本革のメンズショルダーバッグおすすめ18選!日本製から人気ブランドを厳選

本革のメンズショルダーバッグおすすめ18選!日本製から人気ブランドを厳選

トートバッグやボストンバッグ、クラッチバッグなどのように、バッグにはさまざまな種類があり、ショルダーバッグもその内の一つです。

ショルダーバッグは肩から“斜め掛け”“垂直掛け”というように、両手を空けることができるタイプになっているため、手荷物を好まない男性や、カジュアルコーディネートに合わせやすいバッグを探している人に好まれています。

ここでは、

  • オシャレで魅力的なショルダーバッグを選ぶポイント
  • タイプ別のおすすめブランドショルダーバッグ

こちらについてをご紹介していきます。

ぜひ、あなたにピッタリのショルダーバッグを見つけてみてください!

ショルダーバッグを選ぶポイント

ショルダーバッグを選ぶポイント
ショルダーバッグには、大きく分けて2つのタイプがあります。それが、肩から垂直掛けするタイプ肩から斜め掛けするタイプです。

以下はショルダーバッグを選ぶ際のポイントです。

  1. 肩に掛けたときの負担がどの程度か確認してから選ぶ
  2. サイズ感や素材など、用途に合わせて選ぶ
  3. 普段の服装に合わせたものを選ぶ

①肩に掛けたときの負担がどの程度か確認してから選ぶ

実はショルダーバッグを選ぶ際に一番重要視するべきポイントともいえるのが、ショルダーベルトの肩の掛かり具合です。

ショルダーバッグには、肩から垂直掛けするタイプと肩から斜め掛けするタイプがあると言いましたが、どちらのタイプも肩から掛けるという点では同じであるため、ショルダーバッグを選ぶ際には、ショルダーベルトの肩の掛かり具合に配慮すると良いでしょう。

ショルダーバッグを1日使うことが多い人や、肩への負担を気にする人は、クッション性のあるショルダーベルトが付いているものや、太めのショルダーベルトが付いているもの、ショルダーベルトの調整を自在にできるものがおすすめです。

②サイズ感や素材など、用途に合わせて選ぶ

ショルダーバッグは用途に合わせて選ぶことも重要です。

例えば、デートで使用するものと、旅行で使用するものでは必要な容量に違いが出てくるため、デートと同じ容量のものを旅行で使うのは難しいでしょう。

容量だけでなく、素材も本革をはじめ、ナイロン製や合皮製などがあるため、使用するシーンなどの用途に合わせて選ぶことがポイントです。

③普段の服装に合わせたものを選ぶ

また、通常のバッグと同様に、シンプルなデザインから奇抜なデザインまで、ファッションアイテムの一つとして選ぶこともできます。

ショルダーバッグに限らず、バッグというのは思っている以上に主張の強いアイテムなので、見た目やブランドネームバリュー、直感的な好みだけで選ぶのではなく、普段のファッションスタイルに合わせたものを選ぶことで、失敗のないオシャレなショルダーバッグを選ぶことができるでしょう。

 
オシャレで魅力的なショルダーバッグを選ぶ際には、ブランドバリューで選ぶよりも“実用性”を重視して選び、用途に合わせることをおすすめします。

大人カジュアルな日本製ブランドの本革ショルダーバッグ3選

COCOMEISTER(ココマイスター)

出典:cocomeister.jp

創業 2009年
価格帯 6万円~9万円
おすすめの年代 30代~50代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP cocomeister.jp
ココマイスターは2009年に創業された、比較的歴史が浅いブランドになるが、本革愛好家の心を掴んで離さないほどの高い品質が魅力。国内の熟練職人の技術と欧州が誇る希少皮革を掛け合わせることで、他の追随を許さない革製品を展開している。財布やバッグなど、あらゆるアイテムを揃えているが、いずれのアイテムも品薄状態が続くことも珍しくない。

ココマイスターのおすすめショルダーバッグ紹介

マットーネ・ラージショルダー

出典:http://cocomeister.jp/

どのようなシーンでも使いやすいショルダーバッグが“マットーネ・ラージショルダー”の魅力になります。熟練職人が手作業で作り上げ、細部にこだわりを感じるバッグです。

外装と内装にフリーポケットを2つ配置し、内装にはフリーポケットの他にファスナーポケットも設けられているため、外見からは小柄な印象を受けるショルダーバッグですが、実際の収納力は抜群です。

カラーは、オールドブラック・ブランデー・ビターチョコ・ダークネイビーの4色から選ぶことができます。また、ショルダーベルトは太めで、肩への負担軽減に期待できるでしょう。

肌ざわり、色合いとも気に入りました。大きさもちょうどよく使いやすそうです。内張も高級感がはっきり出ていて、いい感じです。普段使いには、もったいないような気もしますが、使うことにより、味がでてくるのであれば、どんどん使い込んでいくべきなのでしょうね。外に出て肩からこのバックをかけて歩く自分の姿を想像すると、なんだか嬉しくもあり、さらに楽しくなってきます。良い買い物ができたと思います。長く使い込んでいきたいと思います。

ココマイスター ショルダーバッグ 公式サイト

aniary(アニアリ)

創業 2008年
価格帯 2万円~4万円
おすすめの年代 20代~30代
活用シーン プライベート
HP http://www.aniary.com/
アニアリは新進気鋭の日本ブランド。デザインはシンプルなものから独自性の色が強いものまであり、20~30代の男女から好まれている。デザインだけでなく、バッグや財布などに使用されている皮革も独自のものを使用しているため、特徴的なアイテムを見つけることができる点が魅力。

アニアリのおすすめショルダーバッグ紹介

アニアリ01-03008(バルケッタ)

出典:http://www.aniary.com/

カラーバリエーションが豊富で、カラー次第で男性女性問わずに使用することができるショルダーバッグとなっています。

このバッグはイタリア語で“小舟”を意味する“バルケッタ”の愛称を持っており、小舟型の外見が特徴的です。休日に使うバッグとして高い人気を誇り、日常の携行品を余裕で持ち歩くことができるサイズ感を持っています。

休日のお出掛け用として人気のショルダーバッグになるため、ショルダーベルトは太過ぎず、細過ぎずという印象です。大型のショルダーバッグほどの容量はないため、肩への負担は少ないでしょう。

土屋鞄製造所

創業 1965年
価格帯 3万円~7万円
おすすめの年代 20代~40代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP http://www.tsuchiya-kaban.jp/
土屋鞄製作所は子供向けランドセルを中心に製造・販売を行っていたブランド。しかし、今ではランドセルの製造で培った技術を活かし、トートバッグやショルダーバッグ、財布など、幅広い革製品を作り出している。革本来の味わいを残しつつ、職人の手によって作られるアイテムは、本革愛好家はもちろんのこと、20代~30代を中心に魅了している。

土屋鞄製作所のおすすめショルダーバッグ紹介

ビークル ハーフフラップショルダー

出典:http://www.tsuchiya-kaban.jp/

見た目のサイズ感の通り、B4サイズの書類やファイルを入れることができるほどのキャパシティを誇っている点が魅力の一つです。

内装に設けられているフリーポケットの他、外装に付けられた2つの大きなフリーポケットや、背面に設けられているA5サイズのファスナーポケットは、ビジネスシーンやキャンパスライフを送る人には魅力的なポイントになるでしょう。

カラーはスモーキーブラウン・ダークインティゴ・ヴィンテージオリーブの3色から選ぶことができます。

また、ショルダーベルトは太めですが、荷物を多く収納してしまうとショルダーベルトが肩に食い込んでしまう可能性があります。このバッグはショルダーベルトの調整が可能になっているため、好みのフィットに合わせましょう。

土屋鞄製作所 ショルダーバッグ 公式サイト

オシャレな海外製ブランドの本革ショルダーバッグ3選

Felisi(フェリージ)

創業 1973年
価格帯 5万円~8万円
おすすめの年代 30代~40代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP https://www.felisi.net/

フェリージは1973年に小さな町工場としてスタートしたブランド。数あるバッグブランドの中でも、本革をはじめとした素材へのこだわりが強く、他ブランドでは真似できないバッグを製造している。単にシンプルなデザインというわけではなく、遊び心のある、ちょっとしたデザインが施されているバッグが人気を集めている。ブランド知名度はそれほど高くない

フェリージのおすすめショルダーバッグ紹介

フェリージ12/32/1/DS+NK

出典:https://www.felisi.net/

普段使いに最適なショルダーバッグ。一見すると容量が小さく、使いにくさを感じるが、500mmペットボトルや小さめのノートであれば収納することが可能です。

バッグの横幅よりもファスナーの間口を長く取ることで、取り出し口を大きく開くことができ、角張った物の出し入れもしやすい点が特徴になります。

また、ショルダーベルトは幅が広くて疲れにくい特徴を持ち、長さ調整も可能になっているため、使用者にフィットするショルダーバッグとして使うことができるでしょう。

フェリージ ショルダーバッグ 公式サイト

Berluti(ベルルッティ)

出典:www.berluti.com

創業 1895年
価格帯 24万円~29万円
おすすめの年代 40代~50代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP www.berluti.com
フランスのパリで創業した当時は、高級紳士靴を扱っていたブランド。世界的に有名な芸術家である“ピカソ”もベルルッティを支持していたとされ、現在は財布やバッグなどのアイテムを中心にしてファンを魅了している。取り扱われているバッグには、芸術性を感じさせるベルルッティならではの“カリグラフィ”が施されたものもあり、ワンランク上のアイテムを求めている、本物を好む男性に向いているブランド。

ベルルッティのおすすめショルダーバッグ紹介

スモールサイズのMonolitheレザーショル

出典:https://www.berluti.com

ベルルッティだけが使用することができる“ヴェネツィアレザー”と“カリグラフィ”のコンビネーションが美しい、ちょうど良いサイズ感のショルダーバッグです。

ヴェネツィアレザーは革の耐久性の高さや、柔らかくて気持ちの良い手触りなど、超高級とも言われている素材となっています。斜めに入ったカリグラフィが最も特徴的で、芸術性と美しさを演出してくれます。

ショルダーベルトの長さ調整が可能で、肩への負担にも配慮された作りです。

ベルルッティ ショルダーバッグ 公式サイト

COACH(コーチ)

創業 1941年
価格帯 5万円~7万円
おすすめの年代 20代~40代
活用シーン プライベート
HP japan.coach.com
日本では女性向けバッグや財布が人気だが、メンズ向けのアイテムも豊富に取り扱っているブランド。先進的なデザインはもちろん、遊び心のあるデザインをアイテムに取り入れている点が特徴。コーチのショルダーバッグはシンプルと遊び心を両立させたデザインが多く揃っている。

コーチのおすすめショルダーバッグ紹介

キャンパス パック ウィズ ベースボール ステッチ

出典:http://japan.coach.com

最もポピュラーな形のショルダーバッグとなっています。真ん中に野球ボールのステッチをイメージしたデザインが施されており、シンプルと遊び心を両立させている特徴を持ちます。

休日のお出掛け用として使用するにはちょうど良い大きさですが、遠出する際のバッグとしては容量が物足りないと感じてしまうかもしれません。

カラーは、ミッドナイトネイビー・ブラックの2色から選ぶことができます。また、ショルダーベルトの長さ調整も可能です。

コーチ ショルダーバッグ 公式サイト

シックで大人なハイブランドの本革ショルダーバッグ3選

LOEWE(ロエベ)

創業 1846年
価格帯 12万円~
おすすめの年代 30代~50代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP http://www.loewe.com
ロエベは1846年にスペインで創設された老舗最高級ブランド。他のハイブランドと比較すると、財布やバッグの素材となる革の品質が高いと評価されることも多い。個性的なデザインよりも、シンプルで使い回しがしやすいデザインが多く、アクセントとしてバッグや財布の隅にロエベのロゴが刻印されている点が特徴的。

ロエベのおすすめショルダーバッグ紹介

Goya Crossbody Bag ネイビーブルー

出典:http://www.loewe.com

ロエベのロゴと同様に、四角い外見が特徴のショルダーバッグ。サイズが大きめで、500mmペットボトルや小さめのノートパソコンであればラクラク収納することができます。

カラーはネイビーブルー・ブラック・ダークトープの3色から選ぶことが可能です。ダークトープはブラウンに近い色合いで、一般的には“モグラ色”“グレージュ”として知られています。

選択するカラーによっては、プライベートだけでなくビジネスシーンでも使用することもでき、万能型のショルダーバッグになるでしょう。

ショルダーベルトは長さ調整が可能です。

ロエベ ショルダーバッグ 公式サイト

GUCCI(グッチ)

創業 1921年
価格帯 7万円~18万円
おすすめの年代 30代~40代
活用シーン プライベート
HP https://www.gucci.com
ボッテガ・ヴェネタやバレンシアガなどの有名ブランドを傘下に収めている世界的ファッション企業“ケリング”の中心ブランドの一つ。グッチの知名度は“ルイ・ヴィトン”に匹敵するとも言われ、男女問わず、愛用している人も多い。ショルダーバッグはビジネス向けのものよりもプライベート用のものが豊富。

グッチショルダーバッグ紹介

グッチ シグネチャー クロスボディバッグ

出典:https://www.gucci.com

グッチならではの“GGロゴ”がエンボス加工されている、高級感溢れるデザインが特徴的なショルダーバッグ。シンプルでありながら品の高さが感じられる、大人向けのデザインです。

容量はそれほど大きくないため、遠出よりも休日のお出掛け用としての活躍に期待することができます。内装にはスエードのような風合いのマイクロファイバーライニングを使用しており、肌触りの良さにもこだわっています。

カラーはブラック・ブルーの2色から選ぶことが可能です。ショルダーベルトの長さ調整もできるため、肩への負担が気になる人でも安心して使うことができるでしょう。

グッチ ショルダーバッグ 公式サイト

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

創業 1854年
価格帯 14万円~22万円
おすすめの年代 30代~50代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP https://jp.louisvuitton.com
世界的に有名なブランドで、日本では“ブランド=ルイ・ヴィトン”という人が多く見られるほど高い知名度を誇っている。女性が好むブランドというイメージもあるが、男性向けのデザインが施されたファッションアイテムも多く揃っているため、男性ファンも女性ファンと同数居る。ショルダーバッグはシンプルなものから定番デザインのものまであり、用途に合わせて選べる点が魅力。

ルイ・ヴィトンのおすすめショルダーバッグ紹介

アントン・ポシェット

出典:https://jp.louisvuitton.com

ルイ・ヴィトンの代名詞であるモノグラムを使用しておらず、隅にブランドロゴを刻印しているシンプルなデザインが魅力のショルダーバッグ。

コンパクトなサイズでありながら、内側には複数のポケットを設けている、機能性に優れたバッグです。取り出し口も大きく開くため、使い勝手も良いでしょう。

カラーはアルドワーズ・ノワール・ブルーマリーヌ・オセアンの4色から選ぶことができます。いずれのカラーもビジネス向けというよりも、プライベート向けという印象が強い仕様です。

また、ショルダーベルトは長さ調整できるタイプとなっています。

ルイ・ヴィトン ショルダーバッグ 公式サイト

機能的なA4サイズでオシャレなショルダーバッグ3選

Paul Smith(ポール・スミス)

創業 1970年
価格帯 2万円~5万円
おすすめの年代 20代~30代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP http://www.paulsmith.co.jp
10代後半~20代後半の男性から絶大な人気を誇るファッションブランド。雑誌などでも取り上げられるケースが多く、その知名度は“ブランドを知らないという人でも知っている”と言われるほど。ポール・スミスのショルダーバッグはシンプルなものから個性的なものまで揃っており、使用する用途に合わせて選ぶことができるため、社会人が使うことも少なくない。

ポール・スミスのおすすめショルダーバッグ紹介

ユーティリティポケット ショルダーバッグ

出典:http://www.paulsmith.co.jp

高級感のある上質な素材と深みのある色使いによって、シンプルながらオシャレな印象を与えるショルダーバッグとなっています。

プライベートに使用することはもちろん、ビジネスや学業に用いる場合でも違和感を与えないデザインです。A4サイズの書類を入れることができるため、使いやすく、利便性の高いショルダーバッグと言えるでしょう。

カラーはネイビー・ブラウンの2色から選択可能で、ショルダーベルトの長さ調整ができるため、肩への負担も軽減することができます。

ポール・スミス ショルダーバッグ 公式サイト

OROBIANCO(オロビアンコ)

創業 1996年
価格帯 2万円~4万円
おすすめの年代 20代~40代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP http://orobianco-jp.com
1996年にイタリアで創設された、人気の海外ブランドの中ではまだまだ新しいブランド。財布やバッグの他、ファッション以外のさまざまなアイテムまで取り扱っているが、基本的には革製品を専門としている。ショルダーバッグの種類は多めで、サイズ感も小さいものから大きいものまで選ぶことが可能。シンプルかつオシャレに使いたい男性に向いている。

オロビアンコのおすすめショルダーバッグ紹介

3C INTUITO-H 01

出典:http://orobianco-jp.com

プライベートでもビジネスシーンでも使いやすい、落ち着いたデザインが特徴的なショルダーバッグ。オロビアンコのロゴを小さく型押しすることで、デザイン性を高めています。

A4サイズの書類はもちろん、小さめのノートパソコンも収納することができるサイズ感が魅力。使い勝手の良い取り出し口で、大きな物の出し入れがしにくいというストレスも感じさせません。

ショルダーベルトの長さ調整も可能となっています。

オロビアンコ ショルダーバッグ 公式サイト

TUMI(トゥミ)

創業 1975年
価格帯 2万円~7万円
おすすめの年代 20代~40代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP http://www.tumi.co.jp
トゥミはブリーフケースやキャリーケースが有名なブランド。トゥミの通勤用バッグは“多くの社会人が憧れを持つ”アイテムとしても知られている。ビジネスシーンで使用するバッグを想定していることから、耐久性や防水性に優れている点が特徴的。ショルダーバッグは種類によって、プライベート用とビジネス用として使い分けることも可能。

トゥミのおすすめショルダーバッグ紹介

ARRIVE ルーカス クロスボディバッグ

出典:https://www.amazon.co.jp

非常にシンプルな外見のショルダーバッグ。携帯するアイテムに適した収納スペースを確保しているため、出し入れがスムーズに行える仕様となっています。

ビジネスシーンを想定したデザインになっているため、カジュアルファッションとは相性が悪いかもしれません。しかし、ジャケットと合わせることで、ビジネス・プライベート、どちらでも使用することができるでしょう。

肩への負担や掛かり具合が気になるショルダーベルトですが、こちらは長さ調整可能です。適切なサイズに合わせて使用することをおすすめします。

トゥミ ショルダーバッグ 公式サイト

リーズナブルで購入しやすいブランドのショルダーバッグ3選

ARMANI(アルマーニ)

出典:www.armani.com

創業 1975年
価格帯 1万円~5万円
おすすめの年代 20代~30代
活用シーン プライベート
HP https://www.armani.com
アルマーニは、社会人向けで芸能人も愛用するファーストライン“ジョルジオ・アルマーニ”と、学生などの若年層からの人気が高いセカンドライン“エンポリオ・アルマーニ”の2つが一般的に知られている。エンポリオ・アルマーニは30代の男性が使用することも多く、複数ある“アルマーニシリーズ”の中でもリーズナブルな価格で購入することができる点が魅力。

アルマーニのおすすめショルダーバッグ紹介

ワンショルダーバックパック マキシロゴ

出典:https://www.armani.com

最もポピュラーなデザインで、プライベートで使いやすい点が特徴です。外側のポケットの大きなロゴがアクセントとなっていて、オシャレなショルダーバッグを演出してくれます。

容量はそれほど大きくないため、持ち歩く物は厳選する必要があるでしょう。それでも、500mmペットボトルを入れても収納スペースにゆとりがあります。

ショルダーベルトの長さ調整を行うことができますが、大きな調整はできないようなので注意が必要です。また、ショルダーベルトが細めになっているため、たくさん物を収納することは避けた方が良いでしょう。

アルマーニ ショルダーバッグ 公式サイト

PORTER(ポーター)

創業 1962年
価格帯 5千円~6万円
おすすめの年代 20代~40代
活用シーン ビジネス&プライベート
HP www.yoshidakaban.com
ポーターは1962年に創業している“吉田カバン”が展開しているブランド。学生から大人までが購入できる価格設定と、用途に合わせたアイテムが豊富に揃っている点が人気の秘密となってる。ナイロン製のアイテムが多く見られるが、ふんだんに革を使用したものも少なくない。予算と用途に合わせて選べるため、適切なアイテムを見つけるやすい。

ポーターのおすすめショルダーバッグ紹介

PORTER AMAZE/SHOULDER BAG

出典:https://www.yoshidakaban.com

A4サイズの書類やノートパソコンを横向きにして収納することができるほどのサイズ感を持っているため、活躍するシーンは多いでしょう。

ポケット数も多く、出掛け先で必要なアイテムをたくさん収納することができます。ビジネスシーンはもちろん、プライベートでも使いやすいため、旅行鞄としてもおすすめです。

カラーはブラック・ブラウンの2色から選ぶことができます。また、ショルダーベルトにはクッション性のあるパッドが付いているため、肩への負担を軽減することが可能です。その他、ベルトの長さ調整もできるため、負担の少ない使い方ができるでしょう。

ポーター ショルダーバッグ 公式サイト

Crred(クリード)

創業 2004年
価格帯 1万円~3万円
おすすめの年代 20代~30代
活用シーン プライベート
HP http://creed-online.com
大阪で1963年に創業した“井野屋”が2004年に新しく展開を始めたブランド。ユーズド感のあるデザインのものからカジュアルなデザインまで、幅広く取り扱っている。知名度はまだまだ低めではあるが、サイフやバッグなどのアイテムの評価は高め。購入しやすい価格設定が魅力の一つとなっている。

クリードのおすすめショルダーバッグ紹介

Creed VOYAGE フラップショルダーバッグ M キャメル

出典:http://creed-online.com

丈夫さと軽さ、柔らかさが特徴的なショルダーバッグ。パラフィン加工(防水加工)を施しているため、経年使用したような表情に変化する魅力があります。

サイズ感はちょうど良く、A4サイズの書類やクリアファイルなどを横入れすることが可能です。ビジネスシーンよりも普段使いに適しているでしょう。

ショルダーベルトは細めで、物を多く収納してしまうと肩に負担を感じやすくなってしまうため、容量には注意が必要です。また、ベルトは長さ調整することができます。

クリード ショルダーバッグ 公式サイト

まとめ

いかがでしたか?

ショルダーバッグと聞くと小さなイメージが先行してしまうという人もいるかもしれませんが、形や大きさはさまざまです。

財布や服と同様に、ショルダーバッグもブランドバリューで選ぶというのも一つの手段ではありますが、バッグという性質上、機能性は非常に重要になってきます。

購入後にミスマッチを避けるためにも、なるべく用途に合わせてショルダーバッグを選んでみてはいかがでしょうか?

記事が参考になったらシェアしよう!

     
大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「cocomeister」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事