イルビゾンテのメンズ財布の特徴と口コミ評判まとめ

il-bisonte_wallet_wallet

若者を中心に、多くの年齢層に高い人気を誇る革製品ブランド「イルビゾンテ」。経年変化を楽しみやすい“エイジングレザーブランド”と称されることも多いイルビゾンテの財布の特徴や、口コミ評判についてまとめてみました。

イルビゾンテ公式サイト(http://www.ilbisonte.jp/

イルビゾンテってどんなブランド?

IL BISONTE(イルビゾンテ) ブランドロゴ
なんとなく質実剛健なイメージがあるイルビゾンテですが、どんなブランドなのでしょうか?まずは遍歴やブランドの概要についてみてみましょう。

小さな革製品店から広く世界へ

イルビゾンテは、1970年にイタリア・フィレンツェの小さな革製品店としてスタートしたブランドです。地下室で革製品を一つ一つ縫い上げていたことから、相当な職人気質と革製品への愛情を感じられますね。

無骨とも言えるデザインながら、わずか20年~30年の間にこれほど世界中に広まったことを考えると、よほど品質が評価されたのだと思います。

「先鋭的なアート」としてのブランドではなく、「職人技の延長線上にあるアート」と位置付けることができそうです。

(動画はイルビゾンテのバッグの製造過程イメージムービーです。)

どんな人に好まれるブランド?

イルビゾンテは、「デコレーションではなくクオリティで勝負」というブランドコンセプトからもわかるように、器用なデザイン性よりも”本当に良いモノ”を求めている人に人気があります。

経年変化など、革そのものが持つ魅力に対して強いこだわりを持っているブランドです。

年代は20代~50代まで幅広く、多くの”革”好きに愛されています。
主に男性が多いですが、女性向けの商品もあり革好きの女性にも人気があります。

日本でもファンの間で大人気

日本では男性、女性問わず、最近は若い層にも人気が出てきています。
クオリティと革への愛情から、質実剛健、誠実なイメージがあり、持っていても全く恥ずかしくない品質が人気の理由でしょう。

イルビゾンテのムック本は人気すぎて買えない

イルビゾンテ ムック本

出典:tkj.jp

宝島社より、定期的にイルビゾンテ公式ムック本を出版していますが、人気がありすぎて買えない人も続出。2016年7月23日には2年ぶりに発売されますが、今回も瞬く間に完売することが予想されます。

過去のムック本はヤフオクで数多くの中古品が出品され、高値で取引されていました。根強いファンが多くいるという、象徴的な事例と言えそうです。

イルビゾンテのメンズ財布の特徴

イルビゾンテのメンズ財布の特徴を見ていきましょう。

大粒で表情豊かな天然レザー

イルビゾンテの多くのメンズ財布は、おなかの部分の牛革を使用しています。肩~背中はきめ細かで滑らかですが、おなかはシワが多く大粒で表情が豊かなのが特徴です。

イルビゾンテの財布の革素材アップ

出典:www.e-look.jp

「バラキズ」と呼ばれる古傷の跡やシワも含まれるので、一つ一つが世界に一つだけの模様として分かりやすいのが魅力ですね。特にウラ革は傷跡やシワの跡がはっきりと見えやすく、動物たちの命を感じられると言われています。

革マニアにも好まれるオリジナルレザーのこだわり

さらに驚きなのが、「オリジナルレザー」を採用していること。多くのブランドは革の加工会社が精製した素材を仕入れることが多いですが、創業者の「100%自然のレザー」への強烈なこだわりにより、独自の革を発注して採用しています。

多くの革マニアに愛用される大きな理由と言えそうですね。
財布とキーケース、バッグをイルビゾンテで揃える人も多くいるほどです。

エイジング(経年変化)がすごい

革財布の醍醐味といっても過言ではない、「エイジング(経年変化)」

新品の時は大体同じでも(粒模様や傷跡などは異なりますが)、1年、3年と使い込んでいくことによってまさにオンリーワンの表情に変わっていきます。

イルビゾンテの二つ折り財布の経年変化

出典:www.fujiidaimaru.com

こちらは10年程使用した、イルビゾンテの二つ折り財布の経年変化。とても同じ色には見えません。イルビゾンテのレザーは経年変化が早いので、1年も経たないうちに大きく変化することもしばしば。

雨が降ればどちらも濡れ、晴れればどちらも日にあたり、
あなたが日焼けすれば、バッグも日に焼けます。
あなたのイル ビゾンテはあなたの一部になるのです。
引用元:www.ilbisonte.jp

創業者のワニー氏のこの言葉からも分かるように、イルビゾンテは経年変化をとても大切にしているブランドです。イルビゾンテの革は「ベジタブルタンニンなめし」という加工法を採用することにより、経年変化しやすいレザーを実現しています。

豊富なカラーバリエーション

イルビゾンテの財布は無骨とも言える程シンプルなデザインですが、カラーバリエーションはとても豊富です。

人気なのは染料を使用していない「ベージュ(ヌメ)」や薄く染めた「ブラウン(ヤキヌメ)」ですが、ブラックや濃い茶色、レッドやネイビー、オレンジやグリーン、ホワイト等さまざまなカラーがあります。

イルビゾンテの財布の色見本表

出典:www.oreno.jp

革に色を塗った「顔料仕上げ」という染め方ではなく、革を染料に染み込ませる「染料仕上げ」という方法で染めているので、自然で鮮やかな色合い、そして経年変化で色の深みが増しやすくなっています。

イルビゾンテの財布の口コミ評判

イルビゾンテの財布はネットでの口コミもとても良く、アンチもほとんど見かけません。

調べてみると、経年変化による味の深みを楽しんでいるコメントが多く目立ちました。日本においては、男性はもちろん女性も愛用者が多いようです。

  • 使い勝手が良い
  • 経年変化が楽しみで愛着が持てる
  • シンプルで可愛い(女性)

等の口コミが多かったですが、中にはこんな口コミもありました。

友人でイルビゾンテの財布使ってる子がいるのですが
その子の財布が買って1年も経たないのに、ものすごくへたってるというか、
ぼろっとしてるというか・・・
形も崩れて、悲惨な状態なのです。
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

イルビゾンテの財布は柔らかい革を使用しているものが多いので、雑な使い方を続けると型崩れがおきてしまったり、くたびれてしまう可能性もあります。

育てる愛情を持って、きちんと手入れしてあげることが大切です。

イルビゾンテの財布はこんな人におすすめ!

イルビゾンテの財布の特徴をおさらいしておきましょう。

  • 経年変化を楽しみやすい天然レザー
  • 小手先のデザインではなく、クオリティを重視
  • 100%天然皮革なので、表情が一つ一つ異なる
  • 染料仕上げによる、きれいな発色の豊富なカラーパターン
  • 柔らかいので愛情を注いで手入れをするのがおすすめ

「単体でデザイン的にお洒落」を求める人には少し合わないかもしれません。

長く愛用して変化を楽しみたい、追及された良いモノを使いたい、革本来の香りや風合いが好き、そんな人にはとてもおすすめできるブランドです。

マイナスポイントを挙げるとすれば…

敢えてマイナスポイントを挙げるとすれば、以下の二点です。

  • ロゴがそれなりに大きい
  • 革が柔らかいので使い方によっては型崩れしてしまう

革の柔らかさについては、雑な使い方をしないこと。これに限ります。
しっかりと手入れをすれば、長く変化を楽しむことができるでしょう。

レタープレスのロゴマークは単純にお洒落!

イルビゾンテのレタープレスロゴ

出典:store.shopping.yahoo.co.jp

財布に限らず、イルビゾンテのすべての製品には「バッファローマーク」が刻まれています。財布の場合はそれなりに大きく、外面やファスナーについています。

ただ、レタープレス加工なので濃い色であればあまり目立ちません。仮に目立ったとしても、使っていることを誇れるブランドと言えそうです。

おすすめのショップでイルビゾンテの財布をみる

イルビゾンテのおすすめメンズ財布

メンズにおすすめの、イルビゾンテの財布をいくつかピックアップしました。

イルビゾンテのおすすめ長財布

イルビゾンテ ロングウォレット(ラウンドジップ)

イルビゾンテ ロングウォレット1

出典:www.e-look.jp

値段:31,320円

収納スペースを多く確保したい人におすすめの、ラウンドジップの牛革長財布です。重厚で完成美を感じさせる、なんとも言えない存在感を放っています。ポケットに入れて持ち歩くには大きいですが、常に鞄を持ち歩く人にはおすすめです。

イルビゾンテ ロングウォレット(折り畳み)

イルビゾンテ ロングウォレット2

出典:www.e-look.jp

値段:27,000円

折り畳みタイプの牛革長財布です。スッキリとした薄いフォルムなので、スーツの内ポケットから「すっ」と取り出すことが多い人におすすめ。札入れにカードポケット、裏面にマチ付きの小銭入れがついていて、機能的なデザイン性が特徴です。

イルビゾンテのおすすめ二つ折り財布

イルビゾンテ 二つ折り財布(ボタン付き)

イルビゾンテ二つ折り財布1

出典:www.e-look.jp

値段:38,880円

コンパクトに持ち運びたい人におすすめの、ボタン付きの二つ折り財布です。真ん中にあるブランドロゴが主張しすぎず、デザイン的なポイントになっています。開くとアコーディオン型になっていて、小銭入れやカードポケットが程よいスペース感で並んでいます。

様々なフォルム・素材の財布がある

他にも使い勝手や習慣に合わせたフォルム、いろんな楽しみ方ができる独自の革素材など、数多くの財布が販売されています。

販売店は全国にたくさんあります。(イルビゾンテ販売店一覧

ギフトラッピング等ができるオンライン販売サイトもおすすめです。

おすすめのショップでイルビゾンテの財布をみる

イルビゾンテの財布のまとめ

最後にイルビゾンテの財布について簡単にまとめます。

  • 一人の職人が世界に広めた革製品ブランドである
  • 革にこだわりを持ち、100%天然レザーを採用
  • 経年変化を楽しめるよう、手間をかけて加工している
  • 染料仕上げによる色鮮やかな発色と深みが特徴的
  • バラキズや太い粒感など、一つ一つがオンリーワン
  • 艶やかなデザインではなく、クオリティの美しさ

イルビゾンテの財布は、

「革本来の美しさが活きた機能的な財布を長く愛用し、経年変化を楽しみながら自分だけの表情を持つ財布に育てたい」

そんな人におすすめの財布です。

おすすめのショップでイルビゾンテの財布をみる

記事が参考になったらシェアしよう!

大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「cocomeister」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事