キプリス(CYPRIS)の財布の魅力とその評判・口コミは?

「美しさの頂点を目指す革ブランド」として日本で生まれた国産の革ブランド『キプリス』。

キプリスは、主に財布や小物をメインとしている革製品のブランドで、国内を中心に評価も高く、すでにご存じの方もきっと多いのではないでしょうか?

今回はそんなキプリスのブランドとしての魅力や、財布に対するネットでの評判・口コミについて調べてみました。

このページで解決できること

  • 『キプリス』というブランドの特徴とは?
  • キプリスの財布はどんなタイプや種類があるのか?
  • キプリスの財布の評判・口コミとは?
  • キプリスの財布はどんな人に向いている財布なのか?

以上のことがこのページを通して解決できるのではないかと思います。
ぜひ「キプリス」の財布を検討する上でお役になればと思います。

『キプリス』ってどんなブランド?

キプリスは、1995年に東京で生まれた革製品のブランドです。
CYPRIS キプリス」というブランド名の由来は、世界でもっとも美しく美の頂点を極める蝶である、「キプリス・モルフォ」からきています。

キプリスのブランドコンセプトは「一生愛せる本質的価値のあるものづくり」。製品をつくることに対して美意識を高め、常に頂点をめざし、「キプリス・モルフォ」のように輝き続けたい、というつくり手の想いが込められています。

ブランドとしての印象

cypris

出典:basic.cypris.co.jp/

一生愛せる本質的価値のあるものづくり」というコンセプトの元、やはりキプリスの製品はどれもきめ細やかで美しい仕上がりといった印象です。

「百貨店バイヤーズ賞」9年連続第1位を受賞!
※「百貨店バイヤーズ賞」とは、繊研新聞社が選定する百貨店で最も評価を得たブランドが選定される賞です。

キプリスは、この賞を9年連続で第1位を受賞しています。

なぜ、キプリスがここまでユーザーに愛されているのか?

それにはキプリスの製法の美しさと機能美へこだわりからきているといえます。キプリスの製法には、日本の伝統技法「袋もの仕立て」が使われており、キプリスの特徴にもなっている菊寄せという技法があります。
kikuyose-680x382

出典:basic.cypris.co.jp/

それ以外にも、縫い返し、忍び縫い、風琴マチといった技法によって買い手の心に響くような美しい仕上げを常に追求しています。
以下は、キプリスがプロモーション用に配信している動画です。キプリスの想いや技術へのこだわりが少しは見えてくるのではないでしょうか。

【動画紹介】日本の伝統技法「袋もの仕立て」

出典:youtu.be/

“全ての商品に品質へのこだわりを持ち、見えない工程にも手間を惜しみません。その結果、キプリスの商品は使いこむ程に差が表れます。”
引用元:http://basic.cypris.co.jp/concept/

上記はキプリス公式サイトに記載されているブランドコンセプトの1文です。

そして人気の理由となっているもう一つの要因は、コスパです。
キプリスの財布は求めやすい価格設定であることも人気の秘密になっていると思います。全体的な価格帯でいうと1万円台~5万円台(※一部10万円台あり)で本格的な革財布を購入することができます。

キプリスの印象をまとめると

  • 日本の伝統技法「袋もの仕立て」によって作られるこだわり
  • 一生愛せる、という美しさの部分を追求したモノづくり
  • デザイン性、機能性のわりに求めやすい価格設定である

このようなこだわりが読み取れますね。

一つひとつの製品に対して、つくり手の美に対するこだわりがキプリスの美しい革製品の基盤となっているのかもしれません。

キプリスの財布について

oilshellcordovan_vegetable_800_top

出典:noi-japan.com/

キプリスの財布には主に4つのタイプがあります。

大きく分けるこの4つのタイプに分けられています。

キプリスの財布の素材(シリーズ)の種類は

現在リリースされているシリーズは以下の11シリーズとなります。

こういった種類の革素材が使われており、各素材ごとにシリーズ化されています。

キプリスのコンセプトは美しさです。ですので、革の素材選びはもちろん、鞣やタンニンへのこだわりによってキプリスの美しい仕上がりに繋がっているのだと思います。
素材が持つ特性を活かした美しい仕上がりを追求してしますが、中でもクロコダイルとシェル層(コードバン層)は高級ラインとなっており、その他の素材(シリーズ)と比べるとやはり見た目の洗練さはもちろん、価格帯も異なっています。

キプリスの財布 各タイプごとの特徴とは

キプリスのマチ長財布

8237_09_2

出典:noi-japan.com/

キプリスのマチ長財布の特徴はとにかくシンプルなデザイン性です。
基本的な機能としてはお札入れとカードホルダーが備わっており、シリーズによってカードホルダーの部分(財布を開いたときに下になる部分)のデザインが異なっています。

大きく変わってくるのはその部分のデザインと素材です。
キプリスの財布には”大人な感じの魅力”があり、とくにこのマチ長財布のタイプはそういったキプリスが持つ魅力がよく現れていると思います。

ラウンドファスナー長財布

5300_07

出典:noi-japan.com/

キプリスの財布の中で最も人気のあるタイプが、このラウンドファスナー長財布
※ラウンドファスナータイプの長財布はすべての素材(シリーズ)でリリースはされていません。

ハニーセル長財布

4208_011

出典:noi-japan.com/

キプリスの財布の財布といえば、この“ハニーセル”です。

財布を開いたときの中央にあるフォルダー(カード入れ)がハニーセルと言われています。ハニーセルは文字通り蜂の巣状になっているデザインからきていて、このデザインと機能はキプリスだけのオリジナル(特許取得)になっているそうです。カードホルダーの数はなんと×23も付いています。

【動画紹介】実際にラウンドファスナータイプのハニーセル長財布を紹介しています

※ハニーセル長財布の紹介は3:30辺りまで

出典:youtube.com/

いかがでしょうか。実際に映像で見るとその機能性の良さが分かりますよね。ただ、ハニーセルはあくまでも普段からカードをたくさん持ち歩く方には非常に画期的な長財布ですが、あまりカードを持ち歩かない方にはほとんど活用しない機能になってしまいます。

ハニーセル長財布がリリースされている素材(シリーズ)は
  • クロコダイル
  • シラサギレザー(キップ素材)
  • シルキーキップ
ラウンドファスナータイプの長財布は
  • シェル層(コードバン層)
  • ペルラネラ(イタリアのエンボスキップスキン)
  • ルーガショルダー(最高級とされるフランス原産のショルダー(肩部分))

キプリスの二つ折り財布

キプリスの二つ折り財布を大きく分けると、“小銭入れ付”か“なし”かの2つのタイプで別れています。キプリスの二つ折り財布も長財布同様シンプルに設計されたデザインで、素材(シリーズ)によって中身のデザインや機能が若干異なってきます。

オーソドックスなタイプの二つ折り財布

1113_02

出典:noi-japan.com/

ボックスタイプの小銭入れが付いたタイプの二つ折り財布

8222_012

出典:item.rakuten.co.jp/

三つ折りの財布

8223_08

出典:item.rakuten.co.jp/

その他の小物アイテムも魅力的!

キプリスは長財布や二つ折り財布だけでなく、その他にリリースされているアイテムも魅力的です。主に、小銭入れ、キーケース、名刺入れなどがあります。

キプリスの小銭入れ

5626_800
コードバン&ベジタブルタンニン素材(シリーズ)

出典:noi-japan.com/

キーケース

1758_500
シルキーキップ素材(シリーズ)

出典:noi-japan.com/

名刺入れ

5733_500
オイルシェルコードバン材(シリーズ)

出典:noi-japan.com/

キプリスは財布以外の小物アイテムにも力を入れており、財布の素材(シリーズ)に合わせて揃えるといいかもしれませんね。
※もちろん、ここでご紹介しているのはごく一部です。

おすすめショップでCYPRISの財布をみる

キプリスの財布の評判・口コミとは?

実際にキプリスの財布を購入した人や検討している人の反応はどうなのでしょうか?そんなリアルな声をご紹介したいと思います。

まずは良い評判・口コミ

続いて良くない評判・口コミ

今回WEB上からリサーチしたものをまとめてみるとこんな印象でしょうか。

良い評判・口コミ

  • デザインがシンプルで機能性もいいので使いやすい
  • とにかく素材が美しい
  • コードバンの長財布がカッコいい
  • コスパが良いので手を出しやすい

悪い評判・口コミ

  • 中身のカード入れの部分があまり好きじゃない
  • 触ると意外と薄い感じがした
  • とくに特徴はない普通の財布だと思う

キプリスの財布はどんな人に向いている財布なのか?

lgf01a201404122200

キプリスの財布は、素材(シリーズ)によって印象が大きく変わってきます。

幅広く対応できる財布

年代でいうと、キプリスの財布は20代~50代くらいまでかなり幅広く対応している財布だと思います。
年代というより、普段のファッションスタイルに合わせて選んでみるとマッチする財布が見つかると思います。

カジュアルなスタイルであれば、ペルラネラ(イタリアのエンボスキップスキン)、コルデーロ、ルーガショルダー、シルキーキップ、レーニアカーフなどが合わせやすく向いていると思います。

スーツ(ビジネスシーン)、大人カジュアル系のスタイルであれば、シェル層(コードバン層)、シラサギレザー、エノトリーアなどが合わせやすく向いていると思います。

やはりコスパ面を気にしている人

もう一つはやはり、求めやすい価格であるという点から、コスパを考えてしっかりした革財布を探している人にはキプリスは十分に見合うブランドではないでしょうか。
一番安い財布であれば1万円台のものから探すことをできます。

名入れが可能、ギフトにもおすすめ!

キプリスの財布はシンプルなデザインと機能性で設計されている財布ですので、親しみやすく使ってもらえると思います。それから、キプリスの財布は名入れ(素押し)してくれるサービスもあるので、プレゼント・ギフトにも活用できそうです。

※尚、名入れのサービスはキプリスの正規通販サイトで購入する場合のみ対応で、漢字の場合は有料になります。

逆にキプリスの財布が向いていない人

悪い評判・口コミにもあったように、中身のカード入れの部分のデザインセンス(シリーズによって異なりますが)があまりお洒落じゃない、と思われている方も多いようです。
キプリスの財布は、良くも悪くも普通(スタンダード)の財布という印象は感じられると思うので、斬新さや独特なデザイン性を求める方には向いていないブランドだと思います。

キプリスの人気財布の素材(シリーズ)は?

キプリスの財布の中で人気のある素材(シリーズ)をご紹介したいと思います。

キプリス財布「シラサギレザー」シリーズ

shirasagi-680x395

出典:basic.cypris.co.jp/

「シラサギレザー」シリーズの特徴ですが、まず使用されている革は皮革産業で有名な姫路(兵庫県)で鞣されています。表面の独特なムラとアニリン仕上げにより、見た目の美しさだけでなく重厚感溢れる財布になっています。また、ネーミングとなっているシラサギというのは、姫路城=別名:白鷺城からそのネーミングがつけられているようです。価格帯1.6万~2.7万

キプリス財布「オイルシェルコードバン&ベジタブルタンニン」シリーズ

5610_800

出典:noi-japan.com/

「オイルシェルコードバン&ベジタブルタンニン」シリーズは、キプリスの財布の中では最もスタンダードなシリーズといえる財布です。コードバンのツヤ感とヌメ革が持つ自然な風合いが味わえる財布で、使い込むほどに味が溢れていく人気の財布です。価格帯2万~3万

キプリス財布「エノトリーア」シリーズ

8431_800

出典:noi-japan.com/

「エノトリーア」シリーズは、素材にイタリアのアンティークアドバンレザーを使い、内側にはスムース革を使用しています。深みのあるツヤと革の素材が元々もっているムラを活かしており、その高級感のある見た目のインパクトが人気のシリーズです。価格帯1.5万~2.5万

キプリス財布「トリロジー」シリーズ

8431_800

出典:noi-japan.com/

「トリロジー」シリーズは、イタリア製の切キップスキンを使用しています。しかし!キプリスのキップスキンは他メーカーと異なり、キメの細かい上質な素材に使い込めば使い込むほど味が出る、独特の艶感がたまらない逸品です。

また、財布の外側・内側の色合いが異なるポイントも、大人の遊び心を感じさせる部分と言えます。独特の艶感、そしてオシャレなデザインでオンオフ共に、活躍してくれることでしょう。価格帯2.3万~2.5万円

キプリス財布「マットクロコダイル」シリーズ

4208_800

出典:noi-japan.com/

「マットクロコダイル」シリーズは、キプリスの財布の中で最高級ラインとなっています。マットクロコダイルの財布は全面(外側も内側も)にクロコダイルが使用されており、他のシリーズに比べてその存在感は群を抜いています。デザインや機能ではなく、クロコダイルの素材にこだわりたい方にとって満足できる財布ではないでしょうか。価格帯12万~25万

まとめ

いかがでしたか?

最後にキプリスにブランドのイメージや財布の特徴をまとめておきます。

  • キプリスは日本で1995年に誕生した革製品のブランドで、主に財布や小物をメインに扱っている
  • 見た目の美しさ、仕上がりの美しさといった部分に強烈なこだわりを持っている
  • ”ハニーセル”というキプリスだけ独占している技術がある
  • 本革のブランド財布の中でも非常に求めやすい価格設定(コスパ)である
  • 素材(シリーズ)が豊富で、年代の幅やスタイルによって合ったものを見つけやすい
  • 斬新さやハイセンスな財布を求める人にはあまり向いていない
  • 良くも悪くも普通の革財布という印象

キプリスのこだわりはとにかく”美しくつくる”という部分に尽きるのだと思います。これはモノづくりの日本で生まれた精神からきているのではないでしょうか。

今回キプリスの財布をいくつかご紹介しましたが、写真から見てもわかるようにどの財布もキレイな仕上がり感が見て取れると思います。そういった意味でもキプリスの財布はキレイ好きの日本人にとって自然とマッチしている財布なのかもしれませんね。

キプリスの財布を検討されている方の参考になれば幸いです。

おすすめショップでCYPRISの財布をみる




記事が参考になったらシェアしよう!

大人の男性におすすめの人気革財布ブランド ココマイスター

本場ヨーロッパの最高級の革素材を贅沢に採用し、伝統技術を継承してきた日本の熟練職人が手作業で縫製。シンプルながら古くない、圧倒的な存在感を放つデザイン性。それでいてブランドを主張しすぎず、持ち主の威厳をさりげなく演出するような、理想を追求する財布のブランド「cocomeister」。まだまだ「新進気鋭の革財布ブランド」と言えますが、そのクオリティの高さは、すべての男性にとって、一見の価値アリ

メンズ財布ブランドランキング

新着記事

おすすめ記事