お洒落なメンズ財布はこう選ぶ!タイプ別のおすすめブランド10選

お洒落なメンズ財布はこう選ぶ!タイプ別のおすすめブランド10選

「お洒落」というのは、人によって価値観がマチマチ。時代や場所、受け手によって“オシャレ”の定義や感じ方は変わります。

実際、自分では良いと思っていても、傍から見るとそうでもない時ってありますよね。

万人受けする“お洒落”は世の中に存在しませんが、日本の中でなんとなく主流になっている財布には、いくつかのパターンがあります。

今回は「ムリせずお洒落にメンズ財布を持ちこなす方法とおすすめブランド10選」をご紹介します。

メンズ財布の「お洒落」基準は?

ヌメ革のつやが美しい財布のアップ写真

Photo credit: Saad.Akhtar via Visual hunt / CC BY

お洒落なメンズ財布を持っている人と聞いて、どんな人をイメージしますか?

  • 高いブランド財布を持っている人
  • 有名ブランドではないが明らかに良質な革財布を持っている人
  • 服装の世界観とマッチしている財布を持っている人
  • 目立つ主張はないが、さりげないアクセントのある財布を持っている人
  • 敢えて人と違うスタイルの財布を持っている人

大体こんなところに集約されるかもしれませんね。

それぞれ財布で“お洒落感”を表現するスタンスは異なりますが、すべてに共通する最前提のポイントが一つあります。

“お洒落”の最大のポイントは「似合っているか?」

結局のところ、“オシャレ”のために最も重要なのは「その財布が本人に似合っているか?」です。

財布もやはり、服装や外見との相性やバランスによって印象がガラリと変わります。

例えば、分かりやすくルイ・ヴィトンの財布を、

  • 完璧なサイズ感のスーツを着た、スタイルが良く清潔な人
  • 襟元がよれたTシャツを着た、太っていて無精ひげの生えた人

それぞれが持っていたとしたら、その財布の洗練性を引き出せるのはどちらの人でしょうか?答えは明白ですね。

財布をお洒落に持ちこなす最前提のポイントは、「服装や髪型、身のこなし等の外見的印象とのマッチ感」です。

イヤラしさを感じさせるとお洒落感がダウン

難しいのは、たとえ服装とのバランスが良くても、そこに“いやらしさ”があると一気にお洒落な印象は薄れてしまうことです。

中には「高級ブランド=お洒落」という人もいますが、多くの人はそうではありません。

おそらく「高級ブランドの持つ洗練性を引き出せている人=お洒落」が一般的な感情でしょう。

全身を”とにかくハイブランド”で固めると、いやらしさが出てしまいます。(お洒落じゃなくて高いだけ…となります)

逆にそんな時は敢えて財布を安物にするとお洒落感が出ることもあります。要は「バランスが大事」ということですね。

男性に財布をプレゼントするなら、ここに注意!

彼氏や男友達にお洒落な財布をプレゼントするなら、注意しておきたい点が3つあります。(ご自身で買う場合は読み飛ばしてください)

1.プレゼントする男性に似合う財布

プレゼントをする男性が持ち歩くことをしっかり想像しながら選ぶのがマストです。

持っていても違和感がなく、さらにその男性の魅力を助長してくれるようなイメージが湧く財布を選ぶのが良いでしょう。

2.素材や作りの質が高い財布

メンズにとって財布は、単なるファッションアイテムではなく、品格を問われるアイテムでもあります。

特に営業職などスーツを着る機会の多い相手なら、なるべく質の高い財布を選んであげると良いでしょう。

予算的に難しい場合は、「旅行用に使って」など“サブ用途”を提案し、使い勝手の良い財布を渡すのがおすすめです。

3.シンプルで上品なデザインの財布

「この財布のデザイン、すごくお洒落!」と思っても、相手の男性もそう思うとは限りません。

デザインが際立てば際立つほど”お洒落”と感じる人は少なくなる、と心得ておきましょう。

プレゼント用のメンズ財布なら、素材にこだわったシンプルなデザインのものを選ぶのがベターです。

 

また、相手の年代に合うメンズ財布ブランドを探してみるのもおすすめです。

何がお洒落?メンズ財布の選び方

地面の上に置かれた加工レザーの二つ折りウォレット

Photo credit: rh1n0 via VisualHunt.com / CC BY

お洒落にメンズ財布を持ちこなすコツとしては、いくつかのパターンを理解しておくことです。

自分がどれに当てはまるのかを想定しておくと、服装とのブレがなくお洒落な演出をしやすくでしょう。

  1. 高貴な“おしゃれ感”を演出→有名ハイブランドの財布
  2. 誠実な“おしゃれ感”を演出→とにかく上質なブランドの財布
  3. スマートな“おしゃれ感”を演出→セレクトショップ系ブランドの財布
  4. 前衛的な“おしゃれ感”を演出→マイナーなブランド財布

今回の記事では「お洒落なメンズ財布」を上記の4パターンに分け、次項からそれぞれのおすすめ財布ブランドをご紹介します。

高級感×お洒落なメンズ財布ブランド

高級志向の男性におすすめなのが、高貴な印象を演出する“有名ハイブランド”の財布です。

知名度の高いハイブランドほど、「この人財布にもこだわってる」と思われる可能性も高いです。(その分いやらしさやセンスを疑われる可能性も高くなるので、そこは服装や雰囲気とのバランスで…)

お洒落で高級感のある、有名なメンズ財布ブランドを3つご紹介します。

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)のお洒落なメンズ財布

出典:laurenhills.com

イタリア
創業 1966年
価格 5万円~10万円
HP http://www.bottegaveneta.com/
主張しすぎないイントレチャート(革の編み込み)がお洒落な財布で有名なボッテガ・ヴェネタ。有名ハイブランドにしては俗物的なイメージを持つ人も少なく、デザインもシンプルなのでどんな服装にも合いやすいブランドと言える。お洒落な財布としては少しベタな印象はあるものの、根強い人気があり女性ウケも良い。

 
Bottega Veneta 公式サイト

Gucci(グッチ)

Gucci(グッチ)のお洒落なメンズ財布

出典:komehyo.jp

イタリア
創業 1921年
価格 6万円~15万円
HP http://www.gucci.com/
財布だけでなく、時計やジュエリー等も人気なブランド。品質を保証するために初めてデザイナーのロゴを入れたと言われており、ブランドの元祖とも呼ばれる。有名ハイブランドの中ではデザインの幅が広く、個性も発揮しやすい。ただ、お洒落に持ちこなせるかどうかは服装とのバランスも考慮する必要がある。

Gucci 公式サイト

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)のお洒落なメンズ財布

出典:komehyo.jp

フランス
創業 1854年
価格 6万円~20万円
HP http://www.louisvuitton.jp/
有名過ぎるものの、ハイブランドの中でもやはり格式高い印象はあるブランド。モノグラムやダミエ等の「THE・ヴィトン」の財布はお洒落感を演出するには難しいが、タイガなどの主張の少ない財布をさりげなく持つのも粋な選択。ファストファッションに財布だけ“実は”ヴィトン、というのもお洒落かも。

Louis Vuitton 公式サイト

誠実×お洒落なメンズ財布ブランド

有名かどうかよりも、品質の良さや商品ストーリーにこだわりたい!という男性は、素材と縫製にこだわりのある革財布ブランドを選ぶのがおすすめです。

軽はずみではない“本物志向”は、受け手に伝わると物凄く“おしゃれ”です。

革の質や縫製技術に特性のある代表的なメンズ財布ブランドを3つご紹介します。

Cocomeister(ココマイスター)

Cocomeister(ココマイスター)のお洒落なメンズ財布

出典:cocomeister.jp

日本
創業 2009年
価格 3万円~8万円
HP http://cocomeister.jp/
欧州の最高級皮革を日本の熟練職人が手作業で縫製している革製品ブランド。革マニアも唸る超高品質の素材の良さを全面に出しながらも、スタイリッシュでお洒落なデザインの財布が特徴的。まだまだ新しいブランドではあるが、口コミで広がり急成長している。

 
Cocomeister 公式サイト

GANZO(ガンゾ)

GANZO(ガンゾ)のお洒落なメンズ財布

出典:ganzo.ne.jp

日本
創業 1917年
価格 3万円~10万円
HP http://www.ganzo.ne.jp/
大正6年から続く日本の革製品メーカーのオリジナルブランド。職人の気骨が込められている革財布は、シンプルながら重厚感があり、使用シーンから逆算したディテールへのこだわりも深い。スーツにはもちろん合うが、カジュアルなスタイルでも財布でピリっと締めるお洒落感も演出できる。

 
GANZO 公式サイト

IL BISONTE(イルビゾンテ)

IL BISONTE(イルビゾンテ)のお洒落なメンズ財布

出典:ilbisonte.jp

イタリア
創業 1970年
価格 3万円~6万円
HP http://www.ilbisonte.jp/
夫婦で営むイタリア・フィレンツェの小さな革製品店から世界中に拡大していった実力派ブランド。装飾や模様ではなく品質で勝負している財布は、本物志向の男性に好かれている。革素材も良く財布に存在感があるので、「小物にもこだわる男」というお洒落を演出できるかも。

 
IL BISONTE 販売サイト

スマート×お洒落なメンズ財布ブランド

都会的で時代のトレンドも逃さない、押さえるポイントを押さえるスマートな男性には、セレクトショップ系ブランドの財布がおすすめです。

トレンドに沿った服装も重要になってきますが、そこをクリアするとダサさもなくパワフルな個性を発揮しやすいと言えるでしょう。

時代の流れを作り出している、メンズ向け財布も展開しているファッションブランドを2つご紹介します。

agnes b.(アニエスベー)

フランス
創業 1975年
価格 2万円~3万円
HP https://shop.agnesb.co.jp/
パリで始まり今では世界100以上のブティックを展開。時代に合う、個性を際立たせるファッションを提案しているブランド。メンズ向けの革財布は型押し加工が多いので革マニアにはしっくりこないかもしれないが、清潔感がありお洒落で、価格も割と控えめ。

agnes b. 公式サイト

Cisei(シセイ)

イタリア
創業 2006年
価格 3万円~5万円
HP http://atelierbonhomme.com/cisei/
日本人デザイナーがフィレンツェでスタートした鞄+革小物ブランド。イタリアのクラシカルな技術と日本人の繊細なこだわりを兼ね備えたメンズ向けの財布は、シンプルながら上品さを併せ持つ。BEAMSや伊勢丹には入っているがまだ知名度もそれほどということもあり、現代的なお洒落感を演出できる。

Cisei 公式サイト

前衛的×お洒落なメンズ財布ブランド

とにかくオリジナリティがあって個性を発揮できる財布が欲しい!という男性には、強烈なデザイン性のある財布ブランドがおすすめです。

服装はファストファッション、でも財布は超派手…とワンポイントで持つこともできますが、「お洒落」と「ダサい」の間を貫くスタイルであることは自覚する必要があるでしょう。

個性的で知名度も高すぎない、おすすめのメンズ財布ブランドを2つご紹介します。

MAISON MARGIELA(メゾン マルジェラ)

フランス
創業 1988年
価格 4万円~8万円
HP https://www.maisonmargiela.com/jp
ベルギー人デザイナーのマルタン・マルジェラがパリで設立し、世間へのデビューが“パリコレ”という筋金入りのデザイナーズブランド。持つには勇気がいるほど奇抜なデザインのメンズ財布もあるが、お洒落として強い個性を発揮できる可能性もその分ある。

MAISON MARGIELA 公式サイト

TUMI(トゥミ)

TUMI(トゥミ)のお洒落なメンズ財布

出典:zozo.jp

アメリカ
創業 1975年
価格 2万円~4万円
HP http://www.tumi.co.jp/shop/
機能性を重視し、特殊素材などの独自の強みを活かしたトラベルグッズブランド。メンズ財布と言えば「革の良さ」や「高級感」といった風潮がある中で、敢えて機能性を追求したTUMIの財布を持つことは「少し人とは違うお洒落な個性」にもなり得る。

TUMI 公式サイト

まとめ

いかがでしたか?今回はメンズ向けのお洒落な財布を4パターンに分け、それぞれおすすめのブランドをご紹介しました。

財布で“お洒落”をどのように演出したいか?参考になれば幸いです。

ただ、財布自体がお洒落でも、服装との相性や外見の印象とのバランスで印象はガラリと変わります。

結局は自分が愛着の持てる財布を選んで、長く大切に使い込むのが良いでしょう。


記事が参考になったらシェアしよう!

大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「cocomeister」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事