「池田工芸」のクロコダイル財布 気になる評判・口コミとは?

クロコダイル革専門店「池田工芸」ってどんなブランド?気になる魅力と口コミ・評判まとめ

池田工芸は、財布をはじめとする上質なクロコダイルレザーを使用した“革小物”を探していると、必ず一度は目にするようなブランドです。

ありがちな“品質の良いウワサが独り歩きしているブランド”ではなく、その実力は多くの購入者や革マニアから認められています。

そんな気になる池田工芸について、ブランドの特徴や魅力、口コミや評判などをまとめてみました。

一つの参考にしていただければ幸いです!

池田工芸 公式サイト

(※ほとんどの画像は池田工芸 公式サイトからお借りしています。)

池田工芸の口コミと評判は良いのか?

池田工芸のクロコダイル財布販売ページでは、以下のように購入者からのレビューが掲載されています。

出典:http://www.ikedakohgei.jp

軒並み高いレビューが並んでいることが分かりますが、池田工芸の商品販売ページには全てのレビューが掲載されているというわけではありません。

そこで、SNS(TwitterやInstagram)から、池田工芸の口コミや評判に関する内容をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

Twitterからの口コミと評判

1年もの間欲しいと思わせる財布というのは、それだけ池田工芸のクロコが魅力的であり、本当に良いものだということではないでしょうか。

Instagramからの口コミと評判

1枚目のアルマーニのクロコと池田工芸のクロコでは、パッと見たときの華やかさに違いを感じるという人も多いのではないでしょうか。

また、2枚目では口コミや評判といった内容の記述がありませんが、池田工芸の良さをハッシュタグで表しているように感じられます。

口コミ・評判まとめ

インターネット上で「池田工芸」が販売しているクロコダイルの商品に対する口コミの中で、”使いずらい”、”革の質が思っていた感じと違う”などといった悪い口コミや評判はとくに見つかりませんでした

これは憶測になってしまいますが、そもそもクロコダイルレザーを使った製品は希少価値があり価格が非常に高く、また革の中でもかなり特殊(個性的)なアイテムです。おそらく好みもハッキリと別れるかと思います。

クロコダイルレザーは、“最高級皮革”と位置付けられているものなので、わかりやすく例えるならば、高級車を選ぶような感覚で、当たり外れではなく(製品の質が良いのは当然)、その人の好みに合うか合わないかといったレベルでの評価になるのではないかと思います。

ですので、クロコダイル製品を購入した際に、例えば「革が偽物だった、作りが雑だった」などそういった明らかなものがない限り悪い口コミや評判は広まることはないかと思います。

池田工芸のHPページやSNS上でも良い口コミ・評判ばかりなのは、池田工芸で購入した人が、本物の最高級のクロコダイル製品を手に入れることができた!という満足の表れになっているのだと思います。

そもそも池田工芸はどんなブランド?

クロコダイル革専門店「池田工芸」ってどんなブランド?気になる魅力と口コミ・評判まとめ
池田工芸は、“クロコダイルレザー専門の国内最大級メーカー”であり、1942年の創業から“75年以上の歴史を誇る老舗ブランド”です。

出典:http://www.ikedakohgei.jp

クロコダイル業界のパイオニアにして老舗と呼ばれるにふさわしく、一切の妥協がないモノづくりから生まれる革小物は購入者に感動と喜びを与えています。

クロコダイルレザーと言えば、その希少性や美しさから“最高級皮革”として知られ、ビジネスをはじめとするフォーマルなシーンで使用することが多いものです。

日常の中でも気軽に使えるクロコを

池田工芸では“クロコダイルレザーが特別だからこそ、日常の中でも使ってほしい”という思いが強くあり、その思いから、カジュアルにも使いやすいよう工夫されています。

その工夫とは、豊富なカラーバリエーションだったり、クロコダイルと牛革を掛け合わせて革小物を作ったりと、デザイン性も豊かです。

使う人やシーンを選ばずに使いやすいクロコダイルレザーアイテムを展開しているのが、池田工芸というブランドになります。

池田工芸の特徴は?

池田工芸の革製品はクロコダイルを使用したものが数多く展開されていますが、その特徴はどのようなものになるのでしょうか。

複数ある特徴それぞれをピックアップし、詳しくご紹介していきます。

使用されるクロコダイルレザーは最高級

出典:http://www.ikedakohgei.jp

池田工芸で使用されるクロコダイルレザーは“スモールクロコ(ポロサス)”と呼ばれる最高級のものです。クロコダイル業界のパイオニアとして、使用するクロコダイルレザーに妥協することはありません。

池田工芸のクロコダイルレザーは“池田のクロ”と呼ばれるほど親しまれており、最高級クロコの美しさや質感など“本物”を楽しむことができます。

また、池田工芸の中でも特に人気の高いクロコ財布は圧倒的な存在感を放ちながらも、くどくて嫌味な光沢や雰囲気がない点が特徴です。
この点こそ、池田工芸の高級クロコ財布が人気の秘密になるのかもしれません。

池田工芸は店舗を持たず、オンライン販売のみ

池田工芸は都内に事務所を構えているものの、商品の販売はオンラインのみで行われています。また、百貨店などでも販売が行われていません。

購入する前に実物を見ておきたいという人も多いと思いますが、池田工芸がオンライン販売という形式にこだわる理由として“コストを削減するため”という見方が強いようです。

周知の事実として、クロコダイルレザーは希少であるため、価格がどうしても高騰してしまいます。高価であると、それだけ購入できる人が限られるものです。

最高級品質のクロコ財布を10万円台で提供できる理由

池田工芸は価格を抑えるため、国内最大級の専門工場を持ち、自社の職人が製造を担っています。
仲介や下請けに依頼していないので、この点でも大きなコスト削減に繋がっているでしょう。

このように、徹底したコスト削減を行うことで、池田工芸のクロコ財布は12万円から購入することができます。

ブランドによっては30~50万円という価格帯も珍しくないため、池田工芸の努力が伝わるのではないでしょうか。

 池田工芸の磨き上げは瑪瑙(メノウ)を使う

池田のクロと呼ばれるように、池田工芸のクロコダイルはふっくらとした斑(革表面の模様)と独特の光沢と美しさが特徴です。

その特徴は、手間のかかる磨き上げによって生み出されています。

池田工芸は瑪瑙を使って磨き上げることで、一粒一粒がふっくらとした艶のある特徴的なクロコダイルレザーを作っているようです。

出典:http://www.ikedakohgei.jp

磨き上げと聞くと簡単そうなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、熟練の職人が見極めて行う必要があり、ちょっとしたミスがクロコダイルレザーを台無しにしてしまう重要なポイントになっています。

池田工芸のクロコダイルレザーの美しさの一端は、間違いなくこの工程が担っているでしょう。

池田工芸のアイテムの魅力は?

続いて、池田工芸のアイテムの魅力について迫っていきます。

池田工芸ではクロコダイル財布を筆頭に、トートバッグや名刺入れなどのアイテムを取り扱っています。いずれのアイテムも日常の中で使いやすいデザインとなっているため、その魅力をご紹介します。

クロコダイル財布の魅力

出典:http://www.ikedakohgei.jp

池田工芸が取り扱っているアイテムの中でも、特に人気が高いものがクロコダイル財布です。

価格帯は、12万~16万円

池田のクロと称されることもあり、艶やかでふっくらとした外見が印象的な財布になります。クロコダイルレザーの高級感を最大限に引き出したデザインは、クロコ財布の購入を検討している人にとって決め手となることも少なくありません。

また、池田工芸のクロコ財布は内装を選ぶこともできます。以下の画像は内装カラーの一例です。

出典:http://www.ikedakohgei.jp

この他、内装はグリーン・カーキ・ライトブルー・ブルー・ゴールドパイソンから選ぶことができます。選べるバリエーションが豊富という点も、池田工芸のクロコ財布が人気の秘密でしょう。

池田工芸の財布を見てみる

クロコダイル トートバッグの魅力

出典:http://www.ikedakohgei.jp

池田工芸と言えばクロコ財布が有名なアイテムですが、機能性にも優れていてカッコいいクロコダイルのトートバッグも人気アイテムとなっているようです。

価格帯は、18万円

池田工芸ではシックでスタイリッシュなトートと、迷彩パイソンを組み合わせたトートの2種類があります。ここでは、使う人を選ばない、シックでスタイリッシュなトートバッグをご紹介します。

池田工芸が誇るクロコダイルレザーをワンポイントとして使用していますが、クロコ財布ほど強く主張しておらず、バランスの取れたトートバッグです。

普段から使いやすいデザインなので、ジャケットコーディネートが多めだったり、シャツと合わせられるトートバッグを探していたりする人におすすめのアイテムになります。

出典:http://www.ikedakohgei.jp

クロコ財布と同様に、内装カラーを選ぶことが可能です。

上記画像のスモークベージュとブルーの他に、レッドを選ぶことができます。大人の雰囲気をグッと感じさせてくれる点が魅力となっているようです。

池田工芸のトートバッグを見てみる

クロコダイル 名刺入れの魅力

出典:http://www.ikedakohgei.jp

価格帯は、38,000円

ビジネスシーンで必須アイテムとして知られる名刺入れですが、こだわりを持って選んでいるという人とそうでない人がいると言われており、こだわらない人の中には100円ショップの名刺入れを使っている人も少なくないようです。

しかし、名刺入れは挨拶する時に必ず周囲から見られるアイテムで、ビジネスシーンにおいては“名刺入れが第一印象になる”とも言われます。

ネガティブな第一印象を与えない名刺入れという点において、池田工芸の名刺入れは魅力的です。

クロコダイルレザーで作られた名刺入れを取り出し、スマートに名刺交換をすることで“デキる人”というアピールをすることに繋がります。

池田工芸の名刺入れは30枚程度の名刺を入れることができ、内側に3ポケット、外側に1ポケットという構造になっているので、使いやすさも魅力です。

出典:http://www.ikedakohgei.jp

展開しているカラーバリエーションが豊富で、16色から選ぶことができます。ただし、売り切れになっている色もあるため、欲しい色の在庫がある場合には早めの決断をするようにしましょう。

池田工芸の名刺入れを見てみる

池田工芸を代表するクロコダイルの財布とは?

池田工芸で販売されているクロコダイルの財布は7種類用意されており(※2018年現在)、ラウンドファスナー長財布とL字ファスナー長財布が主流です。

その中でも人気のあるクロコ財布をいくつかご紹介します。

Crocodile Longwallet W(ゴールドパイソンモデル)

出典:http://www.ikedakohgei.jp

6色のカラー展開がされ、ビジネスシーンにもプライベートにも使いやすいクロコ財布として人気です。

こちらの内装はゴールドパイソン(ヘビ革)となっているので、宝くじを買う人や趣味でギャンブルを楽しんでいるという人からも人気のあるモデルとなっています。

また、Crocodile Longwallet Wシリーズは、ゴールドパイソンモデルの他に、ブラックタイプとカラータイプの展開があります。

価格帯は、14万円

Crocodile Longwallet Wの詳細を見てみる

Crocodile L wallet(ブラック)

出典:http://www.ikedakohgei.jp

スーツとの相性はもちろん、ジーパンスタイルをはじめとするラフスタイルとも相性が良いクロコ財布になります。ラウンドファスナーよりもスムーズに開閉することができるため、使い勝手も抜群です。

外装はブラックのみになりますが、内装は8カラーと豊富なバリエーションとなっています。価格帯も高級クロコ財布としては比較的安く、魅力的です。

価格帯は、12万円

Crocodile L walletの詳細を見てみる

Crocodile L wallet(カラー)

出典:http://www.ikedakohgei.jp

前述しているCrocodile L walletのカラータイプになります。

豊富なカラーバリエーションによって、よりプライベートシーンに合わせた財布選びをすることが可能です。普段のコーディネートに合わせて選びたいという人におすすめのタイプになります。

落ち着いた色からインパクトのある色まで選べるので、個性も出しやすいでしょう。

価格帯は、12万円

Crocodile L walletの詳細を見てみる

池田工芸の財布を購入するときに気を付けたいポイントとは?

池田工芸を購入するときに注意しておきたいポイントは、以下の通りです。

  • 池田工芸のクロコ財布を含めるアイテムはオンライン販売のみ
  • 天然素材であるため、革によっては生態傷や色ムラなどの個体差がある
  • 表面が非常にデリケートで、雨や汗、湿気に弱い
  • 使用しているとファスナーや金具などの金属は、経年変化によってメッキが摩耗する
  • 一般的には知名度が高いブランドではない

購入前に、このポイントは押さえておくようにしましょう。そうすることで、購入後のミスマッチを避けることができます。

池田工芸は自然本来の素材感を活かすために、あえて均一になるような加工をしていないようです。そうすることで、個性が生まれ、オンリーワンのクロコ財布を持つことができるメリットもあります。

厳格な審査基準を持っている

池田工芸のクオリティーに満たない天然素材については、厳格な審査基準で検品した際に除外されているので安心できるでしょう。

表面が非常にデリケートである

また、池田工芸のクロコ財布は表面が非常にデリケートとなっています。

具体的には、水分や油分、高温多湿な環境に弱いため、使用する際には注意が必要です。

そのような環境で使用が続いてしまうと、光沢を損なってしまったり、色落ちしてしまったり、さまざまな悪影響を与えてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

池田工芸はクロコダイル業界のパイオニアということもあり、取り扱っているクロコアイテムは、いずれも最高品質と言えるでしょう。

しかし、クロコアイテムを探している人からの知名度は高いものの、一般知名度は低めのブランドになるため、ネームバリューでクロコアイテムを選びたい人には不向きかもしれません。

池田工芸は、10万円台で品質の高いクロコ財布をはじめとするクロコアイテムを入手したい人や、本物志向の人におすすめのブランドだと言えるのではないでしょうか。

池田工芸 公式サイト

記事が参考になったらシェアしよう!

     
大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「cocomeister」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事