おしゃれで実用的なメンズ長財布の魅力

財布には、長財布や二つ折り、三つ折りなどさまざまな種類があります。その中でも長財布には大人の持つものというイメージがあり、幅広い年代の方から人気を集めています。見た目がおしゃれなのはもちろんのこと、収納力が高く実用性にもすぐれている長財布。このページでは、メンズ長財布の魅力やメリット、おすすめブランドなどについてご紹介します。

 

大人の魅力あふれる長財布

ふだん何気なく使っていても、意外と人目につく機会が多いのが財布です。財布の形や色、素材など、何を選ぶかによって使う方のセンスが問われます。

長財布は、洗練された大人の雰囲気を出したい方におすすめのアイテムです。落ち着いた大人が持つものというイメージの強い長財布は、持っているだけで大人の魅力を引き上げてくれるでしょう。

また、長財布は、実用面でもすぐれた部分の多いアイテムです。収納力が高く、紙幣やカード、小銭などをひとまとめにして持ち運べます。最近では、キャッシュレス化の流れでプリペイドカードやクレジットカードを持ち歩く方も増えました。複数のカードを使い分けたい方にも、収納力のある長財布が便利です。

もちろん、長財布は現金派の方にも向いています。容量の大きなものを選べば、紙幣を100枚ほど収納することもできます。紙幣や映画のチケットなどを曲げずに入れておけるのもメリットです。

長財布の形はどれがおすすめ?

ファスナーの位置や小銭入れの有無など、長財布にはさまざまな形があります。ここでは、特におすすめの「ラウンドファスナー」、「L字ファスナー」、「かぶせ蓋」タイプについてご紹介します。

ラウンドファスナー

ラウンドファスナータイプの財布には、コの字型にファスナーが取り付けられています。ファスナーでしっかりと口を閉じられるため、お金やカードを落とす心配がないのがメリットです。

ラウンドファスナーの財布は大ぶりで、重厚感のある見た目のものが多くみられます。ファスナーをつける構造上、薄く製造するのが難しいためです。スリムな財布をお求めの場合は、別のタイプを選んだほうがよいでしょう。収納力はもっとも高いため、財布の中身が増えがちな方にはおすすめです。

L字ファスナー

L字ファスナーは、ラウンドファスナーと同じく、ファスナーで閉まるタイプの財布です。名前のとおり、L字型にファスナーが取り付けられています。ラウンドファスナーに比べてファスナーが短いため、開け閉めの手間が少ないメリットがあります。

また、L字ファスナーはラウンドファスナーよりも薄い財布が多くなります。ファスナーで閉じられる安心感と、薄さを両立させた財布が欲しい方におすすめです。

L字ファスナーの財布は近年主流になったばかりのタイプで、数がそこまで多くありません。そのため、お気に入りのブランドから販売されていない可能性もあります。製品の選択肢が少ないのがL字ファスナーのデメリットといえます。

かぶせ蓋

かぶせ蓋タイプはファスナーを使っておらず、財布にかぶせる蓋がついています。ファスナーがない分、薄く製造することが可能です。そのため、スリムな財布にはかぶせ蓋タイプが多くみられます。スーツの内ポケットに入れて持ち歩くなら、このタイプの財布がよいでしょう。

ファスナーを開ける手間がいらないため、紙幣や小銭をサッと取り出せるのがメリットです。デメリットとしては、すぐに蓋が開いてしまうため、お金やカードを取り落とす心配があることです。丁寧に使っていれば問題ありませんが、財布を気軽に扱いたい方には向いていないかもしれません。

財布に使われる革は種類が豊富!

皮革は、財布の中でも人気の素材です。上品な魅力を持つ革素材は、長く使うほど味が出てきます。ここではポピュラーな牛革や豚革、馬革についてご紹介します。

牛革

牛革は、さまざまな革製品の素材として人気です。財布にも、牛革が使われているものは数多く存在します。

牛革の中でもおすすめなのが、英国発祥の「ブライドルレザー」です。乗馬用具に使う革として開発されたため、丈夫でハリのある質感が持ち味となっています。ロウが丁寧に塗り込まれていることから、耐久性が高いのも魅力です。頻繁に持ち歩く財布にはぴったりの素材といえます。

ブライドルレザーの表面には「ブルーム」という白い粉が浮き出ています。ブルームは使い込むうちになくなり、革本来の光沢があらわれてきます。見た目の変化がわかりやすいため、エイジングを楽しみたい方にもおすすめです。

豚革

日本で流通している牛革の多くは海外からの輸入品です。それに対し、豚革は国内産のものがほとんどになります。日本製の豚革は、国外からの評価も高い素材となっています。

豚革は摩擦に強く、牛革よりも丈夫なのが特徴です。通気性がよさいため、ジャケットや手袋など、身に着ける品物にもよく使われています。加工がしやすく、色や柄のバリエーションが多彩なのもメリットです。

豚革で人気なのは、革の裏側の毛を立たせた「ピッグスエード」です。触れたときの感触が柔らかく、あたたかみが感じられます。秋・冬にぴったりの素材です。

つやつやした質感がお好みの方には、タンニンでなめした「アメ豚」がおすすめです。文字通りアメ色に輝いている豚革で、透明感のある光沢が楽しめます。

馬革

馬革は、牛革の2倍以上もの強度がある素材といわれています。長く愛用したい財布をお探しの方には、馬革製の財布がおすすめです。ただ、馬革には傷つきやすく水に弱い性質もあります。馬革の財布を購入したら水がつかないように注意し、丁寧に取り扱いましょう。

馬革で特に人気が高いのは「コードバン」です。農耕馬の尻からとれる革で、「革のダイヤモンド」や「キングオブレザー」などと呼ばれるほど価値の高い素材です。1頭の馬から少量しか採取できないため、高値で取引されています。

手触りが大変なめらかなコードバンは、使い込むことによってツヤを増していきます。革が薄いものの丈夫なため、型崩れしにくいのがメリットです。毎日何度も触れる財布にはうってつけの素材といえます。

長財布メンズおすすめ海外ブランドランキング

国内外問わず、魅力的なメンズ長財布を製造しているブランドは数多く存在します。ここでは、おすすめの海外ブランドをランキング形式にてご紹介します。

1位:ルイ・ヴィトン

知名度・人気ともに圧倒的なルイ・ヴィトン。革以外に、耐水性の高いオリジナル素材を用いた財布も多数販売されています。ルイ・ヴィトンといえば、有名なのは「ダミエ」や「モノグラム」といったデザインですが、シックな「エピ」、「タイガ」のようなラインナップもあります。収納力が高いモデルも多く、カードや紙幣をたくさん入れておきたい方におすすめです。

2位:ポール・スミス

ポール・スミスの財布は、シンプルなデザインから個性的でカラフルなものまでそろっており、幅広い層のニーズを満たします。良質な素材を使用していながら2万~3万円ほどで手に入るものが多く、若い方に人気のあるブランドです。

3位:グッチ

かつてはクラシカルな大人向けの財布が多かったグッチ。最近は、カジュアルでポップな若者向けのアイテムも増えてきています。イタリア発祥のハイブランドだけあって、長財布の価格も8万~9万円が相場となります。

その他おすすめブランド

ブルガリ

ブルガリは世界五大ジュエラーのひとつで、日本でも人気の高いブランドです。財布はシンプルなデザインのものが多く、シーンを問わずに使えます。ブルガリの財布には、ブランドロゴが刻印された「ブルガリ・ブルガリ」モチーフがあしらわれているものも多数製作されています。ひとめでブルガリ製とわかるデザインながら、上品でシンプルなスタイルが魅力です。

ブルガリは誰もが知っているハイブランドでありながら、5万円台で買える財布が多いのもうれしいところ。若者から大人まで、幅広い年代の方におすすめです。

イルビゾンテ

イルビゾンテは、質実剛健ということばがぴったりのブランドです。デザインはシンプルですがカラーバリエーションは豊富なため、お好みの色がきっとみつかるでしょう。オリジナルの革素材を使用してつくられた財布は、エイジングを楽しみたい方にもおすすめです。

長財布メンズおすすめ国内ブランドランキング

メンズ長財布を提供しているのは、海外ブランドだけではありません。日本のブランドも、ハイクオリティーな財布を多数製造しています。ここでは、おすすめの日本国内ブランドをご紹介します。

1位:cocomeister(ココマイスター)

Cocomeister(ココマイスター)長財布

出典:cocomeister.jp

日本
創業 2009年
価格 3万円~6万円
HP http://cocomeister.jp/

 

ココマイスターは、2011年に誕生した新しいブランドです。最高級の天然皮革を用いた良質なアイテムで瞬く間に人気を博し、現在は全国6カ所に直営店を設置しています。ココマイスターの製品はすべて熟練の職人によりつくられているため、品質が高いものばかりです。アフターサービスも充実しており、一度購入したものには永年保証がついてきます。デザインはシンプルなものが大半で、年齢やシーンを選ばずに使えます。自社で製造から販売まで一貫して行っているため、他ブランドに比べて安価で購入できる財布が多いのも魅力です。

主張の激しすぎない上品なデザインの長財布は、革そのもののよさを堪能したい方にもおすすめできます。素材もコードバンやブライドルレザーなど、高級なものがそろっています。特に、日本ではココマイスターでしか販売していない「オークバーク」の財布が買えるのも見逃せません。

Cocomeister 公式サイト

2位:土屋鞄製作所

日本
創業 1965年
価格 2万円~5万円
HP http://www.tsuchiya-kaban.jp/onlineshop/
ランドセル工房からはじまり、多くの革製品を製造してきた土屋鞄製作所。飽きの来ないシンプルなデザインは、どこかあたたかみを感じさせます。革は使ううちに変化し、手になじむようになってきます。愛着を感じる一品に出会えることでしょう。

土屋鞄製造所 公式サイト

3位:PORTER(ポーター)

PORTER(ポーター)

日本
創業 1935年
価格 5千円~3.5万円
HP https://www.yoshidakaban.com/

日本の老舗ブランドであるポーターの財布は、豊富な種類や価格帯が特徴です。革以外にも、丈夫なナイロンやオリジナル素材などを取り扱っています。学生でも手が届く1万円以下の財布も充実しています。機能性に対する評判が高いため、実用的な財布をお求めの方にもおすすめです。

 

その他のおすすめブランド

JOGGO(ジョッゴ)

JOGGO(ジョッゴ)

出典:joggo.me

日本
創業 2014年
価格 6千円~1.5万円
HP joggo.me
JOGGOの特徴は、製品に使う革のカラーを自分で選べる点にあります。公式ストアから簡単に注文でき、名入れも無料で行えます。高いものでも2万円を超えることはなく、低コストで自分だけの革財布をつくれるのが魅力です。

低価格ながら、使用されている素材は本牛革です。手触りがよく、柔らかな質感が味わえます。財布のつくりはシンプルで機能性が高く、日常的に使うのに申し分ありません。プレゼントや記念品としてもおすすめです。

JOGGO 公式サイト

 

CYPRIS (キプリス)

日本
創業 1995年
価格 3万円~5万円
HP http://www.cypris.co.jp/
美しい財布の製造にこだわり続けているキプリス。日本の伝統芸能である「袋もの仕立て」を駆使した、繊細で丁寧なつくりの財布が特徴となっています。デザインはシンプルで、どの年齢の方にもマッチする財布がそろっています。価格はリーズナブルで、1万~5万円台でこだわりの財布を購入可能です。牛革のほかにトカゲ革や鹿革など多数の革素材が使われており、革そのものの美しさを堪能したい方にもおすすめのブランドです。

キプリスのシリーズで有名なのが「ハニーセル長財布」です。カードを入れる部分がハチの巣のような形状になっており、20枚以上のカードをすっきりと収納できます。クレジットカードやポイントカード、プリペイドカードなどを使い分けたい方にはおすすめのシリーズです。

おすすめショップでCYPRISの財布をみる

 

長財布と二つ折り・三つ折りのそれぞれのよさ

財布には長財布のほか、二つ折りや三つ折りなどのデザインがあります。ライフスタイルや好みのファッションなどにより、人によって最適なものは異なります。それぞれの財布の特徴や魅力を知り、ご自分に合ったものを選んでみてください。

長財布のよさは、スタイリッシュな大人の魅力と収納力の高さを兼ね備えている点です。特にかっちりしたスーツやジャケットなどの着用が多い方には、長財布が似合います。ポケットに入れて持ち運ぶのには向かないため、鞄を常に持ち歩く方におすすめです。

二つ折り財布はコンパクトに持ち運べるのがメリットです。特に、鞄を持たず、ポケットに財布を入れておきたい方にはおすすめです。収納力は長財布や三つ折り財布ほどはなく、カードや小銭をたくさん入れると膨らんでしまいます。スマートな見た目を保ちたいなら、最初から収納部分の多い財布を選んだほうがよいでしょう。

三つ折り財布はコンパクトでありながら収納力が大きい点がメリットです。カードや紙幣をたくさん持ち歩きたい方にもおすすめできます。厚みがあるため、ポケットに入れて持ち運ぶのは向きませんが、鞄には入れていても邪魔にならないサイズ感です。

20代・30代・40代のおしゃれな長財布選びは?

財布は、年齢によってふさわしいものが異なります。

20代は学生から社会人へと移り変わっていく年齢です。そのため、プライベートからビジネスまで、幅広いシーンで活用できる財布を探す方が多くなります。周囲と差をつけたい方は、あえて大人の魅力が感じられる長財布を選ぶのがおすすめです。低価格でも高品質なメンズ財布を提供するブランドを探しましょう。

30代に差し掛かると、安物の財布は使いにくくなります。ビジネスシーンで取り出しても恥ずかしくない、質のよい財布を選びましょう。

40代では、あえて個性的なデザインのものを選んだり、知る人ぞ知るブランドのものを選んだりと、財布選びにも大人の余裕が感じられるようになります。もちろん、遊びがある中にも、本物志向は持っておきたいところです。素材そのものや製法にこだわっているブランドの財布を選べば、違いのわかる大人として一目置かれるのではないでしょうか。

おわりに

メンズ財布にはさまざまな種類がありますが、大人の魅力を引き出したいなら長財布がおすすめです。若い方も年齢を重ねた方も、それぞれのスタイルに合った素敵な財布を選びましょう。

本格派の財布が欲しいものの予算を抑えたい方には、「ココマイスター」がおすすめです。高品質の天然皮革を使用し、熟練の職人が製作した財布が3万~6万円ほどで購入できます。

財布でオリジナリティーを出したい方には「JOGGO」がおすすめです。好きなカラーを選べるため、一風変わった色の組み合わせも楽しめます。もちろん素材は本格的な牛革のため、品質にも問題ありません。

長く使える落ち着いたデザインの財布が欲しい方は、「キプリス」のホームページを調べてみてはいかがでしょうか。伝統的な職人の技術が発揮された財布の中から、きっとお気に入りのものがみつかるでしょう。

長財布を提供しているブランドは数多く存在します。どのブランドがよいか迷ったら、ご自分の目指したい雰囲気を決めてみましょう。なりたいスタイルが明確であれば、財布選びも行いやすくなります。素材や形にもこだわって、ご自分に合った一品を探し出してみてください。

記事が参考になったらシェアしよう!

     
大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「cocomeister」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.