高級な本革製アタッシュケース その魅力とおすすめブランド5選

高級本革のアタッシュケースは、一生に一度は手にしたい男のあこがれのアイテムでもあります。

ですが、本革のアタッシュケースになると数十万から高いものであれば100万円以上するものまであります。

もちろん、ただ値段が高いだけでなく高級本革の品質や鞄としての性能も一流品で、長年に渡って愛用していける、それが高級本革のアタッシュケースの魅力です。

とは言え、人によっては…

「本革のアタッシュケースは本当に良いの?」
「どんなアタッシュケースがあるのか分からない…」

など、疑問や本革アタッシュケース選びで迷っている方もいるかと思います。

そこで、今回は本革アタッシュケースの魅力を少しでも知っていただくためにも、本革アタッシュケースのメリットやデメリット

そしておすすめのブランド5選をご紹介していきたいと思います。

アタッシュケースの歴史|日本国内はいつ頃登場したのか?

アタッシュケースの歴史|日本国内はいつ頃登場したの?

出典:bentleyslondon.com

まず、本革アタッシュケースが日本で登場したのはいつ頃なのでしょうか?

「本革アタッシュケースがこの時代に登場しました。」という確固たる記述や資料がなく、残念ながら紹介することはできません。
とは言え、日本の歴史を遡っていくと、アタッシュケースの原型は明治には登場していました。

「一般社団法人日本かばん協会」を見ていくと、1908年(明治41年)には「手箱」という名称で、アタッシュケースの前身が登場。

大正~昭和初期の時代に突入すると、アタッシュケースの他にもボストンバッグやサンプルケース、そして今でも数多くの愛好者を持つダレスバッグが登場しました。

つまり、日本国内に限定すれば、本革アタッシュケースは明治時代に登場したと言えます。もっと長い歴史があるように思えましたが、意外にも日本国内でたった100年ぐらいしか経過していないのです。

高級本革アタッシュケースのメリットとは?

誰からも一目を置かれるエレガントなデザイン

高級本革アタッシュケースび魅力 誰からも一目を置かれるエレガントなデザイン

出典:cocomeister

本革アタッシュケースのメリットと言えば、やはり高級感溢れるエレガントなデザインです。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」これは女性を褒め称える言葉ですが、高級本革アタッシュケースにも当てはまるように思えます。

持つのみならず、ただ単に置くだけでも気品溢れる存在感を演出。大人の男性が持ち歩くその姿は、長年付き添うパートナーのように”絵になる姿”として写るでしょう。

高級本革アタッシュケースび魅力 誰からも一目を置かれるエレガントなデザイン

出典:hespokestyle.com

高級本革アタッシュケースび魅力 誰からも一目を置かれるエレガントなデザイン

出典:cocomeister

「この人は一味も二味も違う」という風格を自然と思わせることになります。

気品感溢れるデザインだからこそ演出できる、それが高級本革アタッシュケースのみにできることでしょう。

思わず笑顔がこぼれる魅惑の風合い

OAK ROOMさん(@oakroom_tw)がシェアした投稿

高級本革アタッシュケースは、エレガントなデザインもさることながら、使用される高級皮革の風合いもまた魅力的です。

新品時、何者にも染まっていない初々しい風合いも良いですが、自分の手で育てていく楽しみも革にはあります。

自分の利用環境やメンテナンスによって、アタッシュケースの風合いは十人十色の変化をもたらせてくれます。
 
ある人は革の色味に深みが増していき落ち着いた風合いになる方。またある人は、艶が徐々に表舞台に登場し、更なる高級感を演出させれる方まで出てくるのです。

この風合いの変化に、思わず所有者は笑みがこぼれるかもしれません。

それほど、高級皮革を用いて製造されているアタッシュケースには、所有者を魅了させる革の風合いがあるのです。

他の鞄よりも機能的な一面を見せてくれる

他の鞄よりも機能的な一面を見せてくれる

出典:http://cocomeister.jp/

高級本革アタッシュケースは、使う人の格を向上させるだけでなく、機能的な一面を見せてくれます。

もちろんアタッシュケースごとに内側は異なるものの、現在販売されている多くのアタッシュケースは、仕切り・ペン入れ・内ケースなど、ビジネスやプライベートで忙しない大人の生活を大いにサポートてくれる機能性となっています。

また、アタッシュケースは、ブリーフケースや他の鞄のように中身が乱雑にならないのも大きなメリットの1つです。開封すると、中身が一目瞭然のため探し物もすぐ見つけられます。

値段の高さは上品な見た目のみならず機能的なところにもその片鱗は大いに見られます。

高級本革アタッシュケースのデメリットとは?

メンテナンスが大切!乱暴に扱うと上品な見た目が台無し!

高級本革アタッシュケースのデメリットとは?

出典:http://www.leather-house.net/

高級本革アタッシュケースのデメリットと言えば、定期的にメンテナンスの必要があることです。

ナイロンやポリエステルなど、ブリーフケースであれば汚れがあれば水分を含んだ柔らかいタオルで拭き取る程度。特にメンテナンスの必要性は感じません。

高級本革アタッシュケースは、当然「本革を使用していますので」定期的にクリームやオイルといったメンテナンスが必要になってきます。

こういったメンテナンスを怠ると、せっかくの上品でエレガントな見た目が良い風合いではなく、嫌なくすみになり、最悪の場合は革が痛み本体にヒビが入ることもあります。

そしてメンテナンスせずそのまま汚れを放置すると一生消えない汚れやシミとなって残ってしまうのです。

常に丁寧に取り扱い、なおかつ定期的なメンテナンスをも楽しめる方であれば本革のアタッシュケースはおすすめです。しかし、これができない場合は残念ながら本革のアタッシュケースはおすすめできない一品です。

天候に左右される

天候に左右される

出典:http://www.tsuchiya-kaban.jp/

高級本革アタッシュケース(本革)は、水分に弱く多少の水でもシミになる危険性があります。確かに一昔前と比べれば、革の品質が向上したものの、今でも雨は高級本革アタッシュケースの大敵です。

そのため、雨が降る日や、もしかしたら雨が降るかもしれない…と言った天候では安易に使用できません。天候に縛りがあるのも、高級本革アタッシュケースのデメリットと言えます。

高級本革アタッシュケースのブランド紹介

魅力やデメリットなどをご理解いただけたところで、いよいよ高級本革アタッシュケースを展開するブランドをご紹介していきます。

今回ご紹介するブランドは5つのブランドです。

  1. COCOMEISTER(ココマイスター)
  2. Swaine Adeney(スウェイン・アドニー・ブリッグ)
  3. HERMES(エルメス)
  4. LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)
  5. GLOBE-TROTTER(グローブ・トロッター)

これらのブランドが、どのようなブランドなのか?そしてブランドを代表するおすすめの高級本革アタッシュケースは何か?などを含め、ご紹介していきます。

COCOMEISTER(ココマイスター)

ココマイスター クリスペルカーフ オルデンブルク

出典:cocomeister.jp

創業 2009年
価格帯 25万円~50万円
おすすめの年代 20代~50代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP cocomeister.jp
2009年創業のココマイスター。品質・高級感、どれをとっても高級ブランドに引けをとらない高級本革アタッシュケースを生み出しています。また、ココマイスターは様々な皮革を用いてアタッシュケースを製造しているのもポイント!高品質且つエレガントなデザインのアタッシュケース、それもメイドインジャパンが誇る技術力を体験したいなら、ココマイスターの本革アタッシュケースがおすすめです。

ココマイスターのおすすめ本革アタッシュケース紹介

ブライドル ロイヤルヘンリー

ココマイスター ブライドル ロイヤルヘンリー

出典:cocomeister

ブライドル ロイヤルヘンリーは、ココマイスターの本革アタッシュケースの中でもとくに愛されている作品の一つとなっています。

価格は36万円~で、使用される皮革はイギリスが誇る最高級の「ブライドルレザー」です。高品質ながら、癖の強いこの皮革を鞄という作品にするには腕のある職人でなければ非常に難しいとされています。

完成されたブライドル ロイヤルヘンリーは、歩く姿・佇まい、どれをとっても男の風格を極限まで高めることでしょう。
ビジネスのみならずプライベートでも活用できる素晴らしいパートナーになるのではないでしょうか。

ライドル ロイヤルヘンリーの詳細はこちらから

ココマイスター 本革アタッシュケース 公式サイト

Swaine Adeney(スウェイン・アドニー・ブリッグ)

創業 1750年
価格帯 50万円~75万円
おすすめの年代 40代~60代
活用シーン ビジネス
HP swaineadeneybrigg.com

1750年創業のスウェイン・アドニー・ブリッグは、200年以上経った現在でも、メイドインイングランドを貫きイギリス紳士達のおめがねに叶う逸品を作り続けています。創業当時から続く馬具製造の技術は、高級本革アタッシュケースにも受け継がれており、高級感を与えつつも機能性や堅牢性、そして耐久性共に申し分ない作りです。

そして何より、イギリスらしいシンプルながら気品溢れるデザイン性は、持っただけで所有者の品を大いに向上させる魅力を持っています。

スウェイン・アドニー・ブリッグのおすすめ高級本革アタッシュケース紹介

スウェイン&アドニー アタッシェケース

スウェイン&アドニー アタッシェケース

出典:http://www.swaineadeneybrigg.com/

スウェイン・アドニー・ブリッグが展開する高級本革アタッシュケースは、シンプルで無駄な装飾品を付属させない、大人のアタッシュケースです。しかし、小さな部品や場所にも妥協しないのが、このアタッシュケースの特徴と言えます。

高級感を与える金具から、所有者のことを考えた持ち手の造形。そして持つだけで所有者の格を大いに向上させる絶妙なデザイン。プライベート使いは難しいものの、ビジネスシーンで活用すれば、他のビジネスマンと1歩2歩先行くこと間違いないでしょう。

質実剛健。正にこの言葉がぴったりのスウェイン・アドニー・ブリッグ。高級本革アタッシュケースが初めての方にもおすすめできる逸品です。

スウェイン・アドニー・ブリッグ 公式サイト

HERMES(エルメス)

エスパス

出典:rakuten.co.jp

創業 1837年
価格帯 100万円~
おすすめの年代 40代~50代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP http://www.maisonhermes.jp/

時代を超えても高級バッグブランドと言えば、やはりエルメスが最初に思い浮かぶかと思います。エルメスは、バーキンやケリーバッグ等で発展していきましたが、大人メンズのバッグも魅力的なアイテムばかり揃えています。中でも本革アタッシュケースは、威圧感や武骨さを感じさせないファッションアイテムのような柔らかいデザインに仕上げています。だからと言って、妥協しないのがエルメスです!

エルメスの高級本革アタッシュケースを一目見れば、なぜここまで人気のあるアイテムなのかがわかると思いますよ。

エルメスのおすすめ本革アタッシュケース紹介

エスパス

エスパス

出典:http://www.rakuten.co.jp/

エルメスのメンズバッグを眺めていると、どれも魅力的で目移りするほど迷ってしまいます。しかし、その中でも昔から愛される本革アタッシュケースエスパスには、かなう相手はいないでしょう。

エスパスは、エルメスらしくない男らしいデザインと、シンプルな見た目が特徴的なアタッシュケースです。しかし、威圧的な雰囲気を出さず、さりげない高級感とファッション性を感じさせるのは、さすがエルメスのアタッシュケースと言えるでしょう。

中身もこれまたシンプルな作りで、自分好みにカスタマイズできる楽しみも秘めているのもポイントです!

ビジネスシーンといったお堅い場所や、小旅行のパートナーとして…、どのシーンでも活躍すること間違いなしですよ。

エルメス 公式サイト

LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

アルゼール 65

出典:louisvuitton.com

創業 1854年
価格帯 60万円~150万円
おすすめの年代 30代~60代
活用シーン プライベート
HP louisvuitton.com

エルメスと並び、世界中で愛される高級ブランドと言えばルイヴィトンが出てくることでしょう。ルイヴィトンは高級素材を余すことなく使用し、アタッシュケースに限らず、男女どちらのハートを鷲掴みにする魅惑のデザイン性で、今もなお愛されています。

また、柄模様やロゴが散りばめられていることもあり、相手へ明確に「私はルイヴィトンを使っています!」という、ブランドアピールにも最適なブランドと言えるでしょう。

ルイヴィトンのおすすめ本革アタッシュケース紹介

コトヴィル 45

ブライドル ロイヤルヒースロー

出典:http://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/

ルイヴィトンのアタッシュケースを見ていくと、少々大きいケースから小さすぎてバックインバッグで利用するものまで、多数見られます。しかし、ちょうど良いサイズ感で人気を博しているのがコトヴィル 45です。

コトヴィル 45はアルゼール、ビステンといったルイヴィトンを代表するアタッシュケースよりも小さめに作られています。

そのおかげか、使い勝手も良いため小旅行のお供としても最適です。またルイヴィトンの中でも、そこまで悪目立ちしない落ち着いたデザインのため、30代の時に購入しても40~60代になってからも問題なく利用できます。

ただ、ビジネスシーンですと明らかにルイヴィトンと言うのがわかりますので、できるのであればプライベート専用で使うことをおすすめします。

ルイヴィトン 公式サイト

GLOBE-TROTTER(グローブ・トロッター)

グローブ・トロッター アタッシュケース

出典:ordersuits.com

創業 1897年
価格帯 15万円~50万円
おすすめの年代 30代~50代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP https://jp.globe-trotter.com/

1897年に創業したグローブ・トロッターは、100年以上続くエルメスやルイヴィトンは違った方向性で、同じく100年以上続く老舗ブランドとして愛されています。

特に光るのが「ヴァルカン・ファイバー」と呼ばれる特殊な技術です。特殊な紙を何層にも重ね、特殊素材で固めると頑丈でありながら軽量且つ弾力性を持った素材へと変化するのです。

また、この技術はエイジングにも最適で、使い込めば使い込むほど味わい深い色や風合いに変化します。そのため、高級アタッシュケースながら別の楽しみができるブランドとして、長年愛され続けているのかもしれません。

グローブ・トロッターのおすすめ本革アタッシュケース紹介

グローブ・トロッター アタッシュケース

グローブ・トロッター アタッシュケース

出典:http://www.rakuten.co.jp/

グローブ・トロッターは、ヴァルカン・ファイバーも優れた技術ですが高級本革アタッシュケースも、他ブランドに引けを取らないデザインと高品質です。

最新のトレンドや流行に流されることなく、グローブ・トロッターが持つクラシカルで落ち着きのある風合いを醸し出しています。

また、アタッシュケースをなぞる美しいラインは、使うのみならずインテリアとして置いても絵になるようなデザインです。

もちろん、本革アタッシュケースの堅牢性や耐久性、そして使い勝手の良さは、100年以上使い続けることを想定した物作り。そして、年数が経過するごとに色味が変わる楽しみも含まれています。

グローブ・トロッターのアタッシュケースに限らず、全てのアイテムはハンドメイドのため、時には在庫切れになることもあります。もし、本当に欲しい一品を見つけましたら、迷わず入手することをおすすめします。

グローブ・トロッター 公式サイト

まとめ

いかがでしたか?

高級本革アタッシュケースは、使用される皮革全て高級&高品質。そして職人による手作業で製造されているため、どうしても価格は数十万円、時には数百万円になることもあります。

しかし昨今の高級本革アタッシュケースの多くは、価格以上の魅力を持ち合わせており、なおかつ日常生活からビジネスシーンでも困らない機能性を十分に兼ね備えています。

そして、本革の特性である使い込むほどに味わい(エイジングによる変化)は、私達を大いに楽しませてくれます。

もし、アタッシュケースを検討されている方がいましたら、高級本革アタッシュケースを考えてみてはいかがでしょうか?

末永く付き合える素晴らしいパートナーをぜひ見つけてください。

記事が参考になったらシェアしよう!

大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「cocomeister」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事