コードバン長財布と二つ折り財布なら日本製がおすすめ! 注目ブランド8選【2019年最新版】

コードバン長財布と二つ折り財布おすすめ12選!日本製ブランド別

コードバンは「キング・オブ・レザー」とも呼ばれる希少な革です。馬のお尻部分からできており、年々とれる数が減少しています。コードバンを使った財布は革財布の中でも高級なラインとして位置づけられ、世界中の革財布ファンのあこがれとなっています。

高級な革財布だからこそ、購入前にコードバン財布の特性を知り、ブランドごとのカラーを知りたい方も多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • コードバン財布の特徴や魅力
  • コードバン財布を持つ上での注意点
  • 日本製をおすすめしたい理由
  • コードバン財布 注目8ブランドのおすすめ財布14選
  • コードバン財布の相場

などの内容についての解説や、実際の財布のご紹介をしています。

現在コードバン財布の購入を検討されている方に、お役立ていただければ幸いです。

 

<記事の前半>

コードバン財布の特徴や魅力についての解説

コードバン財布の特徴や注意点、お手入れ方法、日本製をおすすめする理由、などについて解説しています。

<記事の後半>

コードバン財布 注目8ブランドのおすすめ財布14選をご紹介

コードバン財布を取り扱っている老舗財布ブランドと、そのブランドのおすすめ財布をご紹介しています。

 

先におすすめのコードバン財布を見たい方は下のリンクでジャンプできます。

コードバン財布の特徴や魅力

そもそもコードバンとは?

コードバンとは

出典:http://lekoza.com/Leather/

コードバンとは、馬のお尻の部分のコードバン層と呼ばれる部分を使用し、熟練した職人の手で磨き上げて作られた特別なレザーのことです。

希少な部位であることから、コードバンは『キング・オブ・レザー』とも呼ばれています。

コードバンを加工して製品として流通されるまで、1年間ほどかかるといわれています。

そのため、価格も少々高めの設定になっているのですが、コードバン製品の質の良さを知れば、納得がいきます。

先におすすめのコードバン財布を見たい方は下のリンクでジャンプできます。

コードバンの特徴

コードバン製のアイテムは、美しさと丈夫さを兼ね備えていることに定評があります。ここでは、コードバンの特徴についてご説明し、人気の要因に迫ります。

コードバン=(馬の皮)の主な特徴

  • 皮のキメが細かい
  • 毛穴がない
  • 表面がツルっとしていて凸凹がない

コードバンは他の皮とは違い主にこのような特徴があります。

元々きれいな原皮を、さらに1年近くかけて仕上げていくため、革の表面がとても美しくなります。

耐久性に優れた革

また、コードバンは摩擦や擦過に強いため、耐久性にも非常に優れています。

コードバンは牛革の2倍以上の強度を持ち、毎日のように使い込んだとしても、そう簡単に形状が崩れることがありません。長期間、きれいな状態を保つことができます。

コードバンで作られている代表的なアイテムは【ランドセル】【ベルト】です。コードバンならではの耐久性が活かせるラインナップといえます。

本物志向の革財布ファンに愛されるコードバン

コードバンの革製品は肌なじみのよさや、使い心地のよさからも人気があります。一度使うと愛着が湧く財布(革)として多くのレザーファンの男性に好まれています。

 

View this post on Instagram

 

朝から革小物をお手入れ。 気分一新、また明日から仕事頑張れそうです😊 そろそろ新しいものを物色したい気分🤩 #革 #革小物 #革製品 #革財布 #レザー #レザー小物 #レザーウォレット #ワイルドスワンズ #wildswans #ワイルドスワンズパーム #パーム #wildswanspalm #palm #コードバン #コードバン財布 #cordvan #ホワイトハウスコックス #whitehousecox #名刺入れ #IDケース #グレンロイヤル #GLENROYAL #グレンロイヤル財布 #財布 #革手帳 #ブライドルレザー #iphoneケース #iPhoneブライドルレザーケース #クリームエッセンシャル

takesumi_2230さん(@takesumi_2230)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

憧れのシェルコードバン 外側はもちろん,内側も全てコードバン😍✨ コードバンの量が少なく,少量生産のため 基本品切れ…再販されてもまた直ぐ品切れ… 希少なだけあって,値段もそこそこするけど 長く大切に使うということで良しとしよう😆👌 ・余計な装飾なく(手をかけず),素材を活かす ・見た目,機能,使い方など全てシンプルが1番 ・本当に良いモノはブランド関係なく選ばれる ・ホンモノは買った人を喜ばせる by 会社の尊敬すべき方👨‍💻 “ホンモノ”という定義は色々あるけど 個人的には,まさにコレがホンモノへの拘り🤤 #cocomeister #cordovan #shellcordovan #stanford #bordeauxwine #shellcordovanwallet #wallet #horween #財布 #ココマイスター #コードバン #シェルコードバン #スタンフォード

Koki Itoさん(@kokiit0)がシェアした投稿 –

希少性の高いコードバンを使った財布は、素材にみあったクオリティの高さを持つものが多くなります。そのため、基本的に牛革の財布よりは値段が高くなります。だからこそ「持っていても恥ずかしくない」、本物志向の人が好む革素材といえます。

やはりコードバンに対する評判としては、「価格は高いけど“良いもの”、“本物志向”の革」というのが多いようです。

コードバン財布を持つ上での注意点

完璧と思われがちなコードバンではありますが、いくつか知っておきたいデメリットもあります。ここでは、コードバン財布の3つのデメリットに加え、長く使うためのお手入れ方法についてもご紹介します。

経年変化が現れにくい

革といえば、年月を重ねるごとに味わうことの出来る色合いの変化(経年変化・エイジング)があります。

コードバンは耐久性が高いため、味わいの変化をすぐには感じにくいといわれています。

手に入りにくい

また、コードバンの希少さゆえ、ブランドによっては入手困難な場合があります。

気に入っているデザインを扱うショップには、事前に確認しておき、すぐに手に入るのか、入荷待ちはどれくらいかかるのかなどを小まめにチェックしておくことをおすすめします。

傷が付きやすく、耐水性も低い

コードバンの革は耐久性には非常に優れている反面、傷が付きやすいという特徴があります。コードバン財布を雑に扱っていると、思わぬ傷が付いていくかもしれません。

また、コードバンは、耐水性の低い革素材の中でも特に水に弱いといわれています。雨に当たると雨じみがついてしまうため、天候の悪い日は注意が必要です。

基本的に男性は、財布をカバンやポケットに入れて持ち運ぶことが多いので、雨に濡れる機会等は少ないでしょう。ただ、コードバンを購入する際には、傷の付きやすさや耐水性の低さも念頭に置いておきましょう。

コードバンのお手入れ方法

頑丈なコードバン素材でも、お手入れしなければ劣化がはやまります。長く使えるよう、日ごろからこまめにお手入れしておきましょう。

基本的に、コードバンのメンテナンスは乾拭きのみで構いません。柔らかい布で優しく拭いてあげましょう。強く拭くと、傷が付いてしまう可能性があります。

細かい部分のホコリを取りたいときは、革用のブラシの使用がおすすめです。毛足が柔らかいものを選びましょう。

コードバン財布を毎日使うのであれば、オイルやクリームは必要ありません。手から移る油分で、十分に保湿できるためです。ただ、長期間使わないと革が乾燥し、光沢がなくなってしまうかもしれません。その際はクリームやオイルを使用しましょう。クリームはつけすぎず、薄く塗り重ねていくのがおすすめです。

コードバンの特徴とお手入れ方法についてまとめています。
コードバン財布の特徴と手入れ方法&おすすめクリーナー

コードバン財布を買うなら日本製がおすすめ

コードバン財布を買うなら、日本製のブランドがおすすめです。ここでは、日本製をおすすめする理由を3点ご紹介します。

1、ものづくりに対する技術力の高さ

一番はやはり日本人特有のものづくりに対する技術の高さです。確かな革を選ぶ目や美しく機能的なデザインを行う技術など、日本の職人のクオリティには定評があります。

また、製品をつくる職人たちの根底には、良いものを長く愛用してもらいたいという想いがあります。ものに対する想いの深さが、高品質な財布をつくりあげているのかもしれません。

2、海外製よりも入手しやすい

コードバンの財布を作るには、熟練した職人の手が必要不可欠です。

もちろん海外にも熟練した職人はおり、輸入された海外製のコードバン財布は日本でも購入が可能です。

ただ、コードバンそのものが非常に希少価値が高い為、安定した供給ができていません。その点、入手しやすさは日本製に軍配が上がります。

3、日本製なら国内でメンテナンス可能

一つひとつが丁寧につくられているコードバンの財布。ただ、使用状態によってはプロによる修理やメンテナンスが必要な場面もでてきます。

もし海外ブランドのものを購入して修理の依頼を行う場合、時間がかかるほか、費用も高額になることがあります。

アフターサービスの面を考えても、国内で取扱っている革製品のブランドであれば安心できます。

日本製コードバン財布 注目8ブランドのおすすめ財布14選

数あるブランド財布の中より、コードバン財布 注目8ブランドのおすすめ財布14選をご紹介します。

Cocomeister(ココマイスター)

ココマイスター コードバン財布

日本
創業 2009年
価格 3万円~12万円
傾向 スーツ/大人カジュアル
HP http://cocomeister.jp/
欧州伝統の最高級皮革を、日本の熟練職人が魂を込めて縫製している極上のメンズ向け革製品ブランド。そのクオリティの高さから本格派の紳士達からの支持も厚く、数多の革マニアをも唸らせて急成長している。アンティークとモダンが融合したシンプルなデザインと圧倒的な高品質が特徴。持つ人を選ばず、贈り物としても抜群のアイテムが多い。
人気のため売り切れが多く、目当ての財布があったら急ぐ必要あり。在庫切れの場合は「販売お知らせメール」の登録がおすすめ(というか必須)。
コードバンを含め、使用されている革本来の美しさを活かしたデザインは見事で、「ホンモノの男性」を演出できるはず。

①コードバンクラシック キングフィッシャー ラウンド長財布

コードバンクラシック キングフィッシャー

コードバンクラシック キングフィッシャー

出典:cocomeister.jp/

Cocomeister(ココマイスター)から発売されている、コードバンを使用したラウンドタイプの財布です。

外側の革には、ロウ引きのコードバン、内側にはベルギー産・最高級「アマンデルレザー」が使われています。アマンデルレザーは手に馴染む優しい質感が特徴。

写真で見てわかるように、存在感のある上品な風合いと品格を十分に感じられるココマイスターでも人気のコードバン最新モデルの長財布です。

くわしく見る

②シェルコード バンスタンフォード長財布

シェルコード バンスタンフォード長財布

出典:cocomeister.jp/

Cocomeister(ココマイスター)の使用しているシェルコードバンは、最高品質として有名なホーウィン社のコードバン革を使用しており、その革で作られた財布の美しさや使い勝手の良さは別格で、常に品薄状態が続き、入荷しても一瞬で売り切れてしまう人気ぶりです。

シェルコードバンを使用した財布の中でも、より重厚感を楽しめるタイプを探している人におすすめです。

くわしく見る

③マイスターコードバン ラスティング 二つ折り財布

マイスターコードバン ラスティング 2つ折り財布

出典:cocomeister.jp/

シンプルかつオーソドックスなココマイスターらしいコードバンの2つ折り財布です。

国産最高級のコードバン革を使用しており、とくにこの財布はそのシルエットが美しく残されたデザインになっています。カラーは、黒鹿毛(大人のブラック)と鹿毛(ボルドーブラウン)の2種類が用意されています。

くわしく見る

④シェルコードバン ジョンブル 二つ折り財布

シェルコードバン ジョンブル 二つ折り財布

出典:cocomeister.jp/

コードバン革の最上級革シェルコードバンを使用した二つ折りタイプの財布です。

内装にももちろんコードバンを贅沢に使用しており、非常に高級感のある仕上がりになっています。シェルコードバン革をコンパクトに持ち歩きたい人におすすめです。

くわしく見る

ココマイスター コードバン財布一覧を見る

CYPRIS(キプリス)

キプリス コードバン財布

日本
創業 1995年
価格 2万円~5万円
傾向 スーツ/ややカジュアル
HP http://basic.cypris.co.jp/
革もこだわり、日本伝統の「菊寄せ」や「忍び縫い」「風琴マチ」といったまさに“職人技”と呼ぶべき縫製技術を採用し、仕上がりの美しさに強烈なアイデンティティを持っている革製品ブランド。国内問わず世界でも注目されている。
2万円台からと入手しやすい価格帯でありながら、例え低価格帯であっても70%のハンドメイド比率。そして高価格帯のコードバンでは、90%のハンドメイド比率を誇る。職人一人ひとりが手掛けた作品の数々は、まるで芸術品といっても過言ではない逸品ばかりが並ぶ。世界でも注目されるメイドインジャパンの財布をぜひ、その目で確かめてください。

⑤コードバン長財布 オイルシェルコードバン&リンピッドカーフ

キプリス コードバン財布

出典:noi-japan.com

大手百貨店でも人気の高いCYPRIS(キプリス)のコードバンは、細部にまで熟練した職人のこだわりが詰まっています。気品あふれるデザイン性なので、場所を問わずに使うことができるのも嬉しいですよね。

ワンランク上のコードバン財布をお探しの方におすすめしたいブランドの一つです。

くわしく見る

GANZO(ガンゾ)

ガンゾ コードバン財布

日本
創業 1917年
価格 3万円~10万円
傾向 スーツ/大人カジュアル
HP http://www.ganzo.ne.jp/
日本発、大正6年から続く革製品会社のメンズブランド。良質なレザーと飽きのこないシンプルなデザイン性を極めている。財布ブランドとしては、30代~40代男性からの支持が厚い。
スーツの内ポケットに入るよう、重厚なブライドルレザーを薄く仕上げた「THIN BRIDLE」等、紳士向けの財布が多いのも特徴。シンプルなデザインを好む本格派の男性におすすめ

⑥CORDOVAN (コードバン) 通しマチ長財布

CORDOVAN (コードバン) 通しマチ長財布

出典:ganzo.ne.jp

財布の中に紙幣とカードのみしか入れない人におすすめなのが、GANZO(ガンゾ)の長財布です。小銭入れがないところに、大人の余裕を感じることができますよね。

内側には、やわらかい牛皮を使用しているので、しっとりとした肌触りを感じることができますよ。

カラーバリエーションが豊富なので、ご自身の好きな色を選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

くわしく見る

⑦CORDOVAN (コードバン) 二つ折り財布

CORDOVAN (コードバン) 二つ折り財布

出典:ganzo.ne.jp

財布に必要な機能をコンパクトにまとめた二つ折り財布に。財布を開いた時にさりげなく見えるGANZO(ガンゾ)のロゴもおしゃれ。
サイズも手のひらに収まるほどの大きさなので、荷物がかさばる心配がありません。

くわしく見る

土屋鞄(つちやかばん)

土屋鞄(つちやかばん)

日本
創業 1965年
価格 2万円~5万円
傾向 大人カジュアル
HP http://www.tsuchiya-kaban.jp/
元々は小さなランドセル工房からスタートした日本の革製品メーカー。そしてランドセルに使用される革は主にコードバンが使われるため、コードバン革に関してのこだわりは常に徹底している。
長持ちできるシンプルで丈夫な製品づくり」を掲げているだけあり、子供にランドセルを買ったら質の高さに惹かれ、父親が自分用に財布やバッグを買ってしまった、というエピソードもよくある話。とにかく日本を代表する実力派の革財布ブランドと言えるだろう。

コードバン 長札入れ

出典:tsuchiya-kaban.jp

土屋鞄のコードバンは、表面を染め上げた後にワックスで仕上げているのが特徴です。コードバンの良さを最大限に引き出した加工技術は、ファンの間でも注目を集めています。

一枚革で仕立て上げられた土屋鞄のコードバンの長財布は、優雅な印象を与えてくれます。

くわしく見る

⑨コードバン 二折財布

コードバン 二折財布

出典:tsuchiya-kaban.jp

ベーシックで飽きの来ないデザインを探している方におすすめなのが、土屋鞄の二つ折りの財布です。財布としての機能もしっかりとしているので、コンパクトに収まります。

コードバンの肌目が細かいので、触り心地の良さはもちろん、美しさも最高級と言われています。ご夫婦やカップルがペアに揃えるのもおしゃれですよね。

くわしく見る

大峡製鞄(おおばせいほう)

大峡製鞄(おおばせいほう)コードバン財布

日本
創業 1935年
価格 2万円~5万円
傾向 ややカジュアル
HP http://www.ohbacorp.com/
昭和10年に創業し、80年以上経った今でも伝統技術を継承・発展させている老舗鞄づくりメーカー。日本独自の手縫い技術が求められるランドセルを原点とし、高いクラフトマンシップを活かしてバッグや財布も手掛けている。丁寧・超一流素材・シンプルデザインという原則に表現されるように、飽きのこない良質な革製品が揃っている。

⑩コードバン札入小銭付

コードバン札入小銭付

出典:ohbacorp.com

大峡製鞄(おおばせいほう)の二つ折り財布の魅力は、収納力の高さ。沢山のカードもコンパクトに収納することができます。

コートバンの中でもツヤ感が非常に強いデザインが特徴です。素材だけでなく、デザインにもこだわりたい方におすすめのブランドです。

くわしく見る

YUHAKU(ユハク)

yuhakuコードバン財布

日本
創業 2006年
価格 2万円~7万円
傾向 大人カジュアル
HP http://www.yuhaku.co.jp/
職人兼デザイナー、そしてアーティストでもある仲垣友博氏の革製品ブランド。絵画のような美しいグラデーションを実現した独自の染色技術は国内外で高い評価を受け、高級百貨店にも並ぶなど知名度が拡大している。財布の絶妙な色合いの個体差や高級感を楽しみたい男性におすすめ。

⑪コードバン束入れ [ラウンドファスナー]

コードヴァン束入れ [ラウンドファスナー]

出典:yuhaku.co.jp

シックで落ち着きのあるコードバンの財布を探している人におすすめしたいブランドは、YUHAKU(ユハク)です。全体的に落ち着きのあるデザインに仕上がっているのが特徴。

ファスナー部分にもこだわりが詰まっており、重厚感を感じさせるファスナーデザインを採用しています。細部にもこだわりがつまったブランドと言えるのではないでしょうか。

くわしく見る

⑫コードバン札入れ

コードヴァン札入れ

出典:yuhaku.co.jp

財布全体の色が統一されているのが特徴的な、YUHAKU(ユハク)二つ折り財布。二つ折りでありながら、収納力がしっかりしているのが嬉しいポイントです。

縫い目のステッチにゆがみが一切なく、高級感があります。ブランドロゴの刻印も入っており、おしゃれな仕上がりになっています。

くわしく見る

万双(まんそう)

万双(まんそう) コードバン財布

日本
創業 1995年
価格 2万円~8万円
傾向 ややカジュアル
HP http://www.mansaw.net/
革だけでなく金具の一つひとつまでこだわり、独自の縫製技術によって丈夫で良質な財布を生産している国産メーカー。ファッションの流行り廃りに流されず、「革製品」としての価値を高め続けている。質実剛健なイメージから、大人の男性からの支持が厚い。財布だけでなく、ビジネス向けのカバンやベルトといった商品も多い。

⑬コードバン 三つ折り財布

出典:www.mansaw.net

万双の三つ折り財布は“絶妙なサイズ感”“使い勝手の良さ”“耐久性の高さ”などにこだわり、試行錯誤を繰り返して作られています。

コードバン三つ折り財布は質感と耐久性に特徴で、コードバンならではの光沢も楽しめる点が魅力です。三つ折り財布にはブライドルレザーを使用したものもあるので、好みに合わせて選べるでしょう。

また、収納面では5枚分のカードポケットと深みのある札入れ、間口のあるコインケースが設けられています。無駄のないコンパクトでスマートな印象です。

二つ折り財布とは違う特徴や魅力を楽しみたいという人に向いています。

くわしく見る

FLYING HORSE(フライングホース)

フライングホースの財布は、「GLENCHECK(グレンチェック)」という通販サイトで購入可能。コードバン財布をお手頃価格で入手できる日本ブランド。フライングホースで使用している素材は、日本の「宮内産業」というタナリーから仕入れている。宮内産業はランドセルの国内シェア1位の会社で、日本の職人が手掛けるコードバンは、美しい光沢としなやかな耐久性を誇る。

⑭ナチュラルコードバンラウンドファスナー長財布

フライングホースのコードバン財布はいくつか種類がありますが、どれも丈夫で長く使えるのが魅力です。ただ、その多くは顔料で染められており、短期間でのエイジングを楽しむのには向いていません。

フライングホースの財布で経年変化を楽しみたいなら、染色していないナチュラルコードバン財布がおすすめです。ベージュ色の素材は、使い込むごとに深みのある色合いへ変化していくでしょう。

迷ったら、ココマイスターの財布がおすすめ

コードバンの財布を展開しているブランドはどこも品質が高く、どれにするか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

もし何にすればよいのか決まらない方には「cocomeister(ココマイスター)」のコードバン財布をおすすめします。ココマイスターの財布は多少高いものの、確かな品質とモノづくりへのこだわり、そして購入者の満足度など、総合的にみてもおすすめできるブランド財布です。ぜひチェックしてみてください。

コードバンの財布の相場は?

WILD SWANS コードバン財布

出典:heritager.com

ブランドによって異なりますが、コードバンの財布は安くても3万、高いと10万程度のものが多いようです。

コードバンの革自体を入手するには数カ月~1年以上も前から予約が必要なケースがあります。素材の単価も数千円はするため、職人が縫製して流通に乗せて…となると売値で数万円かかるのは当然といえるでしょう。

ただ、コードバンにも最高級~普通のものまで幅広くあります。グレードの低いコードバンであれば、安く購入できるでしょう。

コードバンの最上級革「シェルコードバン」の魅力

レザーの王様と呼ばれるコードバンの中でも、さらに希少なのが「シェルコードバン」です。シェルコードバンはアメリカのタナリー「ホーウィン社」が商標登録している皮革素材で、他社のコードバンとはいくつか違う点があります。

シェルコードバンは、ふんだんに使用されたオイルが特徴です。そのため、ほかのコードバンよりも手触りがしっとりとしています。最初は固さを感じるかもしれませんが、使ううちに手になじみ、光沢が増していきます。

シェルコードバンは貴重で、なかなか手に入りません。欲しいシェルコードバン財布があったらはやめに購入するのをおすすめします。

以下のページに、シェルコードバン財布を扱うブランドや、おすすめのメンズ財布をまとめました。こちらもぜひ参考にしてみてください。

まとめ

 

馬の尻からとれるコードバン素材は、数が少なく貴重です。中でも、ホーウィン社製のシェルコードバンは希少価値が高まっています。

コードバン財布は、ブランドごとにさまざまなカラーや形を展開しています。きっとお気に入りのデザインの財布がみつかるでしょう。

コードバンは傷がつきやすく水に弱いという欠点もありますが、それを補って余りある耐久性の高さがあります。一度購入すれば長い間愛用できるため、大切な方へプレゼントするのにもおすすめです。

コードバン財布 注目8ブランドのおすすめ財布14選へ戻る

記事が参考になったらシェアしよう!

     
大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「COCOMEISTER」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.