムとして使用されていますが、その他にも使い方があるのをご存知でしょうか?

ここでは、パスケースの上手な使い方についてご紹介します。

免許証や社員証入れとして使用する

普段は公共交通機関を利用しないが、お洒落なパスケースを持ちたいという人も少なくありません。その場合の使用方法としておすすめなのが“免許証入れ”“社員証入れ”として使うことです。

どちらも身分証明として使うものなので、パスケースに入れておくとスマートに使うことができます。

また、“保険証”“ポイントカード”などを入れておくことで、より便利な使い方ができるでしょう。

お守りとしてお金を入れておく

パスケースの中に紙幣を折り畳んで入れておくことで、万が一財布を忘れてしまった場合でも最低限一日過ごすことができます。

パスケースの中に千円札を入れておくという人は多いので、おすすめの使用方法です。

公共交通機関の時刻表を入れておく

公共交通機関を利用する人に最適な使用方法です。時刻表を入れておくことで、イレギュラーが発生した場合でもすぐに対処することができます。

よく利用する交通機関の時刻表をまとめておくことで、より利便性の高い使い方ができるでしょう。

おすすめブランド紹介の前に

ここからは、おすすめのパスケースを取り扱っているブランドについてご紹介します。

ブランド選定の基準は、

  1. ビジネスマンとの相性が良いパスケースを取り扱っているブランド
  2. 使い勝手が良く、お洒落でカッコいいパスケースを取り扱っているブランド
  3. 本格的な経年変化を楽しめるパスケースを取り扱っているブランド
  4. 知名度が高く、お洒落なパスケースを取り扱っている海外ハイブランド

上記の通りです。

また、ここでご紹介するブランド財布が参考になる人は“スーツに合わせやすいパスケースを探していた人”や、“本格的な経年変化を楽しめるパスケースを購入したいという人”が中心になります。

お洒落なパスケースに興味があるという人も、ぜひ、ブランド紹介を参考にしてみてください!

お洒落で紳士的!ココマイスターのおすすめパスケース3選

ここでは、お洒落で紳士的な革小物が人気のブランド“ココマイスター”でおすすめのパスケースを3つご紹介します。

COCOMEISTER(ココマイスター)

出典:cocomeister.jp

日本
創業 2009年
価格 1万円~4万円
HP http://cocomeister.jp/
熟練の職人の技術と最高級天然皮革を使用して生み出された、国内屈指の品質を誇る革製品が魅力のブランド。SNSをはじめとする口コミから人気が広がり、数ある国内ブランドの中でもトップクラスの人気を持つ。いずれのシリーズにもファンが付いており、総じて評価や満足度が高い。パスケースは5種類あり、ビジネスマンから根強い人気を誇る“ロンドンブライドルシリーズ”や“マルティーニシリーズ”からも展開されている。

ココマイスター 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

ココマイスターでおすすめのパスケースは?

クリスペルカーフ シャルルパース

出典:cocomeister.jp

価格:¥48,000

水シボが特徴的な“クリスペルカーフシリーズ”のパスケース付き二つ折り財布です。上品な雰囲気が魅力になります。

パスケースとしてだけではなく、財布としての機能まで持っているため、財布と統一することで利便性が高まるでしょう。小物をたくさん持ち歩きたくないという人におすすめです。

ココマイスター 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

ロンドンブライドル ハーミット

出典:cocomeister.jp

価格:¥23,000

ココマイスター屈指の人気を誇る“ロンドンブライドルシリーズ”のパスケースです。使い続けることで、上質な経年変化を楽しめる点が魅力になります。

背面にパスケースを設けており、表面はフリーポケットと小銭入れという仕様です。コンパクトに持ち歩ける他、機能的なパスケースになります。

ココマイスター 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

マルティーニ パスケース

出典:cocomeister.jp

価格:¥15,000

極上の経年変化が楽しめることで人気の“マルティーニシリーズ”のパスケースです。“マットーネシリーズ”と比較されることもありますが、こちらはより紳士的な雰囲気が魅力になります。

パスケースを開くことで、窓枠付きカードポケットと通常のカードポケットが2つずつ設けられており、必要なカード類をまとめておくことが可能です。

ココマイスター 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

おすすめのパスケースを取り扱う国産ブランド7選

ここでは、おすすめのパスケースを取り扱う国産ブランドを7つご紹介します。

GANZO(ガンゾ)

出典:ganzo.ne.jp

日本
創業 1917年
価格 1万円~10万円
HP http://www.ganzo.ne.jp/
日本発、大正6年から続く革製品会社のブランド。良質なレザーを使用していながら、価格は3万円台からとお手頃。紳士層の支持も厚い、THE・日本製という印象の革小物ブランド。スーツの内ポケットに入るよう、重厚なブライドルレザーを薄く仕上げた「THIN BRIDLE」をはじめ、ビジネスシーンに合う革小物が多い。パスケースは存在感のある上質なものが多く、使い手に合うように複数のデザインのパスケースを展開している点が魅力。

ガンゾ 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

CYPRIS(キプリス)

キプリス

出典:noi-japan.com

日本
創業 1995年
価格 4千円~3万円
HP http://www.cypris.co.jp/
革製品のジャパン・ハンドメイドブランド。革そのものの素材はもちろんのこと、機能性やライフスタイルに合わせたバランスの良いデザイン、そして何より職人の技術を活かした革小物が魅力。最上位ブランドの「CYPRIS COLLECTION」や機能に特化した「TYP」など、様々なブランドを展開している。パスケースも多く展開しており、幅広いデザインと、予算に合わせたパスケース選びが可能。

キプリス おすすめショップでパスケースを見てみる

YUHAKU(ユハク)

出典:www.yuhaku.co.jp

日本
創業 2006年
価格 1万円~2万円
HP http://www.yuhaku.co.jp/
職人兼デザイナー、そしてアーティストでもある仲垣友博氏の革製品ブランド。絵画のような美しいグラデーションを実現した独自の染色技術は国内外で高い評価を受け、高級百貨店にも並ぶなど知名度が拡大している。財布の絶妙な色合いの個体差や高級感を楽しみたい男性におすすめ。パスケースの種類はそれほど多くないが、美しいデザインや上質な雰囲気はそのままであるため、細部までお洒落を楽しみたいという男性との相性は抜群。

ユハク 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

万双

出典:www.mansaw.net

日本
創業 1995年
価格 4千円~1万円
HP http://www.mansaw.net/
革だけでなく金具の一つひとつまでこだわり、独自の縫製技術によって丈夫で良質な革製品を生産している国産メーカー。ファッションの流行り廃りに流されず、「革製品」としての価値を高め続けている。質実剛健なイメージから、大人の男性からの支持が厚い。財布だけでなく、ビジネス向けのカバンやベルトといった商品も多い。取り扱っているパスケースは少ないが、品質の良さが際立つシンプルなデザインが魅力。

万双 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

土屋鞄製造所

日本
創業 1965年
価格 4千円~1万円
HP https://www.tsuchiya-kaban.jp/
上質なランドセルの製造から始まり、その高い技術から鞄や財布等の革小物も製造している実力派の老舗ブランド。娘にランドセルを買ったら質が良くて、思わず自分用に財布を買ってしまう父親もよくいるとか。シンプルに素材の良さと丁寧な作り、洗練されたデザインで勝負している財布は、年代も趣向も選ばない“良いモノ”と言える。ビジネスシーンはもちろん、カジュアルにも使いやすいデザインのパスケースを取り扱っているので、幅広いニーズに応えてくれる点が魅力。

土屋鞄製造所 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

大峡製鞄(おおばせいほう)

日本
創業 1935年
価格 1万円~4万円
HP http://www.ohbacorp.com/
昭和10年に創業し、80年以上経った今でも伝統技術を継承・発展させている老舗鞄づくりメーカー。日本独自の手縫い技術が求められるランドセルを原点とし、高いクラフトマンシップを活かしてバッグや財布も手掛けている。丁寧・超一流素材・シンプルデザインという原則に表現されるように、飽きのこない良質な革製品が魅力。価格設定は高めだが、高品質なパスケースが揃っているため人気が高く、売り切れとなっているものも少なくない。

大峡製鞄 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

FARO(ファーロ)

日本
創業 1992年
価格 1万円~5万円
HP http://www.farojapan.com/
特徴的な薄い革素材と高い技術力が活きた財布、そして現代的なデザインに定評のある日本発のファッションブランド。バーニーズニューヨークやビームス等の大手セレクトショップでも取り扱いがあり、ファッショニスタへの認知度も高い。財布の値段はかなりピンキリで3万~10万円、クロコダイルの長財布だと20万円以上のものもある。カードケースと併用できるパスケースが多い印象だが、シンプルで薄さが魅力のパスケースも少なくないため、目的に合わせて選ぶことが可能。

ファーロ おすすめショップでパスケースを見てみる

おすすめのパスケースを取り扱う海外ブランド5選

ここでは、おすすめのパスケースを取り扱う海外ブランドを5つご紹介します。

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

フランス
創業 1854年
価格 2万円~11万円
HP http://www.louisvuitton.jp/
“ブランド”と聞かれて真っ先に頭に浮かぶ人も多い、言わずと知れた世界的ブランド。日本ではモノグラムやダミエ等のデザインが有名で、女性が好むブランドという印象が強いが、メンズ向けのアイテムも豊富に取り揃えられている。落ち着いた配色・デザインの財布シリーズであれば、大人の男性にもピッタリのブランド。パスケースを取り扱うハイプランドの中でも特にデザインが豊富で、好みに合わせたパスケース選びをすることができる。

ルイ・ヴィトン 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

COACH(コーチ)

出典:japan.coach.com

アメリカ
創業 1941年
価格 1万円~3万円
HP http://japan.coach.com/
女性向けブランドとして世界中で高い知名度を誇るブランド。女性向けのバッグや財布などのアイテムが注目されがちだが、実は男性向けのアイテムも充実している。クラシックなアメリカンスタイルとニューヨークらしい先進性を融合したデザインが人気。シンプルでシックなパスケースが多い印象で、シーンや年齢を問わず使いやすい。

コーチ 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)

イタリア
創業 1966年
価格 2万円~14万円
HP http://www.bottegaveneta.com/
ボッテガの財布と言えば、上品なイントレチャート(革の編みこみ)が有名。落ち着いていて飽きにくいデザインと機能美は、お洒落な大人のための財布ブランドと言える。ブランドの知名度が高く、男性が使用していても違和感のないデザインを多く取り扱っているため、女性ウケが非常に良い。また、元プロ野球選手の斉藤和巳、ナインティナイン矢部浩之、椎名桔平など、多数の男性芸能人が愛用しているブランドとしても知られている。カードケースや小銭入れと併用できるパスケースが多く、機能的なパスケースを探している人におすすめ。

ボッテガ・ヴェネタ 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

Ettinger(エッティンガー)

出典:ettinger.jp

イギリス
創業 1934年
価格 2万円~4万円
HP http://ettinger.jp/
外側には丈夫なブライドルレザーを主に使用し、内側は黄色のパネルハイド(馬の背中部分のしなやかな革)を使用した財布が有名なブランド。同ブランドは“英国御三家”にも数えられ、英国王家御用達となる品質は、まさに折り紙付き。品格がありながらリーズナブルな価格で購入できるため、20代男性が愛用することも多い。紳士的なデザインはそのままに、カードケースと併用できるパスケースや、ネックストラップ付きパスケースを展開している。

エッティンガー 公式オンラインショップで見パスケースを見てみる

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

出典:www.frame.jp

イギリス
創業 1875年
価格 1万円~2万円
HP http://griffin.cx/whitehouse-cox/
馬具用品のメーカーとして19世紀に創業した、メンズ財布が主力商品の老舗企業ブランド。エッティンガー同様、“英国御三家”に数えられている。多くの財布は丈夫な“イングリッシュ・ブライドルレザー”を使用し、無地+内装にロゴというシンプルさは、20代~40代の幅広い層に受け入れられている。通常のパスケースの他、小銭入れと兼用できるタイプも取り扱われている。経年変化を楽しめる点が魅力。

ホワイトハウスコックス おすすめショップでパスケースを見てみる

1万円以下で買えるお洒落なパスケースを取り扱うブランド3選

HERZ(ヘルツ)

出典:www.herz-bag.jp

日本
創業 1973年
価格 2千円~6千円
HP https://www.herz-bag.jp/
革の鞄づくりに魅了された一人の青年が始め、40年経っても愛されている純粋な革製品ブランド。新製品を作る時にも“使いやすく飽きのこない丈夫なもの”を徹底し、ハンドメイドの温かさが宿った商品を数多く生産している。素朴なまでのデザインはメンズ・レディースを選ばず、革という素材の良さを改めて感じさせてくれる。素朴でシンプルなデザインのパスケースを多数取り扱っており、経年変化も楽しむことができるため、低予算でお洒落を楽しみたい人におすすめ。

HERZ 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

OROBIANCO(オロビアンコ)

出典:orobianco-jp.com

イタリア
創業 1996年
価格 3千円~9千円
HP http://www.orobianco.com/
バッグや腕時計、喫煙具など、財布以外にもさまざまなアイテムを取り扱っていることで有名なブランド。カジュアルからビジネス向けまで、幅広い用途で使えるアイテムが豊富に揃っている。コストパフォーマンスという言葉がピッタリ当てはまるブランドになる。パスケースは通常タイプの他、リール付きやストラップ付きのものが多く、さまざまなシーンで使いやすい印象。

オロビアンコ 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

POTER(ポーター)

日本
創業 1962年
価格 4千円~1万円
HP https://www.yoshidakaban.com
日本の老舗鞄メーカーである“吉田カバン”が展開しているブランド。落ち着きのある革製品を多く取り扱っている他、ナイロン製の各種バッグを取り扱っている。リーズナブルな価格帯と使いやすいシンプルなデザインが人気。シンプルなパスケースを豊富に取り揃えており、落ち着いた紳士的なデザインが特徴。

ポーター 公式オンラインショップでパスケースを見てみる

実用的でお洒落な薄い財布シリーズもおすすめ

実用的でお洒落な薄い財布シリーズとは“abrAsus(アブラサス/スーパークラシック)”“m+(エムピウ)”などのブランドが販売している財布のことです。

出典:https://superclassic.jp

薄い財布は必要最低限の硬貨や紙幣、カードを入れるスペースのみを確保しており、よりコンパクトな設計が魅力になります。

パスケース機能だけで十分という人の場合は、薄い財布と同じく厚みがない“IDケース”“パスケース”がおすすめです。

SUPER CLASSIC 公式サイト

まとめ

いかがでしたか?

パスケースには種類が複数あるため、“どのようなパスケースを求めているのか”を考慮した上で購入することで、ミスマッチを避けることができます。

また、ブランドによって取り扱われているパスケースの種類や、デザインは大きく異なるので、自分のお洒落に最適なブランドを探してみてはいかがでしょうか。

記事が参考になったらシェアしよう!

     
大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「COCOMEISTER」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.